更新日: 2021.10.08 年金

ねんきん定期便の節目である「35歳」「45歳」「59歳」。封筒が届いたら確認することとは?

ねんきん定期便の節目である「35歳」「45歳」「59歳」。封筒が届いたら確認することとは?
ねんきん定期便が封筒で届くことについて「封筒が届いたら何を確認したらいいのか教えて」「ねんきん定期便の封筒はどんな時に届くのか知りたい」など、疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。
 
35歳・45歳・59歳には封筒のねんきん定期便が届き、これまでの年金加入状況などを確認できます。
 
ここでは、封筒で届くねんきん定期便に掲載されている情報や確認事項、記録もれや誤りがある場合の対応について解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

監修:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

執筆者:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

ねんきん定期便とは

 
ねんきん定期便は、年金への理解を深めることを目的としたもので、日本年金機構から毎年誕生月にはがきで届きます。ねんきん定期便には、次のような情報が記載されています。
 

●照会番号
●これまでの加入実績に応じた年金額(昨年)
●これまでの加入実績に応じた年金額(今年)
●これまでの保険料納付額(累計額)
●これまでの年金加入期間
●標準報酬月額・標準賞与額・保険料納付額
●アクセスキー
●お知らせ

 
ねんきん定期便を見ることで、自身の年金加入状況や将来の年金額を把握することが可能です。
 

35歳・45歳・59歳には封筒で届く

 
ねんきん定期便は毎年誕生月にはがきで届きますが、35歳・45歳・59歳には封筒で届きます。はがきのねんきん定期便には最近の情報が載っていますが、封筒のねんきん定期便には、これまでの全期間分の情報が記載されています。また、35歳・45歳と59歳では、ねんきん定期便の掲載情報が異なるため注意してください。
 
ここでは、35歳・45歳・59歳に届くねんきん定期便の情報について見ていきましょう。
 

35歳・45歳の方に届く情報

 
35歳・45歳の節目の年に届くねんきん定期便には、次のような情報が掲載されています。
 

●これまでの保険料納付額(累計額)
●これまでの年金加入期間
●これまでの年金加入履歴
●これまでの年金加入期間に応じた年金額
●これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況
●これまでの国民年金保険料の納付状況

 
毎年届くねんきん定期便には「最近」の納付状況などが載っていますが、35歳・45歳の節目の年に届くねんきん定期便では「これまでの」納付状況を確認できます。
 

59歳の方に届く情報

 
59歳の節目の年に届くねんきん定期便には、次のような情報が掲載されています。
 

●これまでの保険料納付額(累計額)
●これまでの年金加入期間
●これまでの年金加入履歴
●老齢年金の見込額
●これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況
●これまでの国民年金保険料の納付状況

 
50歳以降のねんきん定期便には、現在の加入条件が60歳まで継続すると仮定して計算された老齢年金の見込額(年額)が載っています。実際の年金受給額とは異なる可能性はありますが、より具体的に老後資金のシミュレーションがしやすくなります。
 
また、年金加入履歴を確認して、保険料未納付期間がないか確認をしましょう。未納付期間があると、将来もらえる年金額が満額ではなくなるため注意してください。
 

記録もれや誤りがある場合

 
35歳・45歳・59歳の節目の年に届いたねんきん定期便にもれや誤りがある場合は「年金加入記録回答票」に必要事項を記載のうえ、同封されている返信用封筒で郵送してください。ただし、ねんきん定期便は、約2ヶ月前時点の年金加入記録に基づき作成されているため、直近の年金加入状況が反映されていない場合があります。
 
直近の年金加入状況は「ねんきんネット」に反映されていますので、できればねんきんネットを確認しながら、ねんきん定期便の情報にもれや誤りがないか確認をしましょう。
 

封筒が届いたら納付状況を確認しましょう

 
35歳・45歳・59歳の節目の年に封筒でねんきん定期便が届いた場合は、これまでの年金加入状況を確認します。未納付期間の確認や老後資金の計画に役立つ大切な情報なので、記録にもれや誤りがないかも確認してください。
 
ねんきん定期便の封筒が届いたら自身の納付状況を確認し、将来の年金額が満額に近づくよう計画を立てましょう。
 
出典
日本年金機構「大切なお知らせ、「ねんきん定期便」をお届けしています」
日本年金機構「「ねんきん定期便」をお送りします。」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

auじぶん銀行