更新日: 2022.05.25 住宅ローン

住宅ローンを連帯債務で借りるメリットとは? 特徴と注意点を解説

住宅ローンを連帯債務で借りるメリットとは? 特徴と注意点を解説
住宅ローンを連帯債務で借りると、借入可能金額が増え、諸経費が安くなるメリットがあります。しかし、連帯債務には見逃せないデメリットも存在します。
 
借入金額が多い住宅ローンでは、1つの判断ミスがその後の将来に大きく影響します。連帯債務の特徴と注意点を押さえ、無理なく返済できるプランを立てましょう。
 
本記事では、住宅ローンで連帯債務を選ぶメリットと注意点を解説します。
東本隼之

執筆者:東本隼之(ひがしもと としゆき)

AFP認定者、2級ファイナンシャルプランニング技能士

金融系ライター・編集者 | SEO記事を中心に200記事以上の執筆・編集を担当 | 得意分野:税金・社会保険・資産運用・生命保険・不動産・相続 など | 難しい金融知識を初心者にわかりやすく伝えるのを得意としている。

●難しい金融知識を初心者にわかりやすく伝えることが得意
●専門用語をなるべく使わずに説明します
●漠然と抱えている「お金の不安」を取り除きます
●お悩みに寄り添ったアドバイスを行います

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

住宅ローンの連帯債務とは

住宅ローンの連帯債務とは、1つの借入契約を複数人で結ぶことをいいます。借入時には1人を主債務者、その他の債務者を連帯債務者とし、連帯債務者も主債務者と同等の債務を負うこととなります。
 

連帯債務者になれる人

住宅ローンを連帯債務で借りるには、夫婦や1親等以内の親族、本人と生計を共にしている同居人など、金融機関によって条件が異なります。なかには年齢制限や最低収入額を設定している金融機関もあるので、連帯債務を検討している人は事前に確認しておきましょう。
 

ペアローンとの違い

連帯債務と似た制度に「ペアローン」がありますが、まったく異なる制度です。ペアローンは、債務者それぞれがローン契約を結び、債務者同士で連帯保証人になる方法です。つまりローン契約が1つとなるのが「連帯債務」、2つに別れるのが「ペアローン」なのです。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

連帯債務のメリット

住宅ローンを連帯債務で契約すると、以下のメリットがあります。

借入可能金額が増える

ペアローンより諸経費が安い

債務者全員が住宅ローン減税が受けられる

 

借入可能金額が増える

連帯債務は複数人で住宅ローンを契約するため、借入可能金額の審査基準となる年収が債務者全員で合算できます。そのため、単独で借り入れをした場合と比較すると借り入れられる金額が増えることがあります。
 

ペアローンより諸経費が安い

また、連帯債務は債務者の数に関わらず、1つのローン契約となるため、銀行の事務手数料と印紙税が単独ローンと変わりません。一方、ペアローンは住宅ローン契約が2つに分かれているため、契約に必要な事務手数料や印紙税が2倍かかってしまいます。
 

債務者全員が住宅ローン減税を受けられる

連帯債務で住宅ローンと契約した際には、全ての債務者が「住宅借入金等特別控除」を受けることが可能です。住宅借入金等特別控除は、住宅ローン減税とも呼ばれ、年末の借入残高に応じて所得税・住民税が控除される制度です。
 

連帯債務は主債務者が死亡しても返済しなければならない

住宅ローンは、債務者が死亡、または所定の高度障害状態になった場合に、団体信用保険によってローン残高が全額弁済されます。
 
しかし、連帯債務で契約していると、主債務者の返済が完了しても連帯債務者分は免除されません。そんな万が一の事態に備えて、生命保険や債務割合の検討をしておきましょう。
 

連帯債務はデメリットもある。特徴を押さえて利用しよう

住宅ローンの連帯債務は、借入金額が増えたり、住宅ローン控除が受けられたりする便利な制度ですが、デメリットも存在します。住宅ローンは借入金額が大きく、返済期間が長いため、1つの判断ミスが今後の人生に大きな影響を与えてしまいます。
 
住宅購入後に後悔しないためにも、連帯債務の特徴と注意点を押さえておきましょう。
 

出典

国税庁 タックスアンサー(よくある税の質問) No.1213 認定住宅の新築等をした場合(住宅借入金等特別控除)
国税庁 共有の家屋を連帯債務により取得した場合の借入金の額の計算
 
執筆者:東本隼之
2級FP技能士

住宅ローン 金利別ランキング【PR】~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

※1借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

ライターさん募集
住宅ローンランキング表はこちら