公開日: 2020.06.22 キャリア

40代女性が転職面接・服装で失敗しないためのポイントとは?

40代女性として、転職面接にどのような服装で行けば良いか分からず悩んでいる方は少なくありません。
 
この記事では、40代の女性が転職面接を受けるときに適した服装やアクセサリー、持ち物の選び方などを解説します。
 
転職面接の際の注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてください。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
岡澤和良

監修:

監修:岡澤和良(おかざわ かずよし)

国家資格キャリアコンサルタント

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号 17012232)
JCDA認定CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)(会員番号 CDA148399)
ジョブ・カード作成アドバイザー(登録番号 n17-00147)
宅地建物取引士(登録番号 上川第1034号)
二級ファイナンシャルプランニング技能士(登録番号 F20210228896)
 
・「履歴書・職務経歴書の書き方教室」を通じて、ミドル・シニアの方々の「売り(強み)」を再発見し言葉にします
 
・定年を向える(定年後の)方々の「キャリアの棚卸し」を行い、自身の
「Will(やりたいこと)・Can(出来ること)・Must(期待されていること)」を見える化し充実したセカンドキャリアを応援します。
 
ホームページ https://okmirai.jimdofree.com/

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
岡澤和良

執筆者:

監修:岡澤和良(おかざわ かずよし)

国家資格キャリアコンサルタント

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号 17012232)
JCDA認定CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)(会員番号 CDA148399)
ジョブ・カード作成アドバイザー(登録番号 n17-00147)
宅地建物取引士(登録番号 上川第1034号)
二級ファイナンシャルプランニング技能士(登録番号 F20210228896)
 
・「履歴書・職務経歴書の書き方教室」を通じて、ミドル・シニアの方々の「売り(強み)」を再発見し言葉にします
 
・定年を向える(定年後の)方々の「キャリアの棚卸し」を行い、自身の
「Will(やりたいこと)・Can(出来ること)・Must(期待されていること)」を見える化し充実したセカンドキャリアを応援します。
 
ホームページ https://okmirai.jimdofree.com/

詳細はこちら

40代女性が転職面接を受けるときの服装とは?

40代女性が転職面接を受けるときの服選びで最も重要なのが、面接担当者が会った瞬間に感じられる清潔感です。
 
どのような服装が面接時に適切であるかは、転職先企業の雰囲気などによって異なることがありますが、社会人として仕事を任せても大丈夫と思われる清潔感は欠かせません。
 
例えば、転職面接前に「ビジネスカジュアルでお越しください」と書いてあっても、短いスカートやラフなニットでは清潔感が損なわれてしまいます。
 
私服やオフィスカジュアルが指定されている場合でも、上司や取引先の人と会うときのようなきっちり感を心がけましょう。
 

基本は上下そろったスーツであればOK

40代女性というと、転職市場ではかなりベテランに入るため多少カジュアルな服でも良いと考える方は多いです。
 
しかし、40代女性であっても、転職面接の基本はそろいのスーツです。
 
できれば上下そろっているものが好ましいですが、どうしても用意できないという場合はジャケットに長めのスカートかパンツをはいて清潔感を出しましょう。
 

40代女性が転職面接時の服装で気をつけるべきポイント

必ずビジネス用ジャケットを着用する

最近では、転職面接でオフィスカジュアルや私服が指定されているケースも多いです。
 
しかし、カジュアルよりの服装を指定されているときでも、必ずジャケットは着用しましょう。
 
オフィスカジュアルなら、丸襟の無地ジャケットなどでビジネス感を出しつつ、少しカジュアルな雰囲気を演出するのもおすすめです。
 
また、私服の場合でも必ず襟付きのジャケットを着用することを心がけ、服装面で問題がないか友人や家族にチェックしてもらうと良いでしょう。
 

アクセサリー・メイクは控えめを心がける

40代女性の場合、顔周りを華やかに見せるため、アクセサリーやメイクを派手にしがちな方も少なくありません。
 
しかし、転職面接では、色味を控えて清潔感のあるものを選びましょう。
 
例えば、イヤリングも大ぶりで色付きのものではなく、小さくてシンプルなシルバー、もしくは一粒ダイヤといったものが適しています。
 
また、転職面接では色味の強い、派手なメイクはNGです。
 
顔色が悪く見えるのではと不安な場合はベースメイクに力を入れ、アイシャドウ、リップはベージュやブラウン、ピンクなど控えめな色にしましょう。
 

靴やかばんは黒など落ち着いた色を基本にする

40代女性の転職面接では、服装やメイク、アクセサリーに合わせて靴やかばんも落ち着いた色を選びましょう。
 
転職面接で良いとされる色は、黒やグレー、もしくは深いネイビーなど華美な印象を与えない色となっています。
 
また、靴やかばんが目立ってしまわないよう、なるべく無地のものを選ぶのが無難です。
 
普段は華やかなかばんや靴を愛用しているという方も多い40代女性ですが、転職面接では個性よりも落ち着きを重視しましょう。
 

40代女性が転職面接で失敗しないために

40代女性が服装以上に注意すべきなのが、転職面接時の立ち振る舞いです。
 
社会人としてのブランクが大きい場合、うっかりスカート姿で足を開いたり、あくびをしたりして面接担当者からマイナスの評価を受ける可能性もあります。
 
まず着座したときには必ず足を閉じ、背筋を伸ばしておくことを意識し、待ち時間の行動にも気を配りましょう。
 

身だしなみだけでなく言葉遣いやビジネスマナーも見られていることをも意識する

ビジネスパーソンとしての言葉遣いやマナーが悪いと、どれだけ面接で良いことを言ってもマイナスの評価につながってしまいます。
 
社会人としてのブランクが長い方は就職対策の本などを読み、事前に社会人としての基本的な言葉遣いやマナーをおさらいしておきましょう。
 
特に話し始める際、「その」「あ〜」「えっと」と内容と関係ない口癖が入ってしまう方は注意が必要です。
 
面接前に一度自分の受け答えを録音し、無駄な言葉が入っていないかチェックしましょう。
 

まとめ

40代女性の転職面接では、服装次第で面接官に悪い印象を与えてしまうこともあるので基本は上下そろったスーツで清潔感を出すことが大切です。
 
メイクやアクセサリー、かばんなども落ち着いた色味のものを選び、柄入りのものや色合いが派手なものは避けてください。
 
服装で減点されてしまわないよう、いつも以上に服装や立ち振る舞いには気を配り、社会人らしい姿で面接に臨みましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:岡澤和良
国家資格キャリアコンサルタント

関連記事

転職におすすめの方法は転職サイトと転職エージェントの併用
転職に成功する自己PRの書き方は?3つのステップを紹介
転職に良い時期は?おすすめの季節やタイミングを紹介
 



▲PAGETOP