更新日: 2022.11.17 老後

「定年後」は持ち家を売って身軽に暮らしたい! 注意点を確認しよう

「定年後」は持ち家を売って身軽に暮らしたい! 注意点を確認しよう
定年退職後に持ち家を売却したいと考えている場合、実際に持ち家を売却して移住をしたり、設備が整っている賃貸物件に引っ越したりする人もいるでしょう。ただし、定年退職後に持ち家を売却するのはいくつか注意点があり、意識をせずに行動をすると持ち家の売却ができないかもしれません。
 
本記事では定年退職後に持ち家を売却する際の注意点について解説するので参考にしてみてください。

 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

定年退職後に持ち家を売却する際の注意点について

定年退職後に持ち家を売却する際の注意点としては大きく分けて、「住宅ローンを完済しているか」「どれくらいの金額で売却するか」の2点です。どちらもしっかりとした対処をしなければ、老後資金などに問題が生じる原因になります。
 
また、自分たちが持ち家を売却した後にどのようにして生活をしたいかも考えて、慎重に売却をしなければいけません。定年退職後すぐにでも売却したいのか、それとも数年間は売却に時間が必要になっても良いかなどの判断も求められます。
 

注意点1.住宅ローンを完済しているか

定年退職後にも住宅ローンが残っているなら、どのようにして残っている住宅ローンを完済するかの計画が必要です。持ち家を売却するなら住宅ローンを完済して抵当権を抹消する必要があります。
 
ただし、不動産会社によっては持ち家の売却した金額から住宅ローンを差し引いてもらえるので、住宅ローンが残っていても持ち家の売却は可能です。注意点としては不動産会社にだけ相談をするのではなく、住宅ローンを借りている金融機関にも持ち家を売却する旨は伝えておきましょう。
 
自分たちだけで判断をするのではなく、不動産会社や金融機関などの専門家に相談をしながら進めるようにしてください。
 

注意点2.どれくらいの金額で売却をするか

持ち家をどれくらいの金額で売却するかを決定しなければいけませんが、持ち家を売却して賃貸物件に引っ越しをするなら家賃が必要になります。また、家賃だけでなく生活費なども必要になるため、どれくらいの金額で売却をすれば生活を守れるかの判断が大切です。
 
ただし、希望している金額通りに売却をしたいなら時間が必要になるケースも多いですが、相場よりも安い金額で良いなら不動産買取を行っている不動産会社に依頼をすればすぐに買い取ってくれます。
 

定年退職後に持ち家を売却するための行動をしても遅いケースがある

定年退職後に持ち家を売却するために行動をしても遅いケースもあり、少しでも早く売却したいと考えていても実際には数年かかってしまうケースは珍しくありません。
 
例えば自分たちが希望している条件で売却をしたいと考えているなら、周りの物件との相場や持ち家の築年数や設備面も考慮する必要があります。不動産買取を行っている不動産会社に売却をしないケースであれば、どれくらいの時間で売却できるかはわかりません。
 
そのため、定年退職後すぐに売却をして移住や引っ越しをしたいと考えているなら、定年前から持ち家売却を見据えての行動をするのがおすすめです。
 
あらかじめ住宅ローンを解消するための方法について専門家に相談をしたり、複数の不動産会社に相談をしたりして信頼できる先を見つけたりする必要があります。
 

まとめ

定年退職後に持ち家を売却したいなら、住宅ローンがどれくらい残っているか・どれくらいの金額で売却を希望しているかが大切です。また、自分たちだけでは判断が難しいと感じたら不動産会社や金融機関などの専門家に相談をして、どのようにして持ち家を売却するかの計画を立てなければいけません。
 
定年後の生活のためにも、しっかりと持ち家売却後の生活も視野に入れて売却をするのが大切です。
 

出典

国土交通省 令和3年度住宅市場動向調査報告書

 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード