更新日: 2024.03.18 その他年金

年金の「受給前」に母が急逝…これまで払ってきた分はどうなるの??

年金の「受給前」に母が急逝…これまで払ってきた分はどうなるの??
年金を受け取る前に本人が亡くなるケースもゼロではありません。もし本人が亡くなった場合、遺族は遺族年金や死亡一時金を受け取れる可能性があります。
 
ただし、遺族年金や死亡一時金の受給には既定の条件を満たしたうえで、請求書の提出が必要です。請求書を提出しないとどちらも受け取れないため、忘れないように手続きを行いましょう。
 
今回は、年金を受け取る前に本人が亡くなった場合に遺族が受け取れるお金や手続きなどについてご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

年金を支給される前に亡くなるとどうなる?

年金を支給される前に亡くなると、遺族は年金を受け取れるケースがあります。本人が亡くなった際に遺族が受け取れる可能性のある年金や給付金は、以下3種類です。
 

・遺族基礎年金
・遺族厚生年金
・死亡一時金

 

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、国民年金に加入中もしくは加入していた方が亡くなった際に受け取れる遺族年金です。日本年金機構「遺族基礎年金(受給要件・対象者・年金額)」を基に、亡くなった方(以下本人とします)の保険状態の条件をご紹介します。
 

・国民年金の被保険者である間に死亡したとき
・国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住所を有していたが死亡したとき
・老齢基礎年金の受給権者であった型が死亡したとき
・老齢基礎年金の受給資格を満たした方が死亡したとき

 
もし本人がこれらの条件を満たしていた場合は、子どものいる配偶者もしくは子どもが遺族基礎年金を受給可能です。子どものいる配偶者が受け取る場合、昭和31年4月1日以前生まれかどうかで金額が変動します。
 

・昭和31年4月2日以後生まれ:79万5000円と子の加算額
・昭和31年4月1日以前生まれ:79万2600円と子の加算額

 
また、子どもの金額は1人目、2人目、3人目以降で以下のように変動します。
 

・79万5000円+2人目以降の子の加算額を子の人数で割った金額
・1人目および2人目の子の加算額:各22万8700円
・3人目以降の子の加算額:各7万6200円

 

遺族厚生年金

次に、日本年金機構「遺族厚生年金(受給要件・対象者・年金額)」を基に、遺族厚生年金を受け取れる方の条件をご紹介します。
 

・厚生年金保険の被保険者である間に死亡したとき
・厚生年金の被保険者期間に初診日がある病気やけがが原因で初診日から5年以内に死亡したとき
・1級・2級の障害厚生(共済)年金受け取っている方が死亡したとき
・老齢厚生年金の受給権者であった方が死亡したとき
・老齢厚生年金の受給条件を満たした方が死亡したとき

 
また、遺族基礎年金よりも受け取れる対象遺族の範囲は広がります。受け取れる優先順位は以下の通りです。
 

1子どものいる配偶者
2子ども
3子どものいない配偶者
4両親
5孫
6祖父母

 
受け取れる金額は、本人の老齢厚生年金における報酬比例部分の4分の3にあたる金額です。ただし、受け取る遺族が配偶者かつ老齢厚生年金や退職共済年金の受給権を有する方の場合は、以下のうち高い金額が適用されます。
 

・亡くなった本人の老齢厚生年金における報酬比例部分の4分の3の金額
・亡くなった本人の老齢厚生年金における報酬比例部分の額の2分の1の額と遺族年金を受給する方の老齢厚生年金か退職共済年金における金額の2分の1の合計

 
なお、遺族年金における子どもとは18歳になった年度の3月31日まで、もしくは20歳未満で障害年金における障害等級1級か2級の状態にある方を指します。
 

死亡一時金

日本年金機構「死亡一時金」によると、死亡一時金とは、「死亡日の前日において第1号被保険者として保険料を納めた月数が36月以上ある方が、老齢基礎年金や障害基礎年金を受けないまま亡くなった場合に遺族へ支給される給付金」とされています。死亡一時金は本人と生計を同じくしていた方かつ以下の優先順位で受け取れます。
 

1配偶者
2子ども
3両親
4孫
5祖父母
6兄弟姉妹

 
なお、支給される金額は、本人が保険料を納付していた月数に応じて12万円から32万円の間で変動します。
 
なお、遺族基礎年金を受け取れる場合は、死亡一時金は受け取れません。さらに、死亡一時金は受け取る権利が発生してから2年以上経過すると時効が成立し、受け取れなくなるため注意しましょう。
 

本人が年金の支給前に亡くなったときの手続き

遺族年金や死亡一時金を支給されるには、自治体へ「年金請求書」もしくは「国民年金死亡一時金請求書」の提出が必要です。請求書とともに提出が必要な書類を表1にまとめました。
 
表1

遺族年金 死亡一時金
基礎年金番号通知書もしくは
年金手帳など基礎年金番号が分かる書類
亡くなった方の基礎年金番号通知書もしくは
年金手帳など基礎年金番号が分かる書類
請求者の収入が確認できる書類
(マイナンバーの記入で省略可能)
子どもの収入が確認できる書類
(マイナンバーの記入で省略可能)
市区町村長に提出した死亡診断書(死体検案書など)の
コピーもしくは死亡届の記載事項証明書

※日本年金機構の各ページを参考に筆者作成
 
また、遺族年金と死亡一時金に共通して必要な書類は以下の通りです。
 

・戸籍謄本(記載事項証明書)もしくは法定相続情報一覧図の写し
・世帯全員の住民票の写し(マイナンバーの記入で省略可能)
・亡くなった方の住民票の除票
・本人名義の受取先の金融機関の通帳など

 
状況によっては、ほかにも書類が必要となる可能性もあるため、自治体や年金事務所へ一度確認しておきましょう。
 

年金の支給前に家族が亡くなったときは手続きを忘れないようにしよう

年金を受け取る前に亡くなると、遺族は遺族年金か死亡一時金を受け取れます。亡くなった方との関係性や子どもの人数、亡くなった方が保険に加入していた期間などで金額は異なるので、注意しましょう。
 
また、遺族年金や死亡一時金は、ともに請求書の提出が必要です。手続きを忘れると受け取れないので、なるべく早く必要書類をそろえて提出しましょう。
 

出典

日本年金機構
 遺族基礎年金(受給要件・対象者・年金額)
 遺族厚生年金(受給要件・対象者・年金額)
 死亡一時金
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集