更新日: 2024.02.16 定年・退職

65歳で定年後、毎日「パチンコ」に通うのが夢です!「貯金2000万円」と「退職金1000万円」ありますが、毎月いくら使えますか?

65歳で定年後、毎日「パチンコ」に通うのが夢です!「貯金2000万円」と「退職金1000万円」ありますが、毎月いくら使えますか?
「パチンコ」が趣味の人にとって、余暇時間が増える定年退職後は待ちに待った生活になるのではないでしょうか。つらい会社員生活の日々も、毎日パチンコに通える日を夢見れば頑張れているかもしれません。
 
本記事では、ついに定年退職を目前にした人を例に、貯金2000万円と退職金1000万円で65歳から90歳までいくらパチンコ代に使えるのかを計算してみたいと思います。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

夫婦2人分の年金受給額は月約22万円

老後生活のベースとなる年金受給額は、日本年金機構が公表している2023年度の「夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額」22万4482円とします。これはボーナスを含む平均標準報酬月額43万9000円で40年間働いた場合に受け取れる年金額です。65歳から90歳までの累計は約6734万円となります。
 
本記事では、物価高騰などによる年金受給額の上昇は加味しませんが、次項の生活費でも加味していないので、ほぼ相殺されるものと仮定します。
 

生活費は月約25万円

厚生労働省によると、標準的な65歳夫婦の生活費の平均は月約25万円で、つつましく生活している人でも約20万円となっています。前記の標準的な年金額を受け取っている夫婦で毎月足りるか否かという感じでしょう。そして、車の購入や旅行などの臨時的な支出は貯金でまかなうことになります。
 
本記事では、臨時的支出を考慮して毎月3万円の赤字が出るものとして計算してみます。
 

老人ホームの入居一時金

多くの人は、最期の時まで元気に過ごして突然亡くなる「ピンピンコロリ」を願うものですが、なかなか少数派なのが現実です。思うように生活できなくなり、介護できる家族がいない場合には老人ホームなどへの入居となる可能性もあるでしょう。
 
老人ホームにかかる費用はピンからキリですが、月々の生活費については基本的に年金でまかなえる設定になっている施設が多いです。ただ、入居一時金については大きな金額が必要になるので貯金で支払わなければなりません。
 
入居一時金の金額は数十万円から1000万円超とさまざまですが全国相場としては100万円程度、介護付き有料老人ホームとなると平均値でも400万円程になるので、夫婦2人分で1000万円程度残しておくと安心でしょう。
 

パチンコ代に使える金額

貯金を毎月3万円取り崩すということは、90歳までの25年間で900万円貯金が減る計算になるので、65歳時点で退職金と合わせて3000万円あった貯金は、90歳時点で2100万円になっています。そして老人ホーム費用として1000万円を残しておく場合、余剰分は1100万円となります。
 
これを25年で割ると1年間にパチンコに使える金額は44万円、1日当たりにすると約1200円になるので、パチンコに毎日は通えなさそうですね。週に1回程度で1万円分楽しむ感じになるでしょうか。
 

まとめ

貯金2000万円と退職金1000万円がある状況で、65歳から90歳まで毎日パチンコに通う場合、1日当たりに使える金額は1200円程という計算結果になりました。生活水準や物価、臨時費用がどの程度かかるかなどによって大きく変わる試算ではありますが、3000万円の貯金では毎日パチンコざんまいな生活は送れないことに変わりはないでしょう。
 
現代の65歳は元気バリバリな人も多いので、定年退職後すぐに老後生活に入るのではなく、パチンコのためにしばらく働くのもよいかもしれませんね。
 

出典

日本年金機構 令和5年4月分からの年金額等について
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集