更新日: 2023.06.30 その他年金

「ねんきん定期便」ってどこを見ればいいの? 見るべきポイントを解説

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

「ねんきん定期便」ってどこを見ればいいの? 見るべきポイントを解説
毎年誕生月に届く「ねんきん定期便」には、自分自身の年金情報が記載されています。しかし、どこに注目すればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、ねんきん定期便の見るべきポイントを解説します。あわせて、「もれ」や「誤り」があった場合、どうすればよいのかも紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ねんきん定期便の見るべきポイントとは?

ねんきん定期便は、毎年誕生月に年金制度の加入者に届きます。一口にねんきん定期便といっても、年齢によって送付形式や通知内容が異なるため、気をつけましょう。
 
50歳未満(35歳、45歳以外)のねんきん定期便はハガキで、「保険料納付額」「月別状況(直近13ヶ月)」「年金加入期間」「これまでの加入実績に応じた年金額」が記載されています。一方、50歳以上(59歳以外)のねんきん定期便はハガキで、「保険料納付額」「月別状況(直近13ヶ月)」「年金加入期間」「老齢年金の種類と見込額」が記載されています。
 
35歳、45歳、59歳のねんきん定期便の送付形状は封書です。ハガキよりも詳しい年金情報が記載されているのが特徴です。35歳、45歳のねんきん定期便は「保険料納付額」「年金加入期間」「これまでの加入実績に応じた年金額」「これまでの年金加入履歴」「月別状況(全期間)」が記載されています。
 
一方、59歳のねんきん定期便は「保険料納付額」「年金加入期間」「老齢年金の種類と見込額」「年金加入履歴」「月別状況(全期間)」が記載されています。
 
まず、見るべきなのが「年金加入期間」です。老齢年金を受け取るためには年金加入期間の合計と合算対象期間が120ヶ月以上なければなりません。条件を満たしているか、または満たせそうかを確認します。次に、ハガキの場合は「月別状況(直近13ヶ月)」、封書の場合は「年金加入履歴」を見て、「もれ」や「誤り」がないかを確認します。
 
最後に、50歳以上の場合、「老齢年金の種類と見込額」を見ましょう。見込み額には、60歳まで現在と変わらない年金加入条件を続けた場合、1年間でもらえる年金額が記されています。老後の生活を計画する上で参考にするとよいでしょう。
 

「もれ」や「誤り」を見つけた場合は?

ねんきん定期便に「もれ」や「誤り」があった場合は、最寄りの年金事務所に届けましょう。35歳、45歳、59歳の誕生日月に封書で届くねんきん定期便には「年金加入記録回答票」が同封されています。必要事項を記載して、同封の返信用封筒に入れポストに投函(とうかん)しましょう。
 
年金加入者から「もれ」や「誤り」の連絡が届くと、日本年金機構では年金加入記録の調査・確認を行います。調査・確認が終われば、年金加入記録に反映されます。ねんきん定期便には老後の生活を左右する年金情報が記載されているため、「もれ」や「誤り」をそのままにしておくと自分にとってマイナスです。必ず届けを出すようにしましょう。
 

ねんきん定期便の見るべきポイントは3つ

ねんきん定期便が届いたら、「年金加入期間」を見て、受給資格期間を確認します。次に、ハガキの場合は「月別状況(直近13ヶ月)」、封書の場合は「年金加入履歴」を見て、「もれ」や「誤り」がないかを確認します。最後に、50歳以上の場合、「老齢年金の種類と見込額」を見て、老後の生活設計をしてみてはいかがでしょうか。
 

出典

日本年金機構 大切なお知らせ、「ねんきん定期便」をお届けしています
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

ライターさん募集