更新日: 2024.02.09 その他老後

還暦時点で貯蓄額が「100万円」未満に!?毎月最低でもいくらお金があれば安心でしょうか?

還暦時点で貯蓄額が「100万円」未満に!?毎月最低でもいくらお金があれば安心でしょうか?
まもなく還暦を迎えるにあたり、これからの生活費をまかなっていけるのかと、不安に思われる方は多くいらっしゃるでしょう。定年を迎えると、基本的に年収が下がる傾向があります。
 
そこで、本記事では「還暦を迎える人たちの平均貯蓄額はいくらなのか」「毎月いくらくらいあれば安心して生活できるのか」について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

還暦を迎えた時点で最も多い貯蓄額は100万円未満!?

はじめに、還暦を迎えた人の平均貯蓄額を見ていきましょう。プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社(以下、PGF生命)の「2023年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」によると、還暦を迎えた人の平均貯蓄額は3454万円となっています。貯蓄金額の割合を集計したものを、表1にまとめています。
 
表1

貯蓄額 割合
100万円未満 25.2%
100~300万円未満 13.0%
300~500万円未満 4.2%
500~1000万円未満 11.8%
1000~1500万円未満 10.1%
1500~2000万円未満 2.9%
2000万円以上 33.0%

※プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社「2023年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」トピックス1より筆者作成
 
貯蓄額が「100万円未満」の割合が25.2%と最も高く、「100〜300万円未満」の割合と合わせると、貯蓄額300万円未満の人は、全体の4割近くを占めています。一方、貯蓄額が2000万円以上の割合は33.0%です。平均貯蓄額が3454万円である点を考えると、貯蓄格差が大きいことがわかるでしょう。
 

毎月どれくらいあれば安心なのか?

還暦を迎えて、これから生活をしていくにあたり、生活費として最低限必要な金額はいくらくらいなのでしょうか。
 
PDF生命の同調査では、今年還暦の人がゆとりのある生活費として必要だと思う金額は、平均27万8929円となりました。1年前の調査結果に比べて増加していますが、近年の物価高騰が影響していることが想定されます。
 
また、コロナ禍の影響により先行きが読めない事象が起こっているため、いざというときに備えて、余裕のある金額を確保しておきたいという心境もあるのでしょう。
 

高齢者の老後の生活費は平均どれくらい?

実際には、高齢者の生活費はどれくらいかかっているのかが、気になる人もいるでしょう。総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)2022年(令和4年)結果の概要」では、65歳以上の夫婦二人無職世帯の平均支出額は、1ヶ月あたり26万8508円、65歳以上の単身無職世帯の平均支出額は、1ヶ月あたり15万5495円でした。
 

老後は毎月最低限28万円以上を確保しておこう

還暦を迎える人たちの平均貯蓄額は3454万円でした。還暦後は年収が下がり、老後に向けて資金を貯めていく必要があります。還暦の人がゆとりのある生活を送るための生活費はおよそ28万円とされていますので、生活に少しでもゆとりが出るように貯蓄していきましょう。
 

出典

プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社 PDF生命 2023年の還暦人(かんれきびと)に関する調査
総務省統計局 家計調査年報(家計収支編)2022年(令和4年)結果の概要 図1 65歳以上の夫婦のみの無職世帯(夫婦高齢者無職世帯)の家計収支 -2022年-、図2 65歳以上の単身無職世帯(高齢単身無職世帯)の家計収支 -2022年- (18ページ)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー