更新日: 2024.01.18 その他保険

【ほけんの窓口】無料相談できるからくりとは? メリットとデメリットとは?[PR]

【ほけんの窓口】無料相談できるからくりとは? メリットとデメリットとは?
これから保険に加入しようと考えている方、現在加入している保険を見直したいと考えている方で、これからどのようにして行動すればいいかわからないケースは少なくありません。
 
ほけんの窓口は「日本全国700店舗」以上あるため、近くの窓口を探して外出ついでに相談する方も多いです。また、無料相談できるので気軽に利用できるのも魅力といえ、専門的な知識とノウハウを持っていないなら利用するのがおすすめです。
 
本記事では、ほけんの窓口が無料相談できるからくりに加えて、相談するメリットとデメリットについて解説するので、保険について迷っている方は参考にしてみてください。

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?

【PR】マネードクター

【PR】マネードクター

おすすめポイント

・いつでも何度でも相談無料。
・最短翌日に相談も可能。
・どこでも相談可能(ご自宅やカフェなど都合に合わせた場所でOK)
・お金の総合サービス(保険や資産運用、ライフプランなど)

FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ほけんの窓口とは?

ほけんの窓口はライフパートナーが一人ひとりの家族構成やライフスタイルなどをヒアリングして、将来の不安や悩みを解決できるようにサポートしてくれます。

現在日本国内では数多くの保険商品が取り扱われているため、自分にとって合っている保険商品を探すのは難易度が高いです。仕事やプライベートで忙しいと保険商品について調べる時間を確保できず、なかなかどの保険に加入するか決められない方は少なくありません。

ほけんの窓口では保険に対して専門的な知識とノウハウを持っているスタッフが在籍しているため、一人ひとりに合わせた保険商品を提案してもらえます。また、見積もりやパンフレットを持ち帰れるので、自宅でゆっくりと気になっている保険商品を比較検討可能です。

図表1

運営会社 ほけんの窓口グループ株式会社
対応地域 日本全国
相談方法 来店して相談
オンラインで相談
電話で相談
取扱保険会社数 40社以上

ほけんの窓口 「ほけんの窓口」とは?を基に作成

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?

【PR】マネードクター

【PR】マネードクター

おすすめポイント

・いつでも何度でも相談無料。
・最短翌日に相談も可能。
・どこでも相談可能(ご自宅やカフェなど都合に合わせた場所でOK)
・お金の総合サービス(保険や資産運用、ライフプランなど)

ほけんの窓口で無料相談できる”からくり”について

ほけんの窓口は何度でも無料で相談できるのが特徴として挙げられ、気になる点やわからない点は納得できるまで相談できます。しかし、ほけんの窓口を利用したいと考えている方の中には、なぜ何度相談しても無料で利用できるのか疑問に思う方もいるでしょう。無料で何度も相談できる仕組みとしてほけんの窓口は保険代理店なので、顧客から直接手数料などで売り上げを上げるわけではなく、保険会社からの契約手数料などで売り上げを確保しています。

ほけんの窓口は提携している保険会社の数も多いですが、顧客一人ひとりに合わせて最適な提案ができる環境が整っているのが特徴です。その中で無料相談を受けて保険契約をほけんの窓口経由でおこなえば、保険会社からほけんの窓口に各種手数料などが支払われます。

実際に保険契約する前に複数回の相談をするケースは多いため、自分にとって十分な内容の保険内容になっているか、家族と相談して納得できるかなど十分に時間を確保して考えることが可能です。

ほけんの窓口を利用するメリット

近年ではインターネットで保険商品について簡単に調べられるため、ほけんの窓口を利用する必要がないと感じる方も少なくありません。

しかし、ほけんの窓口を利用するメリットは多く存在しており、具体的なメリットについては以下が挙げられます。

●専門的な知識やノウハウを持ったスタッフに相談できる

●見積もりやパンフレットがまとめて手に入る

●事前予約しておけば優先的に案内してもらえる

●取り扱っている保険会社と保険商品数が多い

●何度でも納得できるまで相談できる

●多くの方が気軽に利用できる環境が整っている

保険相談はハードルが高いと感じている方、具体的な内容について決まっていなくて相談しにくい方でも、ほけんの窓口では一から丁寧にサポートしているので安心してください。ほけんの窓口を利用するメリットについて解説するので、保険について迷っている方はメリットを把握しておきましょう。

専門的な知識やノウハウを持ったスタッフに相談できる

保険商品はかなりの数が存在しているため、一人ひとりのライフスタイルや考え方に合わせながら選ばなければなりません。

保険の基礎から理解しておくことが必要になりますが、ほけんの窓口ではファイナンシャルプランナーなどの資格を保有したスタッフが丁寧に教えてくれます。

ファイナンシャルプランナーとは幅広い知識とお金に関係する視点を持っているため、一人ひとりが現在置かれている状況以外にも将来的に起こるお金の問題なども含めて総合的な判断ができる専門家です。

保険選びにはさまざまな情報を集める必要があるため、自分自身だけで調べようとすると時間や手間が多くなるのは避けられません。しかし、ほけんの窓口のスタッフは普段から数多くの保険商品に触れているのに加えて、多くの方からの相談を受けて解決してきた実績を持っています。そのため、必要になる情報については伝えてもらえて、わからない点や気になる点は調べてもらえるのが特徴です。

見積もりやパンフレットがまとめて手に入る

見積もりやパンフレットを確保するためには資料請求をおこなったり、自分で各保険会社の公式ホームページから必要事項を入力して見積もりしたりと時間がかかります。

また、最初に保険商品について調べて、自分に合っているものを見つけて資料請求するなどの行程も必要です。

ほけんの窓口では保証内容や保険料などのポイントを抑えながら、専門的な知識やノウハウを持ったスタッフが必要な見積もりやパンフレットについてまとめています。

見積もりやパンフレットを持ち帰れば納得できるまで検討できるため、自宅などリラックスできる環境で試算された内容が本当に自分に必要か判断可能です。ほけんの窓口で相談しているときは必要になると思っていた保証内容なども、後になって冷静に考えると不要と感じるケースは珍しくありません。見積もりやパンフレットを比較しながら考えたい方には、大きなメリットといえます。

事前予約しておけば優先的に案内してもらえる

ほけんの窓口は空いてる時間帯なら事前予約しなくても相談できますが、確実に相談したい方は事前予約がおすすめです。事前予約しておくと希望した日時で相談可能であり、自分自身もスケジュールが立てやすくなります。

具体的な空き状況の確認方法としては、各店舗の紹介ページに掲載されているカレンダーから確認可能です。

予約方法はホームページからのネット予約以外にも電話や直接店舗に行っても対応してもらえ、やりやすい方法を選択して事前予約してください。

仕事やプライベートが忙しくて店舗に行く時間の確保が難しい方、店舗に行くまでに30分程度の保険相談をしたい方はオンライン相談も利用してみましょう。オンライン相談はスマホ・パソコン・タブレットから、自宅で保険相談から申し込みまで可能です。

取り扱っている保険会社と保険商品数が多い

ほけんの窓口は取り扱っている保険会社と保険商品数が多いのが魅力であり、一人ひとりのライフスタイルなどに合わせた保険商品の提案につながります。複数の保険会社に相談しながら保険商品を選ぶ必要がなく、ほけんの窓口に相談すると生命保険・火災保険・損害保険などを総合的に取り扱っています。また、取り扱っている保険商品はネット型保険や通販型自動車保険を含む保険会社に対応しているため、コミュニケーションを取って希望に合わせた保険選びが可能です。

また、同じ保険商品でも細かい部分まで調整できるものもあり、特約やオプションを付けて万が一の事態に備えられます。ほけんの窓口では複数商品を比較検討できるようにサポートしていて、条件変更や別プランでの提案なども問題ありません。

このように取り扱っている保険会社と保険商品数が多いですが、複数社契約もほけんの窓口でまとめてサポートしています。

保険契約後の見直しはカスタマーセンター・マイページ・契約した店舗で対応してもらえ、保険の見直しが必要になったタイミングで相談しましょう。

何度でも納得できるまで相談できる

保険相談の中には相談した時間次第で有料になることもありますが、ほけんの窓口では「新規契約」「見直し契約」「見積もり」などを含めて何度でも無料です。保険は一度契約した内容でずっと継続するわけではなく、ライフステージの変化に合わせて見直します。自分自身が納得できるまで何度でも相談できるため、わからない点や気になる点は質問しながら進めるのがおすすめです。

同じ保険商品なら保険会社・保険代理店どちらで契約しても保険料は変わらないので、一度に複数商品を比較できるほけんの窓口は新規契約でも見直し契約でも柔軟に対応できます。相談内容次第では、初回の相談で保険契約も可能ですが、複数回相談して自分自身が納得できるものを選ぶことが多いです。

また、保険商品や保険内容によっては申し込み条件の確認が必要になるため、そもそも初回の相談で契約が認められないものもあります。

初回の相談で保険契約を希望している場合、先に相談予定のほけんの窓口店舗に問い合わせてください。

多くの方が気軽に利用できる環境が整っている

保険相談をしたいと考えていても店舗に入りにくいと感じる方は多いですが、ほけんの窓口では多くの方が気軽に利用できる環境が整っています。

例えば、子どもと一緒に来店できるように無料キッズコーナー・ベビーベッドが用意されていたり、女性スタッフが在籍して女性特有の病気が相談しやすいようにしたりさまざまです。注意点としては、すべてのほけんの窓口店舗で導入されているわけではないため、店舗に行く前には確認してください。

また、保険契約を前提に考えている場合は必要書類などもあるので、新規契約でも見直しでもどのような書類が必要か把握しておきましょう。例えば、自動車保険に加入したいと考えているなら、車検証や運転免許証・現在加入中の保険証などが必要です。相談だけなら必要書類は持って行かなくても問題ありませんが、保険の見直しなどをスムーズに進めたいなら持って行きましょう。

ほけんの窓口を利用するデメリット

ほけんの窓口を利用するのはさまざまなメリットがある一方、いくつかデメリットがある点も把握が大切です。デメリットについて把握できていない状態は、思わぬ問題やトラブルに発展するかもしれません。そのような事態を避けるためにもデメリットは把握して、自分で対応する意識を持つようにしましょう。

ほけんの窓口を利用するデメリットとしては、以下が挙げられます。

●担当スタッフごとに提案内容が違う

●すべての保険商品を取り扱っているわけではない

●相談する際には最低限の内容を決めておく

●紹介される保険商品に偏りが出る可能性がある

デメリットとメリットを比較して自分で判断する必要があるため、それぞれのデメリットについて把握するのが大切です。詳しいデメリットの内容について解説するので、メリット・デメリットを比較する際に参考にしてみてください。

担当スタッフごとに提案内容が違う

ほけんの窓口ではファイナンシャルプランナーなどの専門的な資格を持っている方も在籍していますが、同じ資格を持っていても担当スタッフごとに提案内容が違います。

担当スタッフごとに提案内容が異なる理由として、一人ひとりの考え方や重視している部分が違う点や、そもそもスタッフの経験やスキルの違いなどが大きいです。そのため、担当スタッフに提案された内容が自分にとって最適とは限らないので、場合によっては複数のスタッフに相談するのも方法として挙げられます。

担当スタッフごとに経験やスキルの違いがあるのは当然であり、同じ資格を持っていても最適な提案をしてくれるとは限りません。大切なのはコミュニケーションを取りながら、自分にとって方向性や考え方が合っているか判断することです。

すべての保険商品を取り扱っているわけではない

ほけんの窓口では数多くの保険会社と保険商品を取り扱っているのが特徴ですが、世の中に存在しているすべての保険商品を取り扱っているわけではありません。また、一人ひとりのライフスタイルや家族構成によって最適な保険商品が違うといっても、限られた相談時間で必ずいい提案をしてくれるわけではないです。

もしかしたら取り扱っている保険商品以外にさらに自分に合っているものがあるかもしれませんが、あくまでも取り扱っている保険商品の中から最適なものが提案されるイメージです。

具体的に取り扱っている保険商品の種類や内容について知りたい場合、ほけんの窓口で質問すれば教えてもらえます。ただし、自分自身で保険商品について調べる時間や手間などを総合的に考えれば、ほけんの窓口に相談したほうがいいでしょう。

相談する際に最低限の内容を決めておく

相談する際に最低限の内容を決めておくのはスムーズな相談に大切であり、相談前にはいくつかの保険商品を視野に入れて決めるのも1つの方法です。

ほけんの窓口では専門的な知識やノウハウを持っていなくても、スタッフが一人ひとりに合わせた最適な保険商品を提案してくれます。しかし、まったく方向性などに決めていない状態で相談すれば、保険商品を具体的に決定するまでにかなりの時間がかかるでしょう。

ただし、具体的な保険商品について決めずに相談するのは問題なく、最低限決めておくべき内容は万が一病気やケガで働けなくなった際にどれくらい保証を希望しているか、保険料についてどれくらいで考えているかなどです。最低限の内容だけ決めておけば、専門的な知識やノウハウを持ったスタッフがコミュニケーションを取りながら進めてくれます。

紹介される保険商品に偏りが出る可能性がある

ほとんどのスタッフは一人ひとりのライフスタイルに合わせた保険商品を提案してくれますが、中には自分自身の成績を重視して紹介する保険商品に偏りが出るケースも少なくありません。

ほけんの窓口は売り上げを契約した保険会社から各種手数料が支払われますが、高い手数料率を持っている保険商品を勧めてくる可能性も考えられます。この保険に対しての支払手数料率は公表されていないため、専門的な知識やノウハウを持っていないと保険料が高いかわかりません。

また、場合によっては必要になる内容以上のものを勧められるケースもあるので、その場で勧められた内容で契約するのはリスクが高いケースが考えられます。1つだけの保険商品で決めるのではなく、「複数の保険商品を比較して」決めるのがおすすめです。

保険に加入する必要性とは?

日本では国民皆保険制度によって公的医療保険に加入するため、病気やケガで医療費がかかっても自己負担分は3割に抑えられます。他にも、医療費による負担が重くならないように、薬局や医療機関で支払う医療費が1ヶ月で上限額を超えた費用を至急する「高額療養費制度」があります。このように日本では公的医療制度が充実しているため、生命保険を始めとする保険加入をしなくても問題ないかもしれません。

このように保険に加入する意味があるかわからないとの意見もありますが、基本的な考え方として保険は万が一の事態に備えるのが主な目的です。人生においてどのような事態が発生するかは誰にもわからないため、一人ひとりの家族構成やライフスタイルなどに合わせながら考えなければいけません。

どのような事態が発生するかについてですが、大黒柱が事故や病気で亡くなった際に生活費が足りなくなって生活が困窮する、大きな手術などで長期入院が必要で毎月の出費が多くなるなどが挙げられます。

このような事態に備えて保険に加入しておいた方が、生活を守れる可能性が高いです。

保険の加入がおすすめな人とは?

ほけんの窓口などを利用して、保険に加入しておいたほうが良い人を紹介します。

個人事業主やフリーランスは特に重要

個人事業主とフリーランスは雇用保険に守られていないため、傷病手当や失業手当などが適用されません。そのため、働いていて病気やケガをした場合は収入に直接影響して、公的医療保険だけでは十分に対応するのが難しいです。

他にも、個人事業主やフリーランスは厚生年金に加入していないため、将来への備えも考える必要があります。老後資金などを組み立てるのを目的として貯蓄性のある生命保険もあるので、選択肢の1つとして視野に入れておきましょう。

保険商品はさまざまな目的に対応できるように数多く存在しており、自分にとって必要になるものはなにか考えて選ぶことが大切です。

扶養家族がいる方は病気や入院に備える

会社員として働いていると雇用保険で傷病手当や失業手当が適用されますが、もらえる金額は働いているときよりも少なくなるのは避けられません。

扶養する家族がいると毎月もらえる金額が少なくなると生活維持が難しくなるため、万が一の病気やケガに備えて収入減少への対策が大切です。働けなくなった際に保険金が支給される保険商品もあるので、具体的に毎月最低限必要になる金額について計算しておきましょう。

また、一家の大黒柱が亡くなってしまい収入を失ってしまえば、残された家族は収入がない状態で生活を続けなければいけません。そうならないためにも生活費を確保する目的で死亡保険への加入をする方は多く、最悪のケースも想定した保険商品の選択は重要です。

逆に保険加入が重要ではない人の特徴は?

保険に加入するのは万が一の事態に備えるためですが、人によっては保険加入しなくても大丈夫な場合もあります。例えば、独身の方は病気やケガで働けなくなっても、傷病手当や失業手当で十分に生活できる可能性も高く、当面の生活費や医療費を貯蓄しておくと十分に対応可能です。

他にも病気やケガをして働けなくても十分に生活できる貯蓄がある方、不労所得で十分な生活費を確保できる方はそこまで保険加入は重要ではありません。あくまでも各種保険は生活レベルを守るなどを目的としているため、十分に生活できるなら自分で備えておいても大丈夫です。

保険内容の見直しを定期的におこなう

保険内容は契約したタイミングの内容が人生においてずっと適切なわけではなく、家族構成の変化や年齢の変化などで保険内容の見直しをおこないます。

例えば、子どもが大きくなった際に死亡保険を高くしたり、子どもが生まれたタイミングで学資保険の側面もあるものに契約し直したりすることが大切です。どのような保険内容にするべきかは一人ひとり違うため、ライフイベントが起きた際にはほけんの窓口への相談も視野に入れて考えましょう。

ほけんの窓口の口コミ

ほけんの窓口は多くの方に利用されている無料相談窓口ですが、実際に利用された方からも好意的な口コミが寄せられています。その中からいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

口コミ1.

子供が大きくなるにつれて保険の見直しが必要だなと思っていました。もし万が一なことがあった場合、子供に迷惑をかけてしまう。将来のことを見据えた保険選びをしないといけないと思いました。そこで友人に相談すると、無料相談を教えてもらいました。そして医療保険の見直しをしに行きました。相談サービスではスタッフが一つ一つ丁寧に紹介してくださったので、家に帰って旦那と話し合うことが出来ました。プロのアドバイスはやはりすごいですね。結果、私達にあった保険を選べました。

口コミ2.

妻と買い物に行ったときに、ほけんの窓口の店舗を見つけました。ちょうど妻の医療保険の事で、保険の見直しを考えていたときだったので、相談する事にしました。予約も取っていなかったので、飛び込みで入りましたが、店員の方は快く対応してくれました。まず妻の年齢が30代後半になってきた事、妻の友人が婦人科系の病気にかかり、治療費がかなり高額になった為、保険のみに直しを考えている事を伝えました。

わたしたちが考えていたのは、現在加入している医療保険に特約を付けるか、それとも解約して、新たな保険に入るかを悩んでいました。現在加入してる保険は掛け捨てで、特約を付けても妻が望むような保障は受けれないとアドバイスを頂き、新たな保険に入り直してはどうかと提案してもらいました。金額も月に5000円程度で、保障が手厚い医療保険を数社紹介してもらいました。

各保険のメリット、デメリットもしっかりと説明してくれたので、とても解り易かったです。

口コミを見てみると手厚いサポートがされていることがわかります。

まとめ|保険選びで迷っている方は、無料相談できるほけんの窓口へ

ほけんの窓口は、誰でも無料相談できるのが大きな魅力として挙げられ、わからない点や気になる点については納得できるまで何度も相談できます。

提携している保険会社の数もかなり多いため、一人ひとりに合わせた保険商品の提案をしてもらえるので安心してください。自分自身が専門的な知識やノウハウを持っていなくても、豊富な経験や専門資格を持っているプロが納得のいく保険を選べるようにサポートしています。

どの保険商品を契約すればいいか迷っている方や、現在の保険が自分の現状に合っているか不安な方がいれば、無料相談できるほけんの窓口に相談してみましょう。

出典

厚生労働省 公式サイト
ほけんの窓口 公式サイト
ほけんの窓口 「ほけんの窓口」とは?
みん評 ほけんの窓口の口コミ・評判 満足度の高い順

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?