更新日: 2021.08.10 資産運用

国が唱えている「貯蓄から投資」だけど、知識がない状態は注意!

国が唱えている「貯蓄から投資」だけど、知識がない状態は注意!
「貯蓄から投資へ」国が主導して、投資へのお金の誘導を進めています。しかし、しっかり知識を持って投資を行わないと、利益を得られないばかりか元本を大きく損失し、市場から退場という形で終わることになりかねません。
 
今回は「債券」に分類されているものの、実はさまざまなリスクが組み込まれた「仕組み債」の中にある「デジタルクーポン債」について取り上げます。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

リロケーションの一括相談サイト【イエカレ】

おすすめポイント

・あなたの大切な家を一番高く貸せる企業をご紹介
・イエカレであなたの家の賃料を徹底比較!
・あなたに最適な不動産会社が見つかる!

債券とは?

債券とは、国・地方公共団体、会社などが資金を調達する際に、元本の返済や利子の支払いなどの条件を明確にして発行する、有価証券のことです。購入者は、利子を定期的に受け取り、期日まで保有すれば額面金額が償還されます。
 
満期になれば額面金額が支払われ、かつ保有期間中は利息が得られるため、ある意味では定期預金に近い性質も持っています。また、国債であれば取引市場があるため、中途での売却も可能です。このような流動性も備えています。
 

不動産管理会社への一括相談サイト【イエカレ】

おすすめポイント

・複数の管理会社への一括相談で管理プランを徹底比較
・オーナー様におすすめの管理会社を簡単ご登録で紹介
・相談無料で複数の管理プランを一括比較

仕組み債とは?

今回取り上げる仕組み債は、債券のような性質を根底に備え、提示される金利は高いという、一見とても魅力的な商品です。ですが、注意すべき点は金利が高くなる「仕組み」です。
 
その「仕組み」は、デリバティブと呼ばれる複雑な条件を付加しており、シンプルではありません。金利が高い代わりに、株価や為替などの指数に連動して満期の金額が変動したり、早期に償還されるといったデメリットも兼ね備えています。
 
加えて、「国債」ではなく「社債」であることがほとんどで、会社が倒産する可能性、つまりデフォルトリスクがあります。また、取引市場が基本的にはないため、中途売却はほぼできず、仕組みが購入者に不利に働いた場合は、損失を出す可能性がある点にも注意が必要です。
 

デジタルクーポン債とは?

デジタルクーポン債とは、簡単に言うと、条件によって金利が高いものと、低いもののどちらかが適用される仕組み債の一つです。名前の通り『デジタル=0か1(高い、低い)クーポン=金利』の債券ということです。
 
実際に販売されるデジタルクーポン債は、「〇〇社 2019年1月31日満期 早期償還条項・ノックイン条項付 △△指数連動 円建デジタルクーポン社債」というような名前が付けられているため、一目で分かります。
 
債券でありながら、株価などの指数に連動するため、さまざまな結末を迎えます。
 
仮に、「当初価格100万円、償還金額100万円、早期償還価格105万円、利率判定価格85万円、ノックイン価格75万円」「利率(年利)当初3ヶ月6%、以後判定価格以上の場合6%、未満の場合0.1%」という条件設定をしてみます。
 

 
1早期償還価格に到達
 図のAのように、早期償還価格に指数が到達した場合は、債券の償還金額(100万円)と、その期間の金利(1.5%が2回)が強制的に支払われ、それ以降は債券が消滅します。
 
2ノックイン価格にも利率判定価格にも抵触しない
 図のBの値動きの場合は、最も購入者に利益が大きくなります。満期時には償還金額(100万円)が戻り、それまでの利払いは高金利(1.5%が5回)を受け取ることができます。
 
3ノックイン価格は抵触せず、利率判定価格を下回る
 図のCの値動きの場合の満期時は、償還金額(100万円)ですが、初回と判定価格を上回った判定日を除き、低金利が適用されるため受け取れる利息が極めて少ないという結果(図の例では1.5%が2回、0.025%が5回)となります。
 
4ノックイン価格に抵触、価格が復活しない
 図のDの値動きの場合は、大きく損失を出す可能性があります。償還金額が指数に連動するため、当初価格との差が損失となります(図の例では75万円以下)。また、利率判定価格も下回っている場合がほとんどになるため、受取利息も少なくダブルパンチという状況になります。
 

不動産売却の一括相談サイト【イエカレ】

おすすめポイント

・あなたの不動産を最高価格で売るならイエカレ
・会社によっては売却値が大幅に変わる可能性もございます。
・あなたの不動産を査定出来る企業を簡単登録でご紹介

旨い話には裏がある。

投資の世界は知識が必要です。仕組み債も上手く使えば、償還金額を保持しつつ高金利を享受できる可能性はあります。
 
その反面、さまざまな条件が重なると損失することもあり得ます。勧められたから買うのではなく、自分なりに理解して、デメリットを受け入れられるかどうかをしっかりと考えてから購入しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部