更新日: 2022.11.22 セカンドライフ

「年金だけでは暮らせない…」定年後はどんな仕事をすべき?「おすすめの仕事6選」を紹介!

「年金だけでは暮らせない…」定年後はどんな仕事をすべき?「おすすめの仕事6選」を紹介!
老後については医療費や介護など、何かと出費が気になるものです。そのため「年金だけでは不安」「老後資金が不足してしまう」など、定年後もできる限り仕事をしたいと考える高齢者も増えつつあります。
 
定年後には実際にどのような仕事があるのか、気になる人もいるでしょう。
 
そこで、この記事では定年後でも無理せず働きやすい、高齢者におすすめの仕事をいくつか紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

高齢者も活躍できる!定年後におすすめの仕事6選

ここでは高齢者も活躍できる、定年後におすすめの職種を6つ厳選して紹介します。
 

・警備

警備は年齢や経験を問わず募集されていることが多い職種です。基本的に特別なスキルが必要ないため、未経験でも仕事に挑戦しやすいハードルの低さが魅力です。
 
警備には大きく分けて「施設警備」「交通誘導」などの仕事があります。施設警備は公共施設や商業施設などの巡回や入退館管理、モニターチェックなどの業務を行います。交通誘導は建設現場や駐車場などで車や歩行者の誘導を行うことが基本です。適度に身体を動かすことが好きな人にもおすすめの仕事です。
 

・マンションの管理人

マンションの点検・管理などを行う仕事です。受付業務や公共部分の掃除などを行うこともあります。マンションの住民が快適かつ安全に暮らせるように管理する役割があります。住民とコミュニケーションをとる機会もあり、やりがいを感じられる仕事です。体力的な負担が少ないため、身体を動かすことが苦手という人でも安心して応募できます。
 

・家事代行

日常的に家事をしている、家事が好きという人には家事代行の仕事がおすすめです。お客さまの自宅に出向き、掃除・洗濯・料理などさまざまな家事をこなします。また、買い出しなどの仕事を任されることもあるでしょう。自分の家事スキルを生かしたい、自信があるという人にも向いています。
 

・軽作業

軽作業は倉庫や工場などで荷物の仕分けや梱包(こんぽう)、ピッキングなどを行う仕事です。軽作業は派遣や短期などの求人も多く、仕事をする日数を調整しやすいという特徴があります。プライベートを大事にしたい、さまざまな職場で都合に合わせて仕事をしたいという人にもおすすめです。
 

・清掃

清掃は多くの場所で需要があり、求人も多い傾向にあります。シニアが多く活躍している職種で、年齢や経験不問とするケースも多いでしょう。
 
清掃はチームで作業する場合もあれば、個人で黙々と作業する場合もあります。自分にはどちらの働き方が合うのかよく考え、求人の仕事内容をよく確認しておくことがおすすめです。整理整頓が好きな人やきれい好きな人に向いています。
 

・介護

少子高齢化が進む現代は、介護職の人手不足が深刻化しています。慢性的な人手不足に悩まされる事業者も多く、求人数が多い傾向です。介護の仕事は若手だけではなく、60代以上のシニア層も現役で活躍しています。無資格かつ未経験でも始められる職場もあるため、興味がある人はチャレンジしてみると良いでしょう。
 

定年後も活躍できる仕事はたくさん! 自分に合う仕事を見つけよう

豊かな老後を過ごすためには、なるべく長く働いて収入を得ることも重要です。
 
定年後でもシニア層が活躍できる仕事はたくさんあります。身体を動かすことが好きな人であれば警備などの仕事をするのも良いでしょう。反対に、体力に自信がない場合はマンション管理人などの仕事をする手もあります。
 
求人内容をよく確認し、無理なくいきいきと働ける仕事を探しましょう。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部