更新日: 2024.02.27 年収

友人が「年収500万円くらいでいいから『普通の会社員』と結婚したい!」と言っています。実際それだけ稼ぐ男性の割合はどのくらいなのでしょうか…?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

友人が「年収500万円くらいでいいから『普通の会社員』と結婚したい!」と言っています。実際それだけ稼ぐ男性の割合はどのくらいなのでしょうか…?
たびたび話題になる「結婚相手の条件」。求めるパートナー像は人それぞれですが、インターネットやSNSなどでは賛否両論飛び交い、特に「年収」については物議を醸すことも多々あります。当然ながら「お金が全てではない」のですが、現実問題として結婚生活を送るために互いの経済力は無視できません。
 
本記事では「年収500万円くらいあればいいから30歳から35歳くらいの普通の会社員の男性と結婚したい」と言っている女性の希望は現実的なのか、実際そのくらい稼ぐ男性はどのくらいいるのかを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

30代前半の平均年収はいくら?

結論からいえば30代で年収500万円以上稼ぐ男性は多くないため、経済力の部分のみ考えても条件を満たす結婚相手を探すのは簡単ではありません。
 
国税庁が公表している「令和4年分民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の1人あたりの年齢階層別平均給与は30歳から34歳の男性の場合は485万円、女性は338万円、男女合計では425万円となっています。
 
「年収500万円以上の男性」を基準にすると、35歳から39歳の平均は549万円となりますが、これらのデータをみて「30代男性も平均500万円稼いでいる」と判断するのは早いです。
 
というのも、例えば「年収100万円、300万、2000万円の3人の平均年収は800万円です」といわれても、多くの人の納得は得られないでしょう。このように平均値は相場よりも大きな数字が存在すると、影響を受けることがあるからです。そのためデータを順番に並べて中央に位置した数値(中央値)での判断が現実的といった考え方もあります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

年収500万円は普通ではない

さきほどの国税庁の民間給与実態統計調査では給与階級別分布も確認できますが、最も割合が大きいのは「400万円超500万円以下」で全体の17.7%を占めています。次いで「300万円超400万円以下」が全体の15.5%となっており、「500万円以下」でみると全体の52.6%で半分を超えていることが分かります。
 
これらを総合的に考慮すると「年収500万円稼ぐ普通の会社員」は、もはや普通ではないと考えられるかもしれません。
 

年収にこだわらないのも1つの方法

「年収500万円以上稼ぐ会社員の未婚男性」と出会えるのは狭き門といっても過言ではありません。もちろん結婚とお金は切り離せないものですが、相手の収入にこだわりすぎると時間ばかり過ぎてしまうおそれがあります。
 
最適な結婚相手を見つけるためにも相手の収入にはこだわらず、性格や仕事に対する価値観、将来的に家事や育児を積極的にしてくれる可能性が高いかどうかなどを見極めるのも大切かもしれません。
 

まとめ

本記事では「年収500万円くらいでいいから普通の会社員と結婚したい!」と考えるのは現実的かどうかを解説しました。
 
「高望みしているわけではない。普通の人でいい」と考えていても、もはや年収500万円は「普通ではない」状態になっていることもあります。年収だけを基準に良いご縁を逃してしまわないためにも、婚活する場合は理想と現実の差を直視することも大切かもしれません。
 

出典

国税庁 令和4年分民間給与実態統計調査-調査結果報告-21ページ
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集