更新日: 2024.03.01 年収

【意外】結婚式の「牧師さん」は実はアルバイト!? 本物の牧師や神父ではない理由とは? 気になる給料についても解説

【意外】結婚式の「牧師さん」は実はアルバイト!? 本物の牧師や神父ではない理由とは? 気になる給料についても解説
結婚式というと、ホテルや結婚式場のチャペルにて、外国人の挙式進行者を前に愛を誓うというのが定番です。ただ、結婚式に来てくれる挙式進行者は、普段は聖職者として活動しているのではなく、実はほとんどがアルバイトです。
 
つまり、結婚式で愛を誓うのを見届けてくれるのは、正式な神父や牧師ではなく、日本語ができる普通の人ということです。詳しくみていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

結婚式の神父や牧師は本物ではなく基本的にはアルバイト

結婚式では、挙式進行者が「いかなる時も永遠の愛を誓いますか?」などと取り仕切り、感動と緊張の空気の中で新郎新婦は「はい、誓います」というのがよく見られる光景です。
 
しかし、結婚式場やホテルに併設されたチャペルで結婚式を執りおこなう挙式進行者は、基本的には「アルバイト」です。具体的には、普段日本で英会話講師などをしている外国人男性が多く、実際に求人サイトを見てみると、あちこちで「牧師 日給○○円」という形で募集されています。
 
ところで、なぜ本物の神父や牧師は結婚式に来ないのでしょうか。本物の神父や牧師が結婚式場やホテルに併設されたチャペルなど、所属する教会以外で結婚式をおこなわない理由についてみていきましょう。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

神父や牧師が外部施設で結婚式をおこなわない理由

キリスト教は「カトリック」と「プロテスタント」に大別され、神父は「カトリック」に所属します。そして、「プロテスタント」の教職者は牧師です。「カトリック」と「プロテスタント」は同じキリスト教ですが宗派が異なり、例えば聖書の解釈や歴史、集会形式など、さまざまな違いがあります。
 
「カトリック」の結婚式は教会や聖堂でおこないますが、信徒でない人がカトリック教会や聖堂で結婚式をおこなうことは原則できません。そして「カトリック」に所属する神父が、商業目的で運営されている結婚式場に出向いて、挙式を執りおこなうことも基本的にはありません。
 
ちなみに「プロテスタント」の場合、結婚式について「カトリック」ほどの制限がないため、牧師が結婚式場に行くことはあり得ます。しかし結婚式は大抵の場合、祝日か土曜日・日曜日に開催されます。教会では日曜礼拝などが開かれていることもあり、結婚式の依頼が来たとしても対応ができないことがほとんどです。
 
キリスト教式の進行者=神父と誤解されがちですが、多くの場合は牧師か、本記事で取り上げるように資格のないアルバイトの人が挙式進行者となることが基本です。
 

挙式進行者を担う牧師のアルバイトはどれくらい稼げるのか

アルバイトといっても仕事内容や勤務地、会社などによって給料はさまざまです。そんな中、牧師のアルバイトの求人を見てみると、「日給1万円~数万円」くらいが相場で、「1挙式1万円」といった歩合のケースもあるようです。
 
全体で数時間かかる結婚式のうち、挙式にかかる時間は20~30分程度が一般的なため、実際に牧師として準備以外で働いている時間は数10分程度でしょう。そうすると、牧師のアルバイトはかなりコスパがよいといえるかもしれません。
 
とはいえ、結婚式は夫婦2人が一生を誓いあう大切な儀式です。そんな結婚式の重要な役割を担う牧師のアルバイトは、アルバイトといえども、その重責は決して軽くはないでしょう。
 

まとめ

結婚式場で式を執りおこなう牧師は、ほとんどの場合は普段は他の仕事をしているアルバイトの外国人です。ちょっとがっかりする人もいるかもしれませんが、結婚式は人生の一大イベントです。また、きっと牧師のアルバイトをしてくれた人も一生懸命働いてくれています。
 
せっかくの大切な結婚式です。いろいろな人に感謝するとともに、夫婦で精いっぱい楽しみましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集