更新日: 2023.05.12 年収

生涯年収は「1億7000万円」!? 60歳までの「平均給与」はどう増えていくの?

生涯年収は「1億7000万円」!? 60歳までの「平均給与」はどう増えていくの?
平均給与を見ることで、自身の給与が平均以上なのかを確認することが可能です。しかし、平均給与は全ての年齢層が対象なので、平均給与を勤続した年数分受け取ったとしても正確な生涯年収を知ることはできないでしょう。
 
そこで本記事では、国税庁の令和3年分民間給与実態統計調査の「年齢階層別の平均給与」を参考に生涯年収を計算し、22歳から60歳まで働いた場合にいくら年収を受け取れるのかについて解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関するニュースを、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

平均給与は443万円

国税庁の令和3年分民間給与実態統計調査によると、1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は443万円です。男性に限定すると545万円、女性に限定すると302万円となっています。
 
一般的に若年層は給与が低く、定年に近くなると給与が高くなる傾向にあるので、平均給与はあくまで目安の数字でしかありません。
 

平均給与から平均的な生涯年収を計算

平均給与ではなく、平均的な生涯年収を知ることで、今後の人生設計や老後の生活費について計画が立てやすくなります。図表1が年齢階層別の平均給与です。
 
図表1

    

年齢階層別の平均給与
年齢 年収
20~24歳 269万円
25~29歳 371万円
30~34歳 413万円
35~39歳 449万円
40~44歳 480万円
45~49歳 504万円
50~54歳 520万円
55~59歳 529万円

国税庁令和3年分民間給与実態統計調査を基に作成
 
年齢階層別の平均給与を参考に、23歳から60歳まで働いたと仮定し、計算します。
 
23歳から24歳が538万円、25歳から29歳までが1855万円、30歳から34歳までが2065万円、35歳から39歳までが2245万円、40歳から44歳までが2400万円、45歳から49歳までが2520万円、50歳から54歳までが2600万円、55歳から59歳までが2645万円です。
 
これらを合計すると、1億6868万円が生涯年収となります。定年までに支出した生活費や養育費、ローンなどの費用を差し引いたものが、定年後に使える貯金です。
 
定年までの消費支出は、毎月の支出を12ヶ月分することで年間の支出を計算し、年数分をかけることで算出できます。平均的な生涯年収を知ることで、今後に使えるお金を計算できるので、自身の場合はどのようになるのかを計算してみましょう。
 

年齢階層別の累計年収がわかれば、人生設計を立てやすい

生涯年収だけでなく、年齢階層別の累計年収がわかれば、各年齢層でどれくらいのお金を使うことができるのかわかります。
 
例えば、前述の40歳から44歳までの累計年収は2400万円です。毎月の生活費や養育費、ローンなど、必要な消費をこの金額の範囲内で計算することができます。これから40歳になる人は、おおよその使えるお金がわかるので、40歳から44歳までの生活をシミュレーションしてみましょう。
 
また、それぞれの年齢層の生活を見直すことも可能です。年齢層別の累計年収よりも多い支出だった場合は、消費支出を見直していく必要があります。生活費であれば生活の見直し、ローンであれば借り換えを検討するなど、日々の生活費を見直す指針にもなるので自身の場合と比較してみてください。
 

平均的な生涯年収をうまく活用しましょう

平均的な生涯年収は約1億7000万円です。この金額をうまく利用することで日々の生活を豊かにすることや、老後の生活のために貯蓄することができます。
 
あくまで平均給与を基に計算しているので、参考程度に考えてください。自身の場合と比較し、日々の生活や老後の生活をシミュレーションするなど、うまく活用できるようにしましょう。
 

出典

国税庁 令和3年分民間給与実態統計調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

auじぶん銀行