更新日: 2021.09.08 資産運用

上昇相場の途中で現れる、左上が直角になる三角持ち合いは、その後、力強い上昇が続く?

執筆者 : 重定賢治

上昇相場の途中で現れる、左上が直角になる三角持ち合いは、その後、力強い上昇が続く?
これまで典型的な「三角持ち合い」のパターンについて解説してきましたが、今回からは三角形が直角三角形になる場合の三角持ち合いパターンについて見ていきたいと思います。
 
そして、これまでと同じく、それらがチャートのどの地点で現れやすいかについて併せて確認していきましょう。
 
重定賢治

執筆者:

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

重定賢治

執筆者:

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

左上が直角になる三角持ち合いのパターンとは

下の図は、左上が直角になっている三角持ち合いパターンです。三角持ち合いであるため、基本的な考え方は典型的な三角持ち合いパターンと同じです。
 
ただ異なるのは、上値が比較的横一線で並んでいるため、赤色で示している上値抵抗線(レジスタンスライン)がかなり分厚い壁になっている点です。
 

※筆者作成
 
裏を返せば、強力な上値抵抗線(レジスタンスライン)を抜けると、勢いよく上昇していく可能性が高いことも示唆しています。上昇相場がいったん天井を着け、その後、2回、3回とこの水準を試す行動に出ているため、投資家心理としては強気を維持しています。
 
ただ、もみ合い相場であるため、天井ラインから跳ね返され、挫折しながらではありますが、心は折れていないという状況です。そして、上値抵抗線(レジスタンスライン)を突破すると、溜め込んでいた売買エネルギーが一気に爆発し、上昇していきやすくなります。
 

左上が直角になる三角持ち合いはどのタイミングで現れやすいか

それでは、この左上が直角になっている三角持ち合いパターンは、チャートのどこに現れやすいといえるか確認していきます。
 

※筆者作成
 
結論をいうと、「エリオット波動理論」でいうところの「第II波」と「第IV波」に、この三角持ち合いパターンが現れやすいといえます。
 
つまり、第II波と第IV波はともに調整波動であるため、ここで三角持ち合いが生まれやすくなるという意味です。
 

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

まとめ

左上が直角になる三角持ち合いのパターンは、これまでお伝えしてきた典型的な三角持ち合いパターンと出現ポイントは同じになります。違うのは、上値抵抗線(レジスタンスライン)を突破した後の上昇が非常に強力になるという点です。
 
次回は、左上が直角になる三角持ち合いが失敗する場合、どの波で現れやすいかについて見ていきたいと思います。
 
執筆者:重定賢治
ファイナンシャル・プランナー(CFP)