公開日: 2020.09.09 家計

事務職の20代は毎月いくら貯金している?平均貯金額は?

「事務職」とは、書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対・来客応対などの業務全般を担う職種です。営業職や研究開発に比べると地味なイメージですが、企業活動に不可欠な存在です。事務職というと、給料がやや抑えめであるイメージですが、そんな中で、どのくらい貯金ができるものなのでしょうか。
 
株式会社ポム(本社:東京都港区)が運営する転職応援メディア「IT事務の教科書」は、全国の事務職(正社員)を対象に貯金額の調査を実施しました(※)。それでは結果を見ていきましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

20代事務職の65%が毎月約5万円貯金し、貯金総額は200万円以上

本調査によると、事務職の20代の平均月収は21万694円、30代の平均月収は24万5195円となりました。
 
20代の事務職に貯金をしているか質問したところ、「毎月貯金している」が65.6%、「たまに貯金する」が23.3%、「全く貯金しない」が11.1%という結果になりました。20代のうちから給料の天引きなどで、毎月貯金をし、残りのお金で生活する習慣をつけるのがいいですよね。
 
20代事務職の1ヶ月あたりの平均貯金額は「4万8361円」という結果になりました。毎月5万円近くも貯金しているようです。実家暮らしの人の場合は、貯金に回せるお金が多いので、お金を貯めるチャンスでもあります。毎月こつこつ貯金をした結果、20代事務職の平均貯金総額は「214万3586円」となりました。工夫すれば20代のうちから200万円ほど貯金をすることができるということがわかりますね。
 
20代事務職に貯金の目的について聞いたところ、最も多い回答が「老後の生活費のため」で27.5%となりました。早くから老後を見据えて貯金している人が3割近くいるのですね。他には「お金を貯めるのが好き」が16.3%、「海外旅行などの娯楽のため」が15%という結果になりました。子どもができると自分の娯楽だけにお金を使うことができなくなりますから、20代のうちに海外旅行などを楽しむのもいいでしょう。
 

30代は20代より貯金できない人がやや増える。子どもの教育費のために貯金を始める人が多い

次に、30代の事務職に貯金をしているか質問したところ、「毎月貯金している」が53.6%、「たまに貯金する」が30.9%、「全く貯金しない」が15.5%となりました。20代と比較し、毎月貯金している人がやや少なくなり、全く貯金しない人が増えました。貯金しない人が増えた理由を考察すると、結婚して子どもができた結果、支出が増え、貯金できなくなった人もいるかもしれません。逆に、自分のお給料は全てお小遣いになったという人もいるかもしれませんね。
 
30代の1ヶ月あたりの貯金額を尋ねると、それでも平均貯金額は「5万1400円」と、20代より3000円ほど貯金額が高くなっています。また、平均貯金総額については、「276万6665円」という結果になりました。20代より60万ほど貯金総額が高くなっていますが、20代からそれほど伸びていないようにも見受けられます。20代が意外と貯金できる時期なのかもしれないですね。
 
30代の貯金の目的については、トップが「老後の生活費のため」が54.3%と半数以上で、20代と比べるとおよそ2倍となりました。次いで2位には「子どもの教育費のため」が14.1%となり、30代では大学までの教育資金づくりのために貯金をする人が増えるのが特徴的です。次いで、「海外旅行などの娯楽のため」が6.5%という結果になりました。
 

事務職の中でも月々の貯金が多いのは「IT事務職」「医療事務職」「金融事務職」

事務職正社員のうち1ヶ月あたりの貯金額が最も高いのは、「IT事務職」が5万3300円で、次いで「医療事務職」が4万7500円、「金融事務職」が4万2300円という結果になりました。
 
以上の結果から、事務職の多くが、若いうちから毎月給料の2割ほどを貯金していることかわかりました。また、家庭ができて何かとお金がかかるようになる30代より、意外と20代が貯金のできる時期であると考えられます。
 
毎月5万円貯金ができれば、単純計算で、20年で1200万円、30年で1800万円貯金でき、老後資金2000万円もクリアできそうです。何事も「地道にこつこつ」が基本ですね。
 
[出典]
※株式会社ポム「事務職の貯金額調査」(株式会社 PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

貯金1000万円以上の人ってどうやって貯めたの?どれくらいの期間貯金した?
60歳で貯金0円!しかも年金は5万円のみ・・生活できるの?
どうしても貯金が苦手…そんな人におすすめのお金の管理方法とは
 



▲PAGETOP