更新日: 2024.04.09 セカンドライフ

60歳で退職、65歳の年金受け取りまで「1000万円」の貯金でつなぐ予定です。独身ですが厳しいでしょうか…?

60歳で退職、65歳の年金受け取りまで「1000万円」の貯金でつなぐ予定です。独身ですが厳しいでしょうか…?
定年後(60歳以降)の生活資金がどれくらいかかるのか、気になっている方も多いでしょう。年金受給年齢の65歳まで働かずに生活するのであれば、それなりの貯金が必要です。
 
また、年金受給までの間を貯金で生活できたとしても、65歳以降を年金だけで生活できるとは限りません。今回は、60歳以降にかかる生活資金や受給できる年金額、どの程度の貯金があれば年金受給年齢の65歳まで生活できるのかについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

60歳からかかる生活資金はどのくらい?

2023年の全国家計調査によると、単身世帯で定年後の60歳からかかる生活資金の目安は表1の通りです。
 
表1

男性平均 15万5216円
女性平均 15万1414円
男女平均 15万2743円

※e-Stat「家計調査 家計収支編 単身世帯 2023年」を基に筆者作成
 
男女ともに、月に15万円程度の生活費がかかることが分かります。しかし、表1の金額は生活に必要な消費支出のみのため、ほかにも保険料や税金など(非消費支出)の出費が考えられます。
 
さらに、年齢を重ねれば重ねるほど、病気やけがのリスクも高まり、突発的な医療費や介護費用などが発生する可能性もあるでしょう。
 

年金が受け取れる65歳までの5年間を貯蓄1000万円で賄えるのか?

仮に月の生活資金が15万円とすると、年金が受給できる65歳までの5年間の生活費は、単純計算で900万円かかります。
 
つまり、貯金が1000万円であれば、年金受給までの5年間は働かずに貯金だけで生活可能といえるでしょう。ただし平均支出額よりも生活費が高い場合には、貯蓄1000万円では足りなくなるおそれがあります。
 
可能であれば、60歳から65歳までの5年間をすべて貯金で賄うのではなく、再雇用やアルバイトなどで収入を得ながら生活する方法も考えましょう。仮に、アルバイトで月10万円を稼いだ場合は、5年間で600万円になります。
 
つまり、貯金1000万円のうち、通常900万円かかるところを300万円までに減らすことができ、残り700万円は65歳以降の年金生活の足しにできます。
 

65歳以降は年金だけで生活できる?

65歳から90歳まで生きると仮定して、年金給付額が10万円のケースで考えてみましょう。
 
同じく2023年の全国家計調査によると、単身世帯における65歳以上の平均支出の目安は男女平均で14万9033円となっており、月に15万円程度の生活費がかかります。つまり、毎月5万円程度の赤字となり、25年間で1500万円程度が不足する見込みです。
 
また、現役世代に厚生年金保険に加入していない個人事業主やフリーランスの方は、国民年金だけで厚生年金の受給できないため、年金だけでは老後資金を賄うことはさらに難しいと考えられます。
 

月の支出が15万円ほどであれば年金受給まで貯蓄1000万円で生活できる可能性は高い

定年後の60歳から年金が受給できる65歳までの5年間は、1000万円の貯金があれば、働かなくても生活はできる可能性はあります。
 
しかし、60歳以降は、医療費や介護費用などの急な支出が増えるケースも予測されるため、1000万円の貯金と年金だけでは安心できないでしょう。さらに65歳以上は年金だけでは、生活資金を賄えない可能性も高い状況です。
 
可能であれば、定年後も働いて収入を得るなど、年金以外での収入源も検討してみましょう。
 

出典

e-Stat 政府統計の総合窓口 家計調査 家計収支編 単身世帯 2023年
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集