更新日: 2023.02.24 その他ローン

マイカーローンの審査に落ちないために「事前にやっておくべきこと」3選

マイカーローンの審査に落ちないために「事前にやっておくべきこと」3選
「マイカーローンの審査が通るか気になる……」このようなお悩みはありませんか?
 
マイカーローンの審査は、安定した収入があれば落ちにくいといわれています。しかし価格の高い車を購入する場合や、フリーランスなどの不安定な働き方をしている場合は、マイカーローンの審査に通りにくくなってしまうこともあります。
 
そこで本記事では、マイカーローンの審査に落ちないために、事前にできることを紹介します。マイカーローン審査で重要視されているポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

マイカーローン審査に落ちないためのポイント3選

まずは、マイカーローンの審査に落ちないためのポイントを3つ紹介します。紹介する3つの方法を併用すると、より審査落ちを回避できるでしょう。
 

頭金を増やす

1つ目のポイントは「頭金を増やす」ことです。
 
頭金を増やすことのメリットとしては「経済力の証明になる(返済能力)」「総借り入れ額が小さくなるため審査に通りやすい」の2点が挙げられます。いずれも、ローン会社にとっては未払いや遅延のリスクが下げられるので、頭金を多めに用意しておくと、審査落ちを回避しやすくなります。
 
またそれでも審査が不安な場合は、借り入れ希望金額と自身の年収などを入力するだけで審査の簡易チェックができる「仮審査」を試してみるのもよいでしょう。
 

他のローンを返済しておく

2つ目のポイントは「他のローンを返済しておく」です。
 
ローン会社によっては、信用情報を理由に借り入れの申し込みを拒否されることがあります。他社のローン返済に滞りがあったり、残高が多かったりすると返済見込みがない人と考えられてしまうからです。
 
マイカーローン審査を受ける前には「収入に見合った金額のローンだけを抱えている」ような状況にしておきましょう。
 

保証人を立てる

3つ目のポイントは「保証人を立てる」です。
 
基本的に、マイカーローンの審査に保証人は必要ありません。しかし、収入が不安定な方が契約者である場合、ローン会社の信用を得るためにも保証人を立てたほうが審査に通りやすいです。
 
保証人の支払い能力が高いと判断された場合には、契約者の年収が低くてもマイカーローンの審査が通りやすくなるといわれています。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

マイカーローン審査で重要視されるポイント

つづいて、マイカーローン審査で重要視されるポイントについて紹介します。
 

年収

1つ目のポイントは「年収」です。
 
ローン会社は、契約者の年収から毎月継続した支払いができるかを判断します。そのため収入源の証明に、所得証明書や納税証明書などの書類を提出する必要があるのです。
 
働き方や条件によって提出する書類が異なるため、事前にローン会社に、マイカーローンの契約・審査時に用意する必要のあるものを聞いてみましょう。
 

職業(雇用形態)

2つ目は「職業や雇用形態」です。
 
例えばローン会社のなかには、一定期間の継続雇用や正社員であることを条件としているところもあります。収入が不安定になりがちな非正規雇用者は、審査が通りづらいこともあるでしょう。
 
また、フリーランスでもマイカーローンは組めますが、正社員よりも多くの書類の提出を求められる場合があります。
 

他社ローンの借り入れ(信用情報)

3つ目は「他社ローンの借り入れ(信用情報)」です。
 
これは、契約者自身が契約を守れるかを判断するためにローン会社によって確認されます。またローン会社は、過去にあった契約者の滞納履歴を信用情報として共有しています。そのため、他社ローンの延滞があると契約者の信用問題に関わり、審査に通りにくくなるのです。
 
他社ローンの借り入れ金額が多い場合は、年収が高く安定した職業に就いていたとしても審査に落ちる可能性があるので、注意しましょう。
 

マイカーローンの審査は事前準備で通りやすくなる

本記事では、マイカーローンの審査に通りやすくするための準備方法とローン会社が審査時に重視する項目について解説しました。
 
マイカーローンの審査に通る確率を上げるためには頭金を増やすこと・保証人を設定すること・他社ローンを返済しておくことが大切です。またローンを申し込む際には、年収や職業、信用情報などが考慮される点も覚えておきたいです。
 
しっかりと事前に準備をして、マイカーローンの審査に臨みましょう。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集