更新日: 2023.12.13 その他年金

子育ても落ち着いた40代主婦です。これからパートで働きますが、「月収10万円」だと年金はいくらもらえますか?

子育ても落ち着いた40代主婦です。これからパートで働きますが、「月収10万円」だと年金はいくらもらえますか?
子育てが一段落したあとに、新たにパートとして働き始める方もいらっしゃるでしょう。条件を満たしていれば、パートで働いていても社会保険料を支払うことで、将来受け取れる年金額が増えます。
 
将来受け取れる年金額を知っておくことは、老後の人生設計を考えるうえでも大切です。厚生年金の受給額は、働いていたときの収入によって金額が異なるため、注意しましょう。
 
今回は、40歳から月収10万円でパートとして働き始めた場合に、受け取れる年金額をご紹介します。パートとして働く方が、厚生年金の対象になる条件なども解説していますので、参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

パート勤務で厚生年金の対象になる条件

パートやアルバイト勤務をしている方が社会保険に加入するためには、条件があります。令和4年10月以降の条件は、表1の通りです。
 
表1

項目 条件
企業規模 被保険者数が101人以上
1週間の所定労働時間 20時間以上
見込みの雇用期間 2ヶ月以上
所定内賃金 月額8万8000円以上
学生か否か 学生ではない(休学中や夜間学校の学生は加入対象)

※日本年金機構「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大のご案内」を基に筆者作成
 
なお、令和6年10月からは、企業の被保険者数が51人以上にまで条件が拡大されます。パートとして働く方の多くが該当する可能性がありますので、確認しておきましょう。
 

受け取れる年金の金額はいくら?

今回は、以下の条件で受け取れる年金額を計算します。
 

・40歳からパート勤務を始める
・収入は月10万円
・賞与はなし
・40歳までは厚生年金に加入した経験がない
・国民年金は20歳から60歳まで欠かさず納めている

 
条件を基に、年金受給時まで納めていた年金が国民年金だけの場合と、厚生年金も納めた場合で金額を比較します。
 

国民年金のみだった場合

国民年金を欠かさず納めていると、老後は老齢基礎年金だけを受け取ることになります。給付開始は65歳からです。2023年度は、満額給付で月額6万6250円、年間で79万5000円受け取れることになります。
 

厚生年金が加わった場合

厚生年金は、収入を基に決められる標準報酬月額から算出されます。受け取れる年金額を求める式は、以下の通りです。
 
・平均標準報酬額×0.005481×加入期間の合計月数
 
平均標準報酬額は、標準報酬月額の総額と標準賞与の総額を足したあと、厚生年金の加入月数で割ると求められます。
 
今回は賞与がないため、標準報酬月額がそのまま平均標準報酬額となります。月収が10万円の場合、標準報酬月額は9万8000円です。
 
また、40歳から年金を受け取る65歳までの加入期間を月数にすると300ヶ月になります。計算式に当てはめると、厚生年金は年間約16万1141円受給できる計算です。国民年金も合わせると、年間約95万6141円が受け取れます。月額で約7万9678円です。
 

年金がいくら増えるのか簡単に計算しておこう

厚生年金に加入すると、老後に受け取れる年金額が増加します。ある程度金額を把握しておくと、老後に使用できる予算を計算しやすくなりますので、おすすめです。夫婦で年金を受け取る場合は、老後のためにお互いの受給できる金額を確認しておきましょう。
 

出典

日本年金機構 短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大のご案内
日本年金機構 令和5年4月分からの年金額等について
日本年金機構 老齢厚生年金の受給要件・支給開始時期・年金額
日本年金機構 は行 報酬比例部分
日本年金機構 厚生年金保険の保険料
日本年金機構 保険料額表(令和2年9月分~)(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)厚生年金保険料率令和5年度 一般・坑内員・船員の被保険者の方(令和5年度版)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集