更新日: 2023.09.19 その他年金

年金は何歳まで受け取れば「得」をする?「年収400万円」の会社員のケースで試算

年金は何歳まで受け取れば「得」をする?「年収400万円」の会社員のケースで試算
20歳を迎えると、日本に住む全ての人は国民年金に加入する義務があります。しかし、「年金の保険料を支払っても、元は取れないんでしょ?」と思っている人もいるかもしれません。
 
本記事では、年収400万円の会社員が生涯支払う保険料を説明したうえで、何歳まで生きれば払った保険料分の年金を受け取れるのかについて解説しています。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

会社員が加入する年金は「国民年金」と「厚生年金」

会社員が加入する年金は2つで、「国民年金」と「厚生年金」です。会社員の場合、給与から引かれる厚生年金保険料に国民年金も含まれます。そして、基本的には65歳以降に老齢基礎年金と老齢厚生年金を受け取れます。
 

年収400万円の会社員が支払う生涯の年金保険料

年金保険料は20歳から60歳まで支払わなくてはなりません。今回は、4年制大学に通った後に卒業、すぐに就職し、60歳まで働いた場合を想定していきます。なお計算を簡易にするため、年収は400万円(ボーナスなし)で60歳まで変動なし、支払う保険料や年金支給額などは令和5年度を基準にしています。
 
まず、20~22歳までの2年間は国民年金に加入します。国民年金の保険料は令和5年度では1ヶ月当たり1万6520円と決まっていますので、2年間(24月)では39万6480円です。
 
続いて、22~60歳までの会社員時代を見ていきます。会社員は厚生年金保険料(国民年金保険料含む)も支払う必要があります。厚生年金保険料は収入によって異なりますが、年収が400万円の場合に自身で負担する金額は毎月3万1110円です。
 
月々3万1110円の支払いを38年間(456月)続けると、支払う保険料の合計は1418万6160円です。22歳までに39万6480円、以降60歳までに1418万6160円支払いますので、生涯で1458万2640円負担することになります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

65歳以降に毎年受け取れる年金の金額

会社員は、65歳以降に老齢基礎年金と老齢厚生年金を受け取れます。老齢基礎年金は支払った期間に応じて支給されますが、今回のケースにおける年金額は満額の年間79万5000円です。
 
老齢厚生年金の受給額の大半は報酬比例部分と呼ばれるものですので、今回は報酬比例部分だけ見ていきます。報酬比例部分は加入期間と支払った保険料によって変わります。
 
具体的には、現役時代の収入によって設定される標準報酬月額の平均や加入期間に、所定の係数をかけて求められ、計算式としては次のとおりです。
 
報酬比例部分=平均標準報酬額×5.481÷1000×加入月数
 
今回の場合、標準報酬月額は34万円、加入月数は456月ですので、計算すると年額で84万9774円です。基礎年金と合わせると、164万4774円が毎年受け取れます。
 

年収400万円の会社員は74歳まで生きれば得をする!

60歳までに支払った保険料の総額である1458万2640円を、65歳以降毎年受け取れる年金額の164万4774円で割ると、8.86です。そのため、9年以上、つまり74歳よりも長生きできれば支払った保険料以上に年金を受け取れるということです。
 
厚生労働省が発表している令和4年度の平均寿命は、男性が81.05歳、女性が87.09歳です。平均寿命まで生きられれば、支払った保険料よりもかなり多くの年金を受け取れると言えるでしょう。
 

出典

日本年金機構 国民年金保険料
日本年金機構 令和2年9月分(10月納付分)からの厚生年金保険料額表(令和5年度版)
厚生労働省 令和4年簡易生命表の概況
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー