更新日: 2024.01.30 国民年金

過去に年金の未納期間が合計5年あります。60歳以降に5年追加で保険料を納めて受給額を増やすことはできますか?

過去に年金の未納期間が合計5年あります。60歳以降に5年追加で保険料を納めて受給額を増やすことはできますか?
原則65歳から受け取ることができる年金は、老後の生活を助ける収入源の一つです。しかし、年金の予定額が少なく老後に不安を感じている人もいるのではないでしょうか。
 
そこで本記事では、過去に年金の未納期間が合計5年ある人を例にあげて、60歳以降に5年追加で保険料を納めて受給額を増やすことができるかを解説します。

【PR】SBIスマイルのリースバック

おすすめポイント

・自宅の売却後もそのまま住み続けられます
・まとまった資金を短期間で手に入れられます
・家の維持にかかるコスト・リスクが無くなります
・借り入れせずに資金を調達できます

FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

任意加入制度とは?

国民年金の場合、入っている期間が長ければ長いほど、もらえる年金額も増えます。そのため、年金額を増やそうと思った場合は加入期間を増やす必要があるでしょう。国民年金は、20~60歳未満まで加入できるため、最長で40年間加入することが可能です。
 
しかし、なかには経済的な都合などで、未加入期間がある人もいるのではないでしょうか。そのような人たちにとって、重宝する制度が「任意加入制度」です。任意加入制度では、受給資格を満たしていなかったり満額受給できなかったりする人が、60歳以降も年金制度に任意加入することができます。ただし、任意加入するためには、次の4つの条件をすべて満たすことが必要です。

●日本に住んでいる60歳以上65歳未満の人
●繰上げ支給を受給中ではない人
●20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の人
●厚生年金保険、共済組合等に加入していない人

なお、年金の受給は65歳からですが、繰上げ受給を選択すると60歳から年金を受け取ることが可能です。ただし、早めに年金を受け取ることができる分、本来受け取ることができる年金額よりも少なくなります。
 
これらの条件に加えて、次の2つに当てはまる人も年金制度に任意加入することができます。

●年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の人
●海外に居住する20歳以上65歳未満の日本人

年金の受給資格とは、保険料を納付した期間と保険料を免除された期間を合算して10年以上です。ちなみに、年金制度に任意加入している期間中は免除・納付猶予や学生納付特例の申請はできません。任意加入を希望する場合は、住んでいる地域の市区役所・町村役場の国民年金担当窓口または、近くの年金事務所で申し込みができます。
 
年金制度には、申出のあった月から加入でき、申出は60歳の誕生日の前日から行うことが可能です。ただし、任意加入は申出した月からとなり、さかのぼって加入することはできません。例えば、61歳0ヶ月で任意加入の申出をしたあとは、60歳0ヶ月~60歳11ヶ月までの年金保険料は納めることはできません。
 
手続きする際には、基礎年金番号通知書または年金手帳等の基礎年金番号が分かる書類と預(貯)金通帳および金融機関への届出印が必要になります。
 

【PR】SBIスマイルのリースバック

おすすめポイント

・自宅の売却後もそのまま住み続けられます
・売却金のお使いみちに制限がないので自由に使えます
・家の維持にかかるコスト・リスクが無くなります
・ご年齢や収入に制限がないので、どなたでもお申し込みいただけます

60歳以降に5年追加で保険料を納めて受給額を増やすことは可能

過去に年金の未納期間が合計5年分ある人の場合、60歳からでも年金制度に任意加入することが可能です。年金保険料を納める期間が延びた分、老後にもらえる年金を満額に近づけることができます。任意加制度へは、申出のあった月から加入することができますが、さかのぼっての加入はできないため、注意しましょう。
 

出典

日本年金機構 任意加入制度
厚生労働省 日本年金機構 知っておきたい年金のはなし
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー