更新日: 2023.06.13 その他税金

自動車税の支払いを忘れてしまいました…!どんなペナルティがありますか?

自動車税の支払いを忘れてしまいました…!どんなペナルティがありますか?
自動車を保有している人は、毎年、自動車税を支払う必要があります。毎年行うことですが、うっかり忘れてしまう方もいるのではないでしょうか。もし忘れてしまった場合には、どのようなペナルティーがあるのか、また、その対処法についても紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

そもそも自動車税とは?

自動車税とは、その年の4月1日時点で、自動車を持っている人に課せられる税金のことです。4月1日を起点として、翌年3月31日までの1年間が、課税の対象期間です。年度の途中で自動車を取得した場合は、月額で換算した金額を自動車税として納めます。
 

自動車税を支払う人とは

自動車税は、車検証に載っている所有者が、支払う必要があります。支払う税額は、自動車の排気量や年数などによって異なるため、自分でチェックしておきましょう。自動車税は都道府県に対して支払いますが、軽自動車の場合は軽自動車税という名前になり、納付先は市区町村です。
 

自動車税の支払い方法とは

毎年5月の初め頃に、都道府県税事務所、もしくは市区町村から税金の納税通知書が送られてきます。通知書の送付先は、車検証に記載されている住所です。
 
複数台を所有している場合は、1台ごとに通知書が送られてきます。通知書をもとに、期日までに決められた金額を納めると、納付完了です。
 
自動車税は、通知書が送られてきた自治体の税事務所、支所などの窓口で直接納付するほか、指定されている金融機関の窓口に、現金と通知書を持参することで支払うことができます。
 
近年では、コンビニエンスストア支払いや口座振替に加え、クレジットカードやスマートフォン決済アプリ、ペイジーなどのキャッシュレス決済を導入していて、納税に利用できる自治体も増えてきていますので、お住まいの自治体情報を確認してみましょう。
 

納付期限は?

自動車税の納付期限は原則、5月31日です。5月31日が土曜や日曜だった場合は、週明けが期限になります。また、自治体によっては、6月が期限のところもあります。
 

支払いを滞納した場合はどうなる?

自動車税の納付は、納税通知書が届いてから期日まで1ヶ月もありませんので、注意が必要です。支払いが間に合わなかった場合には、どうなるのでしょうか。
 

延滞金が発生する

自動車税の支払いが遅れてしまうと、期日の翌日から延滞金が課せられますので、注意しましょう。1ヶ月以内に支払えば、延滞金は年7.3%、1ヶ月を超えると、年14.6%が日割り計算で発生します。
 
自動車税の支払いを延滞してから3ヶ月経過すると、督促状が届き、それでも支払わずにいると、ほかの税金の滞納と同じく、財産が差し押さえられる可能性もあります。
 
また、納付期限を過ぎてしまうと、コンビニエンスストアでは支払えないなど、支払い方法が限定されることもデメリットです。
 

車検が通らない

自動車は2年に1回、車検を受けなければいけません。車検を通すためには、車のチェックだけではなく、自動車税を支払った証明書類が必要です。そのため、延滞があると、車検証が発行されず、車を走行させることができなくなります。
 

支払いが遅れたときの対処法とは?

気がついたら、自動車税の納付期日を過ぎてしまったとか、事情があって今は払えないといった場合でも、滞納しないように、早めの措置が必要です。
 

早めに相談をする

うっかり自動車税を延滞してしまっても、できるだけ速やかに納付するようにしましょう。支払うことが難しい場合には、納付先の窓口に相談することで、分割納付などの猶予が受けられる可能性があります。自動車税の場合は都道府県の納税事務所、軽自動車税は市区町村の税務担当の部署が窓口です。
 
まずは、支払うという意思を示すことが大切ですので、できるだけ早めに相談することをおすすめします。
 

自動車税の期日を覚えておこう

自治体によっても異なりますが、一般的な自動車税の納付期限は5月末です。通知書が来たら、期限を忘れないようにして、速やかに支払うように心がけましょう。
 
納付期限を過ぎると、延滞金が生じます。延滞金は、1ヶ月を超えるとより高くなり、さらに滞納が続くと、財産を差し押さえられる可能性もあることに注意しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

ライターさん募集