最終更新日:2019.01.10 公開日:2017.12.26
家計

年賀状・大掃除・忘年会だけじゃない!年末の恒例行事に「家計の見直し」も

今年も残りわずか。最近、年賀状を作成する人は少なくなっており、私の知人でも「今年から年賀状は止めにします!」と宣言した方すらいらっしゃいますが、年賀状はほとんどの方にとってはまだ恒例行事といえます。ただ、大掃除など、毎年の恒例行事がなくなることはないでしょう。今回は、その恒例行事に含めていただきたい「家計の大掃除」編をお送りしたいと思います。
當舎緑

執筆者:

Text:當舎緑(とうしゃ みどり)

社会保険労務士。行政書士。CFP(R)。

阪神淡路大震災の経験から、法律やお金の大切さを実感し、開業後は、顧問先の会社の労働保険関係や社会保険関係の手続き、相談にのる傍ら、一般消費者向けのセミナーや執筆活動も精力的に行っている。かながわ県民センターや横浜市の区役所での行政書士相談、金融機関での年金相談、病院でのがん患者就労支援相談員としても活動している。セミナーの得意テーマは、教育資金の準備方法、社会保険の仕組み、エンディングノートの作り方、これから始めるやさしい終活、成年後見の活用方法、家族信託の仕組みなど。著書は、「3級FP過去問題集」(金融ブックス)。「子どもにかけるお金の本」(主婦の友社)など。子どもにかけるお金を考える会のメンバー、一般社団法人かながわFP生活相談センター理事。一男二女の母でもある。

 

詳細はこちら
當舎緑

執筆者:

Text:當舎緑(とうしゃ みどり)

社会保険労務士。行政書士。CFP(R)。

阪神淡路大震災の経験から、法律やお金の大切さを実感し、開業後は、顧問先の会社の労働保険関係や社会保険関係の手続き、相談にのる傍ら、一般消費者向けのセミナーや執筆活動も精力的に行っている。かながわ県民センターや横浜市の区役所での行政書士相談、金融機関での年金相談、病院でのがん患者就労支援相談員としても活動している。セミナーの得意テーマは、教育資金の準備方法、社会保険の仕組み、エンディングノートの作り方、これから始めるやさしい終活、成年後見の活用方法、家族信託の仕組みなど。著書は、「3級FP過去問題集」(金融ブックス)。「子どもにかけるお金の本」(主婦の友社)など。子どもにかけるお金を考える会のメンバー、一般社団法人かながわFP生活相談センター理事。一男二女の母でもある。

 

詳細はこちら

最低限、毎月していただきたいこと

年末にまとめて家計を見直すとなると、1年分のレシートを出すのも大変。レシートを探していくだけで、やる気がどんどん無くなっていくこともあるでしょう。家計簿が続かないのは、細かくやろうとするからです。
 
通常の家計簿では、必ず、収支と最後に「残高」を書く欄があり、この残高が合わないと気持ちが悪い、そして、続けられない、という悪循環に陥ることも多いものです。そんな時には、家計簿アプリなど、スマホのカメラでレシートを読み込ませるもの、簡単に入力できるものを活用し、とにかく毎月支出を把握するということをしてください。
 
これが無理なら、財布に現金2万円など決まった額だけ入れて、これで日常の買い物をする、など一定の期間に対する予算でやりくりするだけでも構いません。
 

年末の家計の見直し、どこまでするのか

毎週決まった金額だけを財布に入れていただいた方は、1年でどれくらい支出があったのか把握できるでしょうが、家計簿アプリなどを使った方であれば、収支と実際の残高があまりに異なって怖くなるかもしれません。
 
最終的には、家族の財産一覧表の作成が目標です。最初は大変かもしれませんが、一度作ってしまえば、あとは金額を修正するだけです。作成後には、一覧表を作成した時に、目標と現実の違いを把握しましょう。
 
例えば、子供のお祝い金や児童手当などは、親の口座に入れっぱなしの方も多いものですが、その都度、子供の口座に移し替えて、子供の教育費として、その口座の「貯蓄目標」をしっかりと立てることが大事です。
 
もし、思ったより口座の残高が増えているようであれば、来年は、「貯蓄額を増やしてみよう」などの予定が立ちます。特に、来年は積み立てNISAも始まり、「運用は怖くてよくわからない」という方にも、毎月こつこつと貯蓄していける「貯める」方法の選択の幅は広がっています。
 

財産一覧表はこんなに役立つ

財産一覧表というと、名前を変えながら様々なところで役に立っています。企業であれば「貸借対照表」、高齢の方であれば「エンディングノート」、そして、災害の時は「生命保険や損害保険の請求や加入」ということで、今の家計にとって何が足りないのか、足りなければどうしたらよいのかという指針になります。
 
よく、子育て世代へのセミナーでお話ししているのは、「無理なく続けられる」ことです。ずぼらな性格であれば、入金があればすぐにバランスよく口座を移し替える仕組みを最初に作っておくこと、そして、「人は人、自分は自分」という感覚を持つということです。お金の感覚は人それぞれです。他人にとってよい商品が自分にもいいとは限りません。
 
まずは、「今の自分の家計はどうなのか」という立ち位置を一覧表で確認していただきたいのです。
 
この年末の家計の見直し、私も毎年していますが、もし、受験生がいる場合には、来年3月末にもしてみてください。年末はそれどころではないでしょうし、簡単に把握するくらいで構いませんが、全てが終わって3月末には、ぜひ追加で見直しをしてください。
 
私がこれまでお会いしたご家庭で、「予想よりも受験料は安く済んだわ」という方にお会いしたことはありません。ですから、使った金額は済んだこととして、新たに貯蓄計画を考えるための再出発と考えてみましょう。それ以外の方は、「この時期に見直す」ことで、お金に余裕が生まれるといいですし、家族でお金の余裕が予想できれば、「来年は旅行に行こう」などと、年末に皆が集まるときに、楽しい計画もたてられることでしょう。
 
Text:當舎 緑(とうしゃ・みどり)
社会保険労務士。行政書士。CFP
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP