更新日: 2021.08.04 住宅ローン

不動産会社に聞いた「住宅購入やリフォームする人が意外と知らないお得な制度」って?

不動産会社に聞いた「住宅購入やリフォームする人が意外と知らないお得な制度」って?
住宅は人生で最も高価な買い物です。国や自治体は、住宅購入を支援するためのさまざまな制度を用意しています。また、リフォームの際にも補助金が出る制度がありますが、意外と知られていないものもあるようです。
 
不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区)は、全国のアットホーム加盟店に聞いた、これから住宅を購入またはリフォームする人におすすめしたい、「不動産のプロが選ぶ! 『家を買うなら知っておきたい制度』ランキング」を発表しました(※1)。さっそく結果を見ていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年6月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

住宅購入する人が意外と知らないが知っておくべき制度トップは「住宅ローン控除」

不動産会社のスタッフに「これから住宅を購入する人におすすめしたい、意外と知られていないけど知っておくべき制度」を聞いたところ、1 位 は「住宅ローン控除(減税)」 で、55.8%を占めました。
 
「住宅ローン控除(減税)」とは、所得税の課税にあたって、住宅ローンの残高の一部を税額から控除する制度で、年末のローン残高の1%にあたる税金が還付されます。なお、令和3年度税制改正により、控除期間が10年から13年に延長されました。
 
ただし、注文住宅は令和2年10月から令和3年9月、分譲住宅等は令和2年12月から令和3年11月に契約、また、令和3年1月から令和4年12月に入居する人に適用される等の条件があります(※2)。
 
不動産会社からは、「なんとなく知っているが詳細までご存じない方が多い」「賃貸ではなく購入することで得られるメリットを活用していただきたいから」といった声がありました。
 
2位は「すまい給付金」で、こちらも51.9%と半数を超えました。「すまい給付金」とは、2014年4月の消費税率引き上げによる 住宅取得者の負担を緩和するために創設されたものです。年収に応じて給付されますが、共有名義の場合は名義を持つ人すべてが給付の対象となります。
 
理由としては「給付金が持ち分に応じていることを知らない人が多いから」「対象と金額が増えたので、まとまった金額が受け取れる点で良いから」といった声がありました。
 
3位には「不動産取得税の軽減措置」(38.9%)が続きました。「不動産取得税」とは、不動産を取得した際に課税される地方税のことで、一定の要件を満たす建物・土地については、軽減措置が設けられています。
 
不動産会社からは、「取得税についてはほとんどの方が知らず、通知が来た際に驚くと思うので必ず事前に説明しています」といった声がありました。
 
住宅を購入する際、さまざまな軽減措置や制度があります。大きな恩恵があるのに、知らないというのはもったいないですよね。自分で調べるのはもちろんですが、不動産会社のスタッフなどに聞いてみましょう。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利
0.315 %

※全期間引下型
※自己資金10%以上の金利です
当初10年固定
1.215 %

※当初期間引下型
※自己資金10%以上の金利です
詳しくはこちら

リフォームする人におすすめの制度のトップは「市区町村独自の補助金」

次に、「これからリフォームする人におすすめしたい、意外と知られていないけど知っておくべき制度」を聞きました。
 
1位は「市区町村独自の補助金」(38.1%) 。自治体によっては、防犯・防災対策や環境面へ配慮したリフォームをすると助成を受けられるなど、さまざまな制度を設けている場合があります。
 
例えば横浜市では、「住まいのエコリノベーション(省エネ改修)補助制度」があり、市が定めた要件を満たした建築物のリフォームに補助金が出ます。住宅の開口部及び浴室の断熱改修工事をする際、住宅全体に対して改修工事を行った場合には、一住戸あたり120万円の補助金が出ます(※3)。
 
不動産会社によると、他の制度に比べ認知度が低いように思われる」「リフォームでも受けられる補助金などを活用して住宅の再生ができる」と いった声がありました。
 
2位は、「高齢者住宅改修費用助成制度(介護リフォーム)」(35.1%)でした。手すりの取り付けや洋式トイレへの交換など、対象となるリフォームを行うと助成金が出る制度です。3位は、購入編でトップとなった「住宅ローン控除(減税)」でした。
 
住宅ローンは数千万円になることもありますので、1%の還付を受けるかどうかで大きな違いがあります。新型コロナで落ち込んだ経済を立て直すために、国は住宅ローン控除の期間延長などの施策を打ち出していますので、住宅購入の予定がある人はしっかり確認しましょう。
 
また、リフォームする人も補助金が出る場合があるので、お住まいの自治体のホームページを調べてみましょう。
 
[出典]
※1:アットホーム株式会社「不動産のプロが選ぶ! 『家を買うなら知っておきたい制度』ランキング」(株式会社 PR TIMES)
※2:国土交通省「住宅ローン減税等が延長されます! ~令和4年入居でも控除期間13年の場合があります~」
※3:横浜市「住まいのエコリノベーション(省エネ改修)補助制度」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

住宅ローン 金利別ランキング【PR】~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年6月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

※1借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年6月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

PR
townlife-banner
ライターさん募集
住宅ローンランキング表はこちら