更新日: 2022.01.28 その他年金

ねんきん定期便で「40歳」にはなくて「50歳」になると増える情報とは?

ねんきん定期便で「40歳」にはなくて「50歳」になると増える情報とは?
毎年、日本年金機構から送られてくるねんきん定期便には、将来の年金に関する大切な情報が記載されており、年齢によって内容が異なります。
 
「40歳」にはなく「50歳」になると増える情報には将来受け取れる年金の見込額が記載されています。具体的にはどのような内容なのか詳しく解説します。老後のライフプランをたてる参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

新井智美

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

ねんきん定期便とは?

ねんきん定期便は、公的年金に関する理解を深めるために日本年金機構から毎年誕生月に送られてくる年金の記録です。年金の被保険者の年齢によって、ねんきん定期便の形式や記載内容が図表1のように異なります。
 
図表1

    

区分 送付形式 内容 備考
毎年
(節目の年以外)
50歳未満 はがき 直近1年間の情報 これまでの加入実績に応じた年金額 被保険者の誕生月に郵送
50歳以上 年金見込額
節目の年 59歳 封書 全期間の年金記録情報 年金見込額
35歳、45歳 これまでの加入実績に応じた年金額

引用:日本年金機構 大切なお知らせ、「ねんきん定期便」をお届けしています

 

ねんきん定期便で「50歳」になると増える情報

ねんきん定期便には年金に関する大切な情報が記載されていますが、50歳以上の人に送られるねんきん定期便には50歳未満にはない新たな情報が追加されています。具体的には、加入実績に応じた年金の見込額が記載されます。
 
その他、50歳未満と50歳以上ではどう違うのか、封書で送られる節目の年以外のねんきん定期便で比べてみましょう。

 

50歳未満のねんきん定期便

50歳未満の人へのねんきん定期便には、次の内容が記載されています。
 

・照会番号
・これまでの加入実績に応じた年金額(昨年)
・これまでの加入実績に応じた年金額(今年)
・お客様へのお知らせ
・国民年金(第1号・第2号)納付状況
・加入区分
・標準報酬月額・標準賞与額・保険料納付額
・これまでの保険料納付額(累計額)
・これまでの年金加入期間
・これまでの加入実績に応じた年金額

 
50歳未満のねんきん定期便には、これまでの加入実績に応じた老齢基礎年金と老齢厚生年金の合計が記載されていますが、将来支払う予定の保険料は含まれません。そのため、60歳まで保険料を支払い続けた場合、実際に受け取れる年金額は記載よりも多くなります。あくまでも現在の見込額としてみておきましょう。
 
また、これまでの加入実績に誤りがないかを確認することも大切です。

 

50歳以上のねんきん定期便

50歳以上の人へのねんきん定期便には、次の内容が記載されています。
 

・照会番号
・老齢年金の見込額
・老齢年金の見込額(70歳まで遅らせた場合)
・これまでの保険料納付額(累計額)
・お客様へのお知らせ
・国民年金(第1号・第2号)納付状況
・加入区分
・標準報酬月額・標準賞与額・保険料納付額
・これまでの年金加入期間
・老齢年金の種類と見込額(年額)

 
50歳以上の人に送られるねんきん定期便には、50歳未満のねんきん定期便にはない情報が多く記載されています。具体的には「老齢年金の見込額」「老齢年金の見込額(70歳まで遅らせた場合)」「老齢年金の種類と見込額(年額)」です。
 
50歳未満ではこれまでの加入実績に応じた年金額しか記載されていませんでしたが、50歳以上では60歳まで保険料を払い続けた場合の見込額が確認できます。
 
さらに「老齢年金の種類と見込額(年額)」では基礎年金と厚生年金に分かれており、これらの合計が見込額となります。あくまでも見込額ですが、実際に受け取れる年金の額により近い額を把握することができます。
 
50歳以上のねんきん定期便を確認して、将来受け取れる年金が少ないと感じたら、定年後も働いたり、年金の繰り下げ受給を利用したりして年金額が増えるようにするとよいでしょう。さらにNISAやつみたてNISAなどの金融商品を検討するのもよいでしょう。

 

50歳以上に送られるねんきん定期便を確認して老後のライフプランをたてよう

50歳以上に送られるねんきん定期便では、将来受け取れる年金の見込額が確認できます。あくまでも見込額ですので、制度の改正や加入状況の変化で年金額は変動します。しかし、早めに年金の見込額を知ることで、老後のライフプランがたてやすくなります。
 
ねんきん定期便をしっかりと確認して、公的年金だけに頼らない資産形成に取り組むのもよいでしょう。
 
出典
日本年金機構 大切なお知らせ、「ねんきん定期便」をお届けしています
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員
 

PR
townlife-banner
ライターさん募集