更新日: 2024.01.17 その他保険

初めて海外旅行に行きます。保険に入ったほうがいいと言われたのですが、クレジットカードについているので大丈夫ですよね?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

初めて海外旅行に行きます。保険に入ったほうがいいと言われたのですが、クレジットカードについているので大丈夫ですよね?
初めて海外旅行に行くことが決まると、わくわくする反面何かと心配事もあります。とくに、異なる文化や風習がある国に出掛けるからこそ、旅行中のトラブルに備えるために、保険は加入しておきたいものです。
 
クレジットカードを持っているため、付帯している旅行傷害保険で安心と思っている人も多いようです。しかし、クレジットカードに付帯している旅行傷害保険は、補償内容が一般の海外旅行保険と違って条件や補償内容が限られています。
 
本記事では、クレジットカード付帯の旅行保険の特徴と注意点を解説します。安心して旅行を楽しむためにも、ぜひ確認しておきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険

海外旅行の際、旅慣れた人の多くはクレジットカードの旅行傷害保険を活用するものです。しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険には、利用付帯と自動付帯の違いがあるだけでなく、補償内容や金額などもクレジットカードにより異なります。
 
そのため、初めての海外旅行で慣れていない人ほど注意が必要です。本項では、海外旅行に出掛ける前に確認しておきたい、クレジットカード付帯の旅行傷害保険のポイントを解説します。
 

利用付帯と自動付帯

クレジットカード付帯の旅行傷害保険には、「利用付帯」「自動付帯」の2つのタイプがあり、特徴が大きく異なります。多くの一般カードでは利用付帯が採用されており、旅行傷害保険をつけるには旅行費用をクレジットカードで支払わなければなりません。
 
一方、自動付帯の場合は、旅行費用の支払い方法に関わらず、クレジットカードの所有者は旅行傷害保険の対象となります。近年では、ゴールドカードを含む上位のカードでも利用付帯を採用する例が増えています。カードによって条件が異なるため、あらかじめ確認が必要です。
 

補償内容が一般の海外旅行保険より少ないことがある

クレジットカード付帯の海外旅行保険を活用すると、わざわざ新たに旅行保険に加入せずに済む点は便利ですが、一般の旅行保険と比べて補償内容が限られていることがあります。
 
とくに、携行品損害、航空機寄託手荷物の遅延費用、弁護士費用などの点で差が見られることが多いです。たとえば、携行品損害の補償は、一般の海外旅行保険では幅広くカバーされていますが、クレジットカード付帯の旅行傷害保険では補償範囲が狭い、または提供されていない場合があります。
 
また、航空機の手荷物遅延による経済的損失に対する補償も、一般的な海外旅行保険のほうが充実していることが多いです。
 
さらに、海外での法的トラブルに巻き込まれた場合の弁護士費用についても、クレジットカード付帯の保険では限られたケースのみをカバーすることが多く、広範囲の補償を求めるには不十分なこともあります。
 

補償金額にも注意

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する際、補償金額にも注意しましょう。一般の旅行保険と比較して、クレジットカード付帯の旅行傷害保険では補償金額が不十分なケースが見られます。例えば、医療費の補償限度額は、一般の海外旅行保険では高額な補償が提供されることが多いです。
 
一方、クレジットカード付帯の保険では限度額が低いことがあり、万が一の事態に備えて追加の保険が必要になることも少なくありません。また、死亡や後遺障害に関する補償金額も、一般の海外旅行保険のほうが高い傾向にあります。
 

クレジットカードの旅行傷害保険では不十分なときの対応

クレジットカードの旅行傷害保険だけでは不十分な場合、追加で海外旅行保険に加入することを検討しましょう。一度旅行に出発してしまうと、保険に新たに加入することは難しいです。
 
インターネットでの加入は、比較的手軽で、金額もおさえられる傾向にあります。また、出発直前でも、多くの空港では旅行保険の即時加入が可能です。クレジットカードの旅行傷害保険に不足している部分のみを上乗せできる保険もあります。
 
旅行傷害保険の選択肢は多岐にわたり、補償内容や金額、加入条件などを慎重に比較検討することが重要です。特に海外での医療費は非常に高額になることがあるため、万が一の際に十分な補償が受けられるよう、適切な保険を選びましょう。
      

旅行を楽しむためにも出発前に旅行傷害保険の内容を確認しましょう

海外旅行を楽しむためには、事前の準備が欠かせません。とくに、旅行傷害保険の内容をしっかりと確認し、必要に応じて追加の保険に加入することが大切です。
 
クレジットカードに付帯されている保険があれば、補償内容や金額を確認し、不足があれば補いましょう。海外での医療費やトラブルに備えて、充実した保険に加入することが、安心して旅を楽しむためのポイントです。海外旅行前にクレジットカード付帯の旅行傷害保険について確認し、万が一の備えをして、旅行を楽しみましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?

ライターさん募集