更新日: 2024.02.29 ふるさと納税

ふるさと納税で恩恵を受けられるのは年収いくらから?上限額も教えて!

ふるさと納税で恩恵を受けられるのは年収いくらから?上限額も教えて!
ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附をすると所得控除や税額控除となるだけでなく、肉や魚などの返礼品がもらえる制度です。しかし、年収によってはふるさと納税をしても恩恵が受けられないケースがあります。
 
そこで今回は、ふるさと納税で恩恵を受けられる年収の目安や、ふるさと納税の上限額などについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【PR】お得にふるさと納税するなら

【PR】ふるなび

ふるなび

おすすめポイント

・サービス利用でもらえる「ふるなびコイン」が魅力的!
「1コイン=約1円相当」でAmazonギフト券やPayPay残高等に交換で可能
・旅行体験型返礼品など、返礼品の種類が豊富!ふるなび独自の返礼品も!
・申し込みから決済までワンストップでできるので手続きも簡単

ふるさと納税の上限額とは?

ふるさと納税は、原則として寄附した金額から自己負担額の2000円を除いた全額が所得税および個人住民税から控除される仕組みです。
 
ただし、ふるさと納税の寄附金には上限があります。上限額を超えた金額を寄附した場合、超過分の控除は受けられません。なお、上限額は収入や家族構成によって異なります。ここでは、ふるさと納税を行う世帯主の給与収入が350万円の場合における上限額の目安を紹介します。


・独身または共働き……3万4000円
・夫婦(配偶者に収入がないケース)……2万6000円
・共働き+子ども1人(高校生)……2万6000円
・共働き+子ども1人(大学生)……2万2000円
・夫婦+子ども1人(高校生)……1万8000円
・共働き+子ども2人(大学生と高校生)……1万3000円
・夫婦+子ども2人(大学生と高校生)……5000円

また、ふるさと納税を行う人の家族構成が「共働き+子ども1人(高校生)」の場合における年収別の上限額の目安は、以下の通りです。


・給与収入300万円……1万9000円
・給与収入400万円……3万3000円
・給与収入500万円……4万9000円
・給与収入600万円……6万9000円
・給与収入700万円……8万6000円

恩恵を受けられる年収の目安は?

恩恵が受けられる年収がどのくらいになるかの目安を、年収150万円と160万円を比較して確認してみましょう。
 

・独身者で給与収入が150万円の場合

ふるさと納税の上限額の目安は、6000円になります。返礼品は、寄附金の3割相当の1800円(6000円×3割)で自己負担額2000円よりも少なくなるため、恩恵が受けられている状況とはいえません。
 

・独身者で給与収入が160万円の場合

ふるさと納税の上限額の目安は、8000円です。返礼品は、寄附金の3割相当の2400円(8000円×3割)で自己負担額の2000円よりも400円多くなるため、恩恵が受けられているといえます。
 
ここでの恩恵が受けられる年収の目安は、あくまでも独身者の場合です。ふるさと納税の上限額は、家族構成(扶養の有無)などによっても大きく変わってくるため、参考までにとどめておきましょう。
 

ふるさと納税で起こりうるデメリットとは?

ふるさと納税の上限を超えて寄附した場合、超えた額は控除の対象外となります。例えば、給与収入350万円の独身者の場合、ふるさと納税の目安となる上限額は3万4000円です。
 
そのため、3万4000円を超えて寄附した場合、超過分は単に寄附しただけとなります。このようなことにならないためには、自分の上限額をしっかりと把握しておきましょう。
 
総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」では、収入や家族構成ごとの上限の目安が記載されています。また、ふるさと納税の仲介業者のサイトなどでは控除上限額をシミュレーションできるページがあるため、自分の上限額の目安を確認することも可能です。
 

【PR】お得にふるさと納税するなら

【PR】ふるなび

ふるなび

おすすめポイント

・サービス利用でもらえる「ふるなびコイン」が魅力的!
「1コイン=約1円相当」でAmazonギフト券やPayPay残高等に交換で可能
・旅行体験型返礼品など、返礼品の種類が豊富!ふるなび独自の返礼品も!
・申し込みから決済までワンストップでできるので手続きも簡単

独身者の場合にお得になる年収の目安は160万円以上

ふるさと納税では、原則寄附した金額から自己負担額の2000円を除いた金額が、所得税および個人住民税から控除されます。ただし、ふるさと納税の寄附金には上限があるため、注意しましょう。
 
例えば、独身者で給与収入160万円の場合における控除上限額の目安は8000円です。返礼品は寄附金の3割相当のため、2400円(8000円×3割円)となり、自己負担額2000円を上回ることから、恩恵が受けられる最低限の年収の目安といえるでしょう。
 
ただし、ふるさと納税の上限額は家族構成によって大きく変わるため、正確に知りたい場合は自治体に相談したりシミュレーションを活用したりすることが大切です。
 

出典

総務省 ふるさと納税ポータルサイト ふるさと納税のしくみ
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集