更新日: 2022.04.11 確定申告

節税に利用できる! 年金受給者が受けられる控除にはどんな種類がある?

節税に利用できる! 年金受給者が受けられる控除にはどんな種類がある?
年金受給者は、会社員と違って確定申告を行った方が、お得な場合が多いと聞いたことはありませんか?
 
一定の条件を満たす場合は申告を不要とする制度もありますが、医療費をはじめとした各種控除を活用するには、確定申告が必要です。
 
現役時代のように、もうお金のことにあくせくしたくないという人もいるかもしれません。しかし年金受給者でも、人によっては納税額がかなりの金額になるため、各種控除を活用した節税を考えることが大切です。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

収入の種類に応じた控除をフルに活用する

控除といっても、その種類はさまざまです。
 
雑所得として課税対象である国民年金や厚生年金、共済組合などの公的年金および企業年金などは、一定の公的年金等控除額を差し引いて所得金額を算出します。
 
問題は、それ以外の種類の所得がある場合です。
 
年金受給者がアルバイトをして、例えば年間30万円稼いだとすると、それは給与所得となるので、給与所得控除が適用され給与所得はゼロになります。この場合は申告するのが原則ですが、もしそのアルバイト料から源泉徴収税が引かれていれば、それは還付されるべき金額となります。申告することでメリットになるのです。
 
ほかにも、貸家を持っていて不動産収入がある場合、事業的規模なら青色申告控除、小規模でも白色申告控除が受けられます。帳簿の記録や申告方法などで控除額が違ってきますが、わずかの手間をかけることで控除が増えるなら、試してみる価値が大いにあります。
 
また、生命保険の一時金や年金の一時金の受け取りの際に適用される場合もある、一時所得の特別控除額(最高50万円)もあります。一時金の受け取りのタイミングと金額次第では、納税額が少なくて済みます。
 
ただし、ほかにも一時所得がある場合は、特別控除額を超えないよう注意する必要があります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

個人のいろいろな事情を反映する控除の内容はいろいろ

社会保険料控除

各種所得とは別に、個人が安心な生活を営むための費用が控除として認められます。
 
もっとも大事なのが社会保険料控除で、年金受給者では国民健康保険料控除、介護保険料控除が金額的にも大きくなります。
 

生命保険料控除、地震保険料控除

生命保険料控除もそれぞれの保険加入の状況に応じて利用できますし、自宅で地震保険に加入していればそれも控除の対象です。これらは現役時代と変わりません。
 

医療費控除

高齢化に伴って医療費負担が増えるのが一般的なので、医療費控除はより身近な存在になってくるでしょう。
 
加入している健康保険から、年間の医療費データが送付されるとそのまま申告に使えるなど、簡便化も進んでいますが、通院に掛かった交通費などは自分で記録して、漏れのないようにする必要があります。
 

そのほかの控除

個人によって変わってくる控除が寄附金控除です。
 
ふるさと納税がよく知られていますが、返戻品と合わせて考えるとメリットはあるものの、返戻品の額によっては、一時所得の課税対象となる場合があるので注意が必要です。
 
このほか、災害での損失をカバーする雑損控除は、忘れずに申告しましょう。非上場会社の配当を受け取る人は、配当控除という仕組みもあります。
 

改めて見直したい、家族に関係した控除

家族との関係では扶養控除、配偶者控除が浮かびます。本人分をカバーする基礎控除もあります。これらには老年の場合や障害者、あるいはひとり親など、その人が置かれた状況で金額が違ってきますが、これも正確に申告した方がよいでしょう。
 
見落としがちなのが、家族でまとめての申告が認められる控除です。
 
医療費控除は家族分をまとめ、最も収入の多い人が申告すれば、税額が軽減されます。生命保険料なども、例えば夫が妻や子の分の保険料を負担しているのなら、夫がまとめて申告するとよいでしょう。
 
学生の子どもの国民年金保険料を親が負担していれば、親の社会保険料控除の対象となります。
 

年金受給者が受けられる控除は意外にある

年金受給者でもアルバイトに精を出している人、不動産賃貸で収入を得ている人などさまざまです。
 
そう多くもない年金から源泉徴収されているから、確定申告をしなくてもよいと思っていると、意外に損をすることもあります。所得の種類ごとの控除の仕組みをしっかりと把握して、節税を心がけましょう。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部