更新日: 2024.02.09 介護

【介護×子育て】会うたび「孫の顔」を見たがる両親。正直あなたたちの「介護費用」でカツカツなんですけど……。

【介護×子育て】会うたび「孫の顔」を見たがる両親。正直あなたたちの「介護費用」でカツカツなんですけど……。
親の年齢によっては、早い時期から介護に追われることもあるでしょう。親の介護が始まると、時間を取られるのはもちろん、それなりの費用も必要です。経済的な余裕がなければ、結婚して自分の子どもを持つことすら難しくなります。
 
今回は、親の介護をしながら子どもを持つことの難しさと、親に理解してもらう方法などを紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

公的介護保険ではすべてまかなえないという現実

40歳を超えると公的介護保険へ加入し、介護保険料を納めます。65歳以上は第1号被保険者、40〜64歳の人は第2号被保険者として、必要に応じた介護サービスを受けることが可能になります。ただし、介護にかかるすべての費用が公的介護保険でまかなえるわけではありません。介護費用の一部は自己負担です。そして、被保険者の収入に応じて負担割合は変わります。
 
公益社団法人生命保険文化センターによると、本人の合計所得金額が160万円以上220万円未満、または220万円以上の人は、同世帯の第1号被保険者の所得に応じて〜3割の負担を求められます。
 
しかし、年収が160万円未満の人や住民税非課税者もしくは生活保護受給者でも、介護費用の1割は負担しなければなりません。そのうえ、在宅サービスや地域密着型サービスは要介護の度合いに応じて支給限度額が設定されています。介護サービスが支給限度額を超えた場合、超過部分の費用は全額自己負担になります。
 
例えば、要介護1(食事や排せつなどはほぼ自分でできるものの、歩行などが不安定で見守りや介助を必要とする状態)に認定された人の1ヶ月あたりの支給限度額は16万7650円です。
 
1割負担の場合は1万6765円、2割負担の場合は3万3530円、3割負担の場合は5万295円を自費でまかないます。なお、要介護1で受けられる在宅サービス・地域密着型サービスは「週3回の訪問介護」「週1回の訪問看護」「週2回の通所系サービス」「3ヶ月に1週間程度の短期入所」「福祉用具貸与(歩行補助つえ)」です。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

介護と子育ての両立は難しい

公的介護保険で受けられる在宅サービスや地域密着型サービスは、要介護度に応じて変わります。支給限度額も要介護度が上がるにつれて高くなりますが、その分自己負担額も大きくなります。
 
しかし、それでも必要な介護サービスを網羅しているわけではありません。それ以外で必要なサービスは全額自己負担で外部に任せるか、家族が直接介護するのが一般的です。そうなると、経済的にも労力的にも親の介護と子育てを両立するのは難しいでしょう。
 

現実を親に理解してもらうには?

公的介護保険でまかなえない部分は、年金など本人の収入から出す人もいます。子どもが手続きや費用負担をするケースは多いですが、経済的に苦しいならその事実を親に話すことも必要です。現状で毎月どれくらいの費用を負担しているのか、親に伝えてみましょう。そのうえで経済的に子どもを持てないことを話し、介護にあてられる預貯金はないか相談してみることです。
 

不満を持つより現実をつきつけることも必要

公的介護保険に加入していても、自己負担もあるため介護にはお金がかかります。しかし、実際に言われてみないとわからない親もいます。困っているなら、まず現実をそのまま伝えてみましょう。
 
手続きや支払いなどを全部子どもが代行している場合、介護保険でまかなえていると思っている場合もあります。困っていることは正直に伝え、預貯金など親が出せる部分はないか相談することも大切です。
 

出典

公益社団法人生命保険文化センター 公的介護保険で受けられるサービスの内容は?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー