更新日: 2021.07.02 借入

急な出費に対応するには? 出費の例と急な出費への備え方も解説

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

普段から貯金をしていても、急な出費に対応できず悩んでしまう人は少なくありません。冠婚葬祭や病気、結婚や出産など大きな出費が突然求められるシーンはたくさんあります。そのため、今後生活を続けていく上で、お金の計画を立てておくことは非常に重要でしょう。
 
この記事では、急な出費が必要になる理由とすぐに現金を用意する方法、日頃から急な出費に備えておくポイントなどをまとめて解説します。
 

急な出費でお金が必要になる理由とは?

「急な出費でお金が足りない!」といった悩みは誰しも抱えるものです。しかし、持っている現金を集めても必要な額に届かず、どうしようか困り果ててしまうという状況は精神的にも大きな負担になりかねません。
 
具体的には、以下のようなシーンで急にお金が必要になることが考えられます。
 

●病気になって入院した
●突然けがをした
●ペットが病気になった
●親が病気になった
●親族が亡くなった
●友人・知人・親族が結婚した
●家電が故障して買い替えが必要になった
●家の修理が必要になった
●引っ越しをすることになった
●家を購入した
●賃貸契約の更新時期になった
●自分が結婚することになった
●子どもが生まれた

 
連続してお金が必要になると、貯金が足りず困ってしまうことも少なくありません。急な出費のシーンをあらかじめ把握して、計画的に貯金をしておきましょう。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

急な出費に対応する方法6選

ある程度計画して普段から貯金をしてきた人でも、急な出費に対応できず悩むケースは多いものです。そこで、急に現金が必要になったときに実践できる対処法を以下の通り解説します。
 

●家族や友人にお金を借りる
●日払いのアルバイトをする
●給料を前借りする
●不用品を売却する
●キャッシングを利用する
●カードローンを利用する

 
浪費癖のない人でも、急な出費が発生することはあります。お金が足りなくても落ち込まず、短期間で現金が入手できる方法を早めに試してみてください。
 

家族や友人にお金を借りる

周りに親しい家族や友人がいれば、少しの間だけお金を借りて急な出費をしのぐのがよいでしょう。近くに住んでいる人や、すぐに連絡がつく人であれば、即日お金を手に入れることもできます。
 
ただし、家族や友人同士でお金を貸し借りすると仲が険悪になり、不誠実な態度を取れば、信用を失う可能性があります。家族や友人からお金を借りる場合はごく少額にとどめるか、必ず返せるよう慎重に計画を立てましょう。
 

即日払いのアルバイトをする

すぐ給与がもらえる即日払いのアルバイトなら、働いた当日にお金をもらうことも可能です。短期間のアルバイトなので多額のお金を稼ぐことはできませんが、1日で1万円程度もらえる仕事もあるので少しお金が足りないというときに向いているでしょう。
 
単発のアルバイトには、日払い、即日払い、週払いのものがあります。この中で最もスピードが早いのは、働いた日に給与がもらえる即日払いです。また、現金手渡しの仕事であれば銀行に行く手間もかからず、すぐ支払いに使えるので即日払い、かつ現金手渡しのアルバイトを探しましょう。
 

給料を前借りする

長期的に同じ仕事に就いている場合、職場の人からの信頼があるため急な出費があるときは給料の前借りができる可能性があります。すでに前借りの前例があれば認められやすいので、一度上司に相談してみるとよいでしょう。
 
ただし、給与の前借りを断られる可能性もあります。また、給料を前借りしてしまうと翌月の暮らしに困るケースもあるので、きちんとした資金計画を立ててから前借りの相談を慎重に行うことが大切です。
 

不用品を売却する

家にあるブランド品や車、不用品を売却することでお金を手に入れることもできます。昨今はリサイクルショップだけでなく、フリマアプリなどでおもちゃやノーブランドの洋服、本などさまざまなアイテムを売ることが可能です。
 
すぐに売却できない場合は現金を得られるまで時間がかかってしまいますが、売れそうなものを持っている場合は検討してみてください。
 
また、確実に値がつくブランド品や貴金属を持っている場合、質屋に行くのもおすすめです。質屋では、貴重品を預ける代わりにお金を借りられます。もし返済できなかった場合は預けた品物が売却されるだけなので、負担は少ないでしょう。
 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

キャッシング枠があるクレジットカードを持っていれば、銀行やコンビニATMですぐに現金を借りられます。キャッシングは気軽に使えますが借金の1つなので、返済できる範囲で利用することが大切です。
 
ただし、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の一部です。キャッシングを使えば使うほどショッピングで利用できる金額が減るので、クレジットカードで今後買いたいものがある場合は注意が必要になります。
 

カードローンを利用する

借り入れ専用のカードローンでお金を借りるのも、急な出費に対応する方法の1つです。限度額内ならすぐに現金を借りられるため、即日お金が欲しいときにおすすめです。
 
ただし、カードローンの利用には審査が必要です。これまでカードローンを利用したことがない人の場合、審査に時間がかかり借り入れが翌日以降になる可能性もあるので、早めに申し込みをしましょう。
 

急な出費に普段から備えておく方法

無駄遣いをしている訳ではなくても、急な出費は発生します。そのため、普段から急な出費に備えておくことが大切です。
 
急な出費に備える方法には以下のような方法があります。
 

●貯金をしておく
●急な出費用の口座を作っておく
●ローンカードを持っておく
●キャッシングできるカードを持っておく
●急な出費を予想する

 
突然の出費に対応するのは難しいですが、普段からできることはしておきましょう。
 

貯金をしておく

急な出費に備えるには、やはり貯金が重要です。普段から多めに貯金をしておけば、突然の出費が重なったときにも対応しやすいので安心でしょう。
 
一人暮らしの新社会人の場合、手取りの10%を貯金するのが目安だとされています。何歳までに何円貯める、と目標を決めて少しずつ貯金を始めましょう。
 

急な出費用の口座を作っておく

貯金をしてもすぐ使ってしまう、という人はあらかじめ急な出費用の口座を作っておき、そこに貯金をするとよいでしょう。普段使わない口座にお金を入れておけば、引き出すハードルが高くなり簡単に浪費できなくなります。
 
また、現在は、振り込まれた給与の一部を払い戻し、自動的に貯金をしてくれるサービスもあります。新しく口座を作るのが面倒、という人は利用している金融機関のサービスをチェックしてみましょう。
 

ローンカードを持っておく

ローンカードを持っていれば、ATMなどですぐに現金を借りられます。貯金する余裕がない場合は、あらかじめカードローンに申し込んでおくのがおすすめです。
 
審査に通過してローンカードを持っておけば、いざというときすぐにお金を引き出せます。
 

キャッシングできるクレジットカードを持っておく

キャッシング機能のあるクレジットカードでも、すぐにお金を借りられます。
 
利息はカードローンと比べて高い傾向にありますが、借り入れ専用のサービスに申し込むことに抵抗がある人は、キャッシング枠の多いクレジットカードを準備しておきましょう。
 

急な出費を予想する

急な出費を完全に予想するのは困難ですが、ライフイベントの中で必要そうな出費はあらかじめ計画しておくと安心です。
 
例えば、結婚、出産、引っ越しにかかるお金は事前にある程度予測できるので、まとまった額を貯金しておくのがおすすめです。
 
他にも、家賃の更新料や家電の買い替え費用、旅行代金など今後必ず発生する出費は一人暮らしの人にもあるので、必要な額を整理して貯金をスタートしておきましょう。
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短即日融資

 

急な出費にはあらかじめ備えておこう

計画的にお金を貯めている人でも、急な出費でお金が必要になるシーンは少なくありません。特に、複数の出費が偶然重なってしまった場合はお金が足りず、困ってしまう可能性もあるでしょう。
 
そのようなトラブルを防ぐため、急な出費に対しても、できる限りあらかじめ対処しておくことが大切です。どうしても今持っているお金を使い切ってしまう人は別の口座を用意したり、自動で給与の一部が貯金されたりするシステムを利用するのがおすすめです。
 
いざというときに困らないよう、あらかじめ備えておきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット