更新日: 2023.11.24 その他ローン

従業員の給料が払えません…。ビジネスローンを借りたいのですが、選ぶ際のポイントを教えてください。

従業員の給料が払えません…。ビジネスローンを借りたいのですが、選ぶ際のポイントを教えてください。
いざというときの資金調達方法として、個人事業主や法人が利用できるビジネスローン。ひと口にビジネスローンといっても取り扱う金融機関によって特徴が異なるため、うまく活用するには自社に合うものを正しく選ぶ必要があります。
 
今回は、ビジネスローンを選ぶ際に確認したい基本のポイントを3つ解説するので参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ポイント1.金利は低いか?

融資を受ける場合、借り入れた金額に対して一定の金利を支払わなければなりません。金利は各ビジネスローンで異なり、一般的には銀行や信用金庫、信用組合などが提供するローンのほうが、金利が低い傾向にあります。これに対し、クレジットカード会社や消費者金融会社、信販会社などノンバンク系と呼ばれる機関が提供するローンは金利が高めなので注意が必要です。
 
金利の高いビジネスローンを借りると返済が負担となり、資金繰りを圧迫して経営が悪化しかねません。借入額が大きい、または返済期間が長いとその分金利の負担も増えるため、できるだけ金利が低いビジネスローンを選ぶことが重要です。
 
やむを得ず高金利のビジネスローンを利用する場合は事前にきちんと返済計画を立て、金利負担がどれくらいなのか把握して無理のない範囲で借りるようにしましょう。余裕があるときは多めに返済するなど、返済期間をできるだけ短くするのも効果的です。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

ポイント2.融資を受けられるまでの期間は?

ビジネスローンを借りるには、必要書類などを提出してローン会社の審査を受けなければなりません。審査は借り入れを行う人に返済能力があるかどうか調べるものであり、収入やほかのローンの借り入れ状況などによっては融資を断られてしまう場合もあります。
 
この審査にかかる時間はビジネスローンによってさまざまであり、即日~数週間と幅があるので申し込む前に確認しておきましょう。
 
中には、店舗へ行かずオンラインで申し込みから書類提出まで手続きを済ませられるビジネスローンもあります。急いで資金調達をしなければならない場合は、このようにオンライン上で完結できるものや、提出書類が少なく審査スピードが速いものを選ぶとよいでしょう。
 

ポイント3.借入限度額はいくら?

事業資金として融資を受けるなら、ある程度まとまった額が必要でしょう。ビジネスローンは一般的なカードローンより借入限度額が高いことが多いですが、実際にいくらまで借りられるかはローン会社によって異なります。各ローン会社の借入限度額を比較し、自社に必要な額を借りられるところを選びましょう。
 
ただし、借入限度額は審査結果によって個々の契約で設定されるため、希望する額を必ず借りられるとは限りません。また、借入限度額が高くなるほど審査が厳しくなり、時間もかかる傾向にあるため急いで資金調達したい場合は注意が必要です。
 

基本を押さえて最適なビジネスローンを選ぼう

ビジネスローンは商品やローン会社ごとに特徴が異なるため、じっくり比較検討して選ぶことが大切です。正しく選べば資金調達に大いに役立つので、基本的なポイントを押さえて自社のニーズに合うものを見つけてください。
 
審査結果によっては利用できないこともあるため、申し込みと同時にビジネスローンを利用できなかった場合の対処法も考えておきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集