更新日: 2024.01.16 融資

アサックスの事業者向け不動産担保ローンとは? 特徴や評判・口コミを紹介[PR]

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

アサックスの事業者向け不動産担保ローンとは? 特徴や評判・口コミを紹介
不動産を担保とするローンをお探しですか?
 
「アサックス」が提供する「不動産担保ローン」は、最短即日の簡易審査や最短3日でのスピード融資が魅力です。低金利で、さまざまな用途に対応した融資プランを提供しています。不動産を活用して資金を調達したい事業者の方に最適な選択肢と言えるでしょう。
 
アサックスは、迅速かつ柔軟なサービスで、お客様のニーズに合わせた融資ソリューションを提供します。この記事では、アサックスの不動産担保ローンの特徴やおすすめのユーザーについて詳しく紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

アサックスの不動産担保ローンとは

アサックスは、不動産を担保としたローンサービスを提供しています。これらのローンは、事業者や個人が不動産を活用して資金を調達する際に利用されます。アサックスの不動産担保ローンは、迅速な審査プロセスと低金利の提供を特長としており、多様な資金需要に対応しています。
 

アサックスの企業概要

アサックスは1969年に設立された金融業界のリーダーであり、特に不動産担保ローンを専門としています。
 
その経営理念は、顧客の多様な資金ニーズに応えることに重点を置いており、特に低い貸倒率を誇ることで知られています。これは、同社が独自のノウハウを持ち、ミドルリスク・ミドルリターンのビジネスモデルを堅実に実践している結果と言えます。また、2012年からは他の金融機関との提携を通じて、不動産担保融資の信用保証事業へも事業を拡大しています。
 

アサックスの不動産担保ローンの特徴

アサックスの不動産担保ローンは、その速さと柔軟性において特筆すべき点があります。簡易審査は1日で完了し、正式申込後最短3日で融資が実行される体制が整っています。また、担保不動産に抵当権設定登記を行った上で、融資を実行するプロセスも確立しています。これにより、事業者は迅速に資金を調達することができます。
 
さらに、アサックスは不動産担保ローンの融資額を300万円から10億円まで、年利率1.95%から6.90%で提供しており、多様なケースの不動産にも対応しています。アサックスは東京証券取引所スタンダード市場に上場しており、2014年以降、東京都内に複数の支店を開設しています。これにより、首都圏を中心にサービスを拡大し、顧客へのアクセスを容易にしています。
 

不動産担保ローンの基本的な仕組み

不動産担保ローンは、顧客が所有する不動産を担保として資金を借りる金融サービスです。
 
このローンの大きな特徴は、利用目的に制限がないことです。つまり、個人や事業者は事業資金、購入資金、リフォーム資金など、さまざまな目的で資金を調達できます。アサックスの不動産担保ローンは、特にこの柔軟性において優れています。
 

アサックスの不動産担保ローンのメリット

アサックスの不動産担保ローンは、多くのメリットを提供しています。低金利、迅速な融資プロセス、自由な資金使途、多様な担保物件への対応、柔軟な返済プランの選択肢などがその主な特徴です。
 

メリット1. 低金利での融資提供

アサックスの不動産担保ローンにおける「低金利での融資提供」は、顧客にとって大きな利点です。
 
あくまで相場ですが、銀行系で1~9%などの金利やノンバンク系だと高くて15%前後での金利で不動産担保ローンがある中、アサックスは固定金利で、1.95%~6.90%の競争力のある低い金利帯を提供しています。この低金利は、顧客が金利変動リスクや返済金額の変動リスクを負わずに済むため、安心して利用できます。
 
金利の決定には、借り手の信用力や不動産の評価額、担保掛目、担保順位などが影響します。
 
特に、不動産評価額が高く、担保掛目が低いほど、低金利での融資が可能になる傾向があります。また、担保順位が高いほど、金融機関にとってリスクが低いため、より有利な金利での融資が見込めます
 

メリット2. 迅速な融資プロセス

アサックスの不動産担保ローンの融資プロセスは、顧客にとって重要なメリットの一つです。
 
このプロセスは、正式なお申し込みから最短3営業日での融資実行を可能にしており、簡易審査は最短1日で完了します。これにより、「急ぎの資金ニーズに素早く対応できる点」が大きな強みです。
 
融資プロセスは、初めに担保不動産の調査と与信調査を行い、返済能力を確認します。これには、担保物件の価値評価と返済能力のチェックが含まれます。その後、審査に基づき融資条件を提示し、契約書を作成します。最終的には、お客様の指定口座に融資金を振り込む形で融資が実行されます。
 
このスピーディーなプロセスは、急ぎの資金調達が必要な事業者や個人にとって大きな利点です。
 

メリット3. 自由な資金使途と多様な担保物件の対応

アサックスの不動産担保ローンは、顧客の多様な資金ニーズに対応するための自由度の高い資金使途と、幅広い種類の不動産を担保にすることが可能な点で特筆されます。このローンは、納税資金、事業資金、リフォーム資金、介護や教育資金、投資用不動産の購入資金、相続の代償金など、様々な目的での資金調達に利用できます。
 
また、一般的な住宅から商業用不動産、投資用不動産まで、多くの不動産タイプを担保にできるため、顧客の個別のニーズに柔軟に対応することが可能です。さらに、底地や借地権付建物、共有持分など、他の金融機関では対応が難しいケースでもアサックスでは対応しています。
 
このように、アサックスは多様な資金ニーズに応じて、柔軟かつ広範なサービスを提供しており、顧客が「さまざまな不動産」を活用して資金を調達できるようになっています。
 

メリット4. 柔軟な返済プランの選択肢

アサックスの不動産担保ローンでは、顧客のニーズに合わせた柔軟な返済プランが提供されています。主な特長は次のとおりです。
 

特徴1.長期返済が可能

アサックスでは、耐用年数や年齢による期間の縛りがないため、長期ローンを提案することができます。これにより、月々の返済金額を軽減し、キャッシュフローに基づいた返済計画を立てやすくなります。また、お利息のみの支払いも可能です。
 

特徴2.繰上げ返済が自由にできる

毎月、当初の融資金額の1割までは手数料がかからず繰上げ返済ができます。余裕がある月に繰上げ返済を行うことで、支払総額の圧縮や返済期間の短縮が可能です。
 

特徴3.契約期間中でも返済金額の見直しが可能

借入元金が減少した際には、契約期間中でも毎月の返済金額を見直すことができます。
 

特徴4.返済中でも追加の融資が可能

返済中であっても、融資枠や返済能力の範囲内で追加の融資を受けることができます。追加融資後も毎月の返済金額は据え置きとなる場合もあります。
 
これらの特長により、アサックスは顧客の個別の状況に合わせた柔軟な返済オプションを提供しています。
 

メリット5. 専属担当がつく

アサックスの事業者向け不動産担保ローンでは「専属担当」がつくことが特徴です。
 
経験豊富な担当者が顧客に対し専属で担当をしてくれることで、顧客のローンに対する不安や問題点を解決してくれます。資金繰りはもちろんのこと、税金のことなども相談が可能です。
 

アサックスの事業者向け不動産担保ローンがおすすめの人

事業者向け不動産担保ローンを考えた際、事業の状況によっては「実際にローンを組めるのか」と考えてしまうる状況もあるかもしれません。アサックスの「事業者向け不動産担保ローン」では実際に公式サイトで以下のような方におすすめと記載があります。
 
事業者向け不動産担保ローンを検討していて、以下の図表1に当てはまるような方は、次のアクションとしてアサックスにお問合せをしてみるのがいいでしょう。
 
図表1

1 新規事業や開業のための資金を借入れしたい
2 決算内容、リスケ中を理由に銀行での借入れを断られた
3 月末までに急なつなぎ資金が必要になった
4 不動産に枠を設定して継続的に運転資金を借入れしたい
5 消費税・社会保険料等の税金を一括納付したい
6 既存借入れの条件を見直しして資金繰りを安定させたい

アサックス 事業者向け担保ローンを基に作成
 

アサックスの不動産担保ローンの評判と口コミ

アサックスの不動産担保ローンの評判と口コミについては、その低金利と迅速な融資プロセスが特に評価されています。顧客からのポジティブなフィードバックには、海外赴任中でも融資を受けられたことや、担当者によるサポートがある点が挙げられます。
 
一方で、金利が高いとの意見や、他の不動産を共同担保にする必要があったとの指摘もあります。また、審査が予想より時間がかかったという経験もあるようです。
 
ここで少しどのような口コミがあるのか見てみましょう。
 

利用者の肯定的な口コミ

アサックスの口コミを調べたところ、下記のようなよい口コミが見受けられました。
 

肯定的な口コミ1.よい担当者がいる

自分1人ではなく、何とか融資に向けて一緒に頑張って下さった印象がありました。
 

肯定的な口コミ2.海外赴任中でも融資いただけた

多くの銀行は、日本国内に居住していないと(住民票を置いていない)と融資をしていただけず困っていたのですが、アサックス銀行さんは、海外居住者であっても融資をしていただくことができたので、大変助かりました。
 
アサックスの不動産担保ローンに対する顧客の肯定的な意見は、その柔軟な対応と顧客のニーズに合わせたサービスに焦点を当てています。特に、担当者の「親身なサポート」や、海外赴任中の顧客への融資提供などが高く評価されています。
 
これらの点から、アサックスは個々の顧客状況に応じたカスタマイズされたサービスを提供する能力を持っていることがわかります。
 
特に、通常は融資が難しいとされる海外居住者に対しても柔軟に対応している点は、同社のサービスの多様性と包括性を示しています。このような顧客中心のアプローチは、アサックスの不動産担保ローンが多くの顧客から信頼される理由の一つと言えるでしょう。
 

利用者からの否定的な口コミ

残念ながらアサックスの利用者の中には下記のような口コミをされている方も見られました。
 

否定的な口コミ1.遅いし…

結局、審査に要したのは約2週間。その上、ギリギリまで融資できる雰囲気でしたが、降りなかった
 

否定的な口コミ2. 金利が高い、多くの担保が必要

とにかく金利が高かったです(他行の2倍以上)。海外赴任中だけと覚悟しているのですが、それにしても高すぎるという印象です。しかも、購入した不動産以外にも、所有している不動産を共同担保に出す必要があるなど、かなり条件が厳しかったです。
 
このようなアサックスの不動産担保ローンに対する一否定的な口コミの背景には、サービス内容の理解不足や特定の状況に基づく誤解がある可能性が示唆されます。
 
たとえば、審査プロセスの遅さは、個別のケースによるものである可能性があり、実際には多くの顧客が迅速なサービスを体験しています。また、金利の高さや厳しい担保条件に関しても、市場の平均と比較してみれば、アサックスの提供する金利は競争力のある範囲内にあることが多いです。
 
これらの要素を総合すると、アサックスの不動産担保ローンは多くの顧客にとって有用な選択肢であると言えるでしょう。
 

アサックスの不動産担保ローンの融資申し込み条件

アサックスの不動産担保ローンは、個人や事業者が不動産を担保にして資金を調達するためのものであり、その迅速な審査と融資実行の速さ、柔軟な融資条件で知られています。アサックスの不動産担保ローンを申し込むための主な条件は以下のとおりです。
 

条件1.年齢制限

アサックスでは申し込み時点や完済時点の年齢制限は設けていません。したがって、健康な方であれば、年齢に関わらず申し込みが可能です。
 

条件2.信用力

信用力、つまり返済能力が高ければ低金利になる可能性があります。返済能力は、個人では収入、法人では利益によって判断されます。
 

条件3.担保

不動産を担保にします。金融機関が算出した不動産評価額の70%~80%が一般的な融資限度額です。
 

アサックスの不動産担保ローンの申し込みプロセス

アサックスの不動産担保ローンの申し込みプロセスは以下のように進みます。
 

STEP1.相談・申し込み

最初にアサックスに連絡し、簡単な相談を行います。この段階では大まかな融資条件や必要書類についての情報を得られます。簡易審査は即日~翌営業日に行われます。
 

STEP2.与信調査

申し込みが受理された後、与信調査が行われます。これには個人または事業の信用情報の確認、担保となる不動産の調査が含まれます。
 

STEP3.審査・条件提示

アサックスによる審査が行われ、その結果に基づいて融資の条件が提示されます。ここで、金利、返済期間、その他の融資条件が明確にされます。
 

STEP4.契約書の作成

審査を通過し、融資条件に同意すれば、契約書の作成に進みます。この段階で、すべての契約条件をよく理解し、必要に応じて専門家のアドバイスを受けることが重要です。
 

STEP5.融資実行

契約書に署名・捺印し、必要な手続きを完了すれば、融資が実行されます。アサックスは申し込みから最短3営業日での融資実行を可能としています。
 
初めてアサックスを利用する際は、すべての条件を十分に理解し、可能であれば専門家の意見を参考にすることが重要です。アサックスの不動産担保ローンは、その迅速な手続きと柔軟な融資条件で知られていますが、金利や返済プランなど、個々の条件に注意を払い、自身の状況に合った選択をすることが肝心です。
 

アサックスの不動産担保ローンのデメリットと注意点

アサックスの不動産担保ローンにはいくつかのデメリットと注意点があります。
 
まず、金利が比較的高めに設定されている「場合」があります。個々の条件や、ケースにはよりますが、これにより、他社の融資オプションと比較して返済負担が重くなる可能性があります。
 
また、不動産を担保として提供するため、返済不能になった場合には担保不動産を失うリスクがあります。さらに、融資の審査プロセスが複雑で時間がかかることもあり、急ぎの資金ニーズに対応できない場合があります。これらの点を理解し、事業の財務状況とニーズを慎重に検討することが重要です。
 

アサックスの不動産担保ローンの返済手数料と期限前償還に関するポリシー

アサックスの不動産担保ローンにおける返済手数料と期限前償還に関するポリシーは、顧客にとって重要な要素です。具体的な返済手数料の額について、公式ウェブサイトや他の情報源から得られるデータを基に解説します。
 

返済手数料

アサックスの不動産担保ローンでは、「繰上返済」を行う際に特定の条件下で手数料が免除されます。
 
具体的には、「融資金額の1割」までの繰上返済には手数料がかからないため、顧客は返済負担を軽減しつつ、柔軟にローンの返済計画を立てることができます。これは他の金融機関の不動産担保ローンと比較しても優れた特徴と言えます。さらに、繰上返済によりローンの総返済額を減少させることが可能です。
 

期限前償還ポリシー

アサックスでは、繰上返済の際は条件内でメリットもあるものの、期限前償還の際にも特定の条件下で追加の手数料が発生する可能性があります。
 
一般的には、期限前償還に関連する手数料は、金融機関が予定していた利息収入の一部を補填する目的で設定されることが多いです。ただし、アサックスの不動産担保ローンにおいては、その具体的な手数料の額や条件は個別の契約内容に依存します。期限前償還等を行い途中解約や一括返済などの場合に返済元金の0%~3.0%の手数料となります。
 
そのため、契約前にこれらの条件を詳しく確認し、自身の財務計画にどのような影響を及ぼすかを検討することが重要です。
 

その他注意点

返済手数料や期限前償還ポリシーは、ローンの「総コスト」と「返済計画」に大きな影響を与える要素です。
 
そのため、アサックスの不動産担保ローンを検討する際には、これらの条件を事前に確認し、事業の財務状況や将来計画に適した選択をすることが肝心です。また、これらのポリシーは金融機関やローン商品によって異なるため、他の金融機関の条件と比較検討することも重要です。
 

アサックスの不動産担保ローンの対応地域の制限と融資取扱い手数料

アサックスの不動産担保ローンにおいて、対応地域の制限と融資取扱い手数料は重要な要素です。これらの要素は、ローンを利用する際の可用性とコストに直接影響を与えます。以下に、これらの要素について詳しく説明します。
 

対応地域の制限

不動産担保ローンを提供する金融機関は、サービスの提供地域に制限を設けることがあります。
 
これは、物件の価値評価や法的な問題、市場の特性などによって異なるためです。例えば、一部の金融機関は主要都市圏やその周辺地域にサービスを集中させることがあります。これにより、これらの地域外の不動産を担保にしたローンの申し込みが難しくなる場合があります。
 
アサックスも同様に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県のみをお取扱いのエリアとしているようです。「詳しくはフリーダイヤル」や、「最寄りの店舗までお問合せ」というふうにホームページには記載があるので、一都三県以外でどうしても利用したいという方はお問合せしてみましょう。
 
また、一都三県内であれば不動産と事業者の場所が違くても、対応している事例はあるようですので、最初からあきらめずにまずはお問い合わせしてみることをおすすめします。
 

融資取扱い手数料

「融資取扱い手数料」は、ローンの申し込みから実行に至るまでのプロセスで発生する費用です。これには、審査費用、契約関連の手続き費用、場合によっては不動産評価のための費用などが含まれることがあります。
 
アサックスの事業者向け不動産担保ローンにおける具体的な融資取扱い手数料の額は、非常にわかりやすくなっています。
 
まず、相談時や、申し込み時には手数料はないです。しかし実際の融資の際には「融資取扱手数料」として、融資額の0%~3.3%が天引きとなりますので、その点には注意しましょう。ローンを検討する際には、これらの手数料を含めた総コストを考慮することが重要です。
 

アサックスの不動産担保ローンまとめ

アサックスの不動産担保ローンは、低金利での融資提供、迅速な融資プロセス、柔軟な返済プラン、そして多様な不動産タイプへの対応という点で、多くの顧客に選ばれる魅力的なオプションです。
 
このローンは、緊急の資金ニーズに迅速に対応できるだけでなく、長期的な返済計画を立てやすい条件を提供しています。さらに、様々な返済オプションが用意されており、顧客の財務状況に合わせて計画を立てることができる柔軟性を持っています。
 
事業ローンを検討されている皆さん、この記事を参考にして一度アサックスの不動産担保ローンを検討されてみてはいかがでしょうか?
 

出典

アサックス 公式HPトップ
アサックス 商品概要(商品一覧)
アサックス ご融資・借入れ事例
アサックス 事業者向け不動産担保ローン
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集