更新日: 2023.04.03 介護

介護にかかるあれやこれやの費用の平均的金額は?

介護にかかるあれやこれやの費用の平均的金額は?
介護費用は、地域差が大きく、介護の内容や期間によっても異なります。また、介護保険や公的支援制度についても、浸透不足と言われています。
 
この記事では、具体的な費用の目安や、介護施設や訪問介護、介護保険制度の詳細について解説しています。また、費用を軽減するための具体的な方法も紹介しています。介護費用に関する正しい知識を身につけ、安心して介護サービスを受けるために、ぜひこの記事を参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

介護施設の場合

介護施設とは、一般的に公共型施設と民間型施設に分かれ、そこから要介護状態の人を対象とするものや自立状態の人を対象とするものに分かれます。代表的なもので言うと「介護老人福祉施設」や「特別養護老人ホーム」など、施設に入所して介護を受けることができる施設を指します。
 
入所費は一般的に100万円から300万円程度が相場とされていますが、地域によって差があるため、確認が必要です。また、介護保険を利用する場合には、自己負担額がかかります。自己負担額は月額で、3万0円から5万円程度が相場とされていますが、細かい設定が設けられているのでここも確認が必要です。
 

【PR】日本財託グループセミナー

【PR】日本財託セミナー

訪問介護の場合

訪問介護は、定期的な訪問サービスから、急な介護の必要性が生じたときの緊急サービスまで、さまざまなニーズに対応しています。初期費用は、設置費用、保証金、契約手数料を含めて、10万円程度から30万円程度が相場とされていますが、地域によって差があるため、事前に確認が必要です。
 
一方、1回あたりの費用は、2000円から6000円程度が相場であることが多く、時間の長さに応じて変動し、サービス内容によっても差が生じます。また、介護保険を利用する場合には、自己負担額がかかる場合があります。
 
しかし、抑えられるケースも多く、最終的には、訪問介護を利用する方が、介護施設よりも経済的な場合もあります。利用者や家族にとって、最適な介護方法を検討するためにも、業者選びや費用面など、多角的に考える必要があります。
 

介護保険を利用する場合

介護保険は、要支援1から要介護5までの介護度に対応した自己負担額が設定されています。介護度が低い場合は、自己負担額が少なく、1ヶ月あたり3000円程度のケースもあります。介護度が高い場合は、1ヶ月あたり5万円程度の自己負担がかかる可能性があるため、事前に十分な負担額の把握が必要です。
 
在宅介護のヘルパー派遣サービスの場合には、介護度によって自己負担額が異なっており、1時間あたりの自己負担額は一般的に1000円から2000円程度が相場となっています。ただし、市町村によっては、自己負担額を補填する制度もあるので、利用する前に確認するようにしましょう。自宅で介護サービスを受ける場合には、介護保険を上手に利用して、負担額を抑えることも大切なポイントです。
 

介護費用の抑え方

介護費用を抑える方法としては、介護保険や自治体の支援制度を利用することが挙げられます。また、介護施設や訪問介護のサービスを利用する場合には、複数の施設やサービスを比較することも大切です。
 
介護にかかる費用は高額になることが多く、負担に感じることもあるでしょう。それでも、最善の介護を家族や本人が受けられるよう、情報収集や相談を行いながら、適切な選択をすることが求められます。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集