更新日: 2022.03.18 年金

年金証書とは? 発行される時期と無くした場合の対処法

年金証書とは? 発行される時期と無くした場合の対処法
年金証書は、年金を受給するために必要な身分証明書のようなものです。とても大切なものですが、普段から持ち歩いたりするものではないので、なくしてしまったり汚してしまったりすることもあるかと思います。
 
本記事では、年金証書とは何なのか、また年金手帳との違いや、なくしてしまったときの対処法を紹介していきたいと思います。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

そもそも年金証書とは

年金証書は、年金を受け取る資格を満たした人が、年金事務所に請求手続きを行ったときに交付されるものです。ほかにも、年金を受給している人がさまざまな届け出をするときに必要になる身分証明のようなものです。大切なものなのでしっかり保管しておくようにしてください。
 
また、郵便局の窓口で年金を現金で受け取る場合には、年金送金通知書にこの年金証書を添える必要があります。
 
年金手帳と名前が似ていますが、内容は別物です。年金手帳は仕事が変わった、あるいは退職した際に重要な役割をするもので、年金証書は年金の請求をして受給の資格をもっています、という証明のものです。
 
簡単にいうと、年金証書は「受給資格を証明するもの」それに対し年金手帳は「年金を納めた記録を残すもの」です。
 

発行される時期

まず、年金を受け取る際の手続きとして、受給開始年齢に達する3ヶ月前に年金を受け取るために必要な年金請求書が送られてきます。これには年金加入記録が記載されており、漏れや誤りがないかを確認します。
 
次に、必要事項を確認・記入し受給開始年齢の誕生日の前日以降に、添付書類とともに年金事務所に提出をします。ちなみに年金の請求をせずに年金を受けられるようになってから5年過ぎると、その分の年金が「時効」になってしまい受け取れなくなる場合があるので、早めに請求をしましょう。
 
年金請求書の提出から1〜2ヶ月ほどで「年金証書・年金決定通知書」が送られてきます。すぐに送られてくるわけではないので、余裕をもって待ちましょう。これが届いてからさらに1〜2ヶ月後に年金の支払いの案内が届き、年金の受け取りが始まります。
 
年金は原則、偶数月の15日に振り込まれます。15日が土曜、日曜あるいは祝日の場合は、その直前の平日となります。
 

なくしてしまったときの対処法

年金証書はしっかり保管しておくべきものですが、もし年金証書を紛失してしまった場合は再発行の申請をすることが可能です。記載ミスなど、証書に欠陥などがあった場合も再発行の必要があるので、慌てずに手続きを行いましょう。
 
再交付申請書を近くの年金事務所に提出することで再交付ができます。はがき様式の届書は年金事務所または年金相談センターの窓口に備え付けてあります。そのほかにも、ねんきんダイヤルに電話をして、再交付申請書を送ってもらう方法もあります。
 
また、日本年金機構の「年金証書再交付申請書」を印刷して記入し、年金事務所に送る形でも手続きを進められます。窓口での受け付けは緊急を要する場合のみの対応なので注意しましょう。また残念ながら、ねんきんネットからの年金証書再交付申請は受け付けていませんので、注意してください。
 

・汚してしまった場合

汚してしまった場合や破いてしまった場合も再交付は可能ですが、その場合は再交付申請書と一緒に汚れてしまった証書も提出しなければいけません。もう使えないからといって捨ててしまうなどはしないようにしましょう。捨ててしまった場合は、年金事務所に相談してください。
 

年金証書は大切に

年金証書は年金受給者の身分証ともいえるもので、さまざまな手続きに必要です。そもそもなくさないのが一番ですが、なくしてしまった場合は焦らず、しっかりと情報を得てから落ち着いて再交付の申請や年金事務所へ相談に行きましょう。
 
年金証書は大切なものなので、定期的に保管場所、保管状態の確認をすることを心がけ、紛失することを避ける必要があります。
 
出典
日本年金機構 老齢年金の請求手続き
日本年金機構 年金証書・年金額改定通知書・振込通知書の再交付を希望するとき
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

auじぶん銀行