更新日: 2020.08.20 その他保険

終身保険とはどんな保険?メリットと終身保険に向いている人とは

終身保険とはどんな保険?メリットと終身保険に向いている人とは
生命保険にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が違います。その中でも死亡時の保障が手厚い終身保険は、貯蓄性もあり、多くの人が加入している保険です。
 
この記事では終身保険の特徴や選び方のポイントについて詳しく解説します。

【PR】日用品10点セットプレゼント

【PR】保険クリニック

おすすめポイント

初めてご相談いただいた方へ日用品10点セットをプレゼント!
保険相談であなたにぴったりな保険がみつかる
業界トップクラス!取り扱い保険会社約50社
※詳細はキャンペーンページをご確認ください

FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

終身保険とは

生命保険の中でも終身保険は、万が一の保障と貯蓄が両立できる保険です。しかし、誰もが終身保険が必要であるとは限りません。将来への備えとしては、別の金融商品が適している場合もあります。この記事では終身保険のメリット・デメリットや、終身保険が向いている人について解説します。
 

【PR】日用品10点セットプレゼント

【PR】保険クリニック

おすすめポイント

初めてご相談いただいた方へ日用品10点セットをプレゼント!
保険相談であなたにぴったりな保険がみつかる
業界トップクラス!取り扱い保険会社約50社
※詳細はキャンペーンページをご確認ください

終身保険のメリット

終身保険のメリットについてみていきましょう。終身保険は、保障期間が一生続くという大きな特徴がありますが、それ以外にもさまざまなメリットがあります。
 

【支払金額が一定】

終身保険の保険料は、契約してから払込期間が終わるまで一定で変わりません。終身保険以外の更新型の生命保険は、更新するごとに保険料が上がる商品が一般的です。
一方、終身保険の保険料はずっと同じ金額なので、年を重ねるにつれて支払う保険料の負担が大きくなることはありません。
 

【解約返戻金がもらえる】

終身保険には解約返戻金があります。これは、終身保険を途中で解約したときにその解約の時期に応じて計算された解約返戻金が戻ってくるものです。掛け捨ての保険は解約しても1円も戻ってきませんが、終身保険は解約する時期によって、実際に払い込んだ保険料よりも多い金額を受け取れる場合があります。
 

【相続税の対策になる】

終身保険の保険金は、受け取るときに相続税が非課税となる額が決まっています。対象になる金額は法定相続人1人に対して500万円までです。法定相続人とは、主に配偶者や子どものことを指します。
 
終身保険に加入する際には、相続税対策ができる金額を目安にするといいでしょう。
 

終身保険のデメリット

次に終身保険のデメリットについて紹介します。終身保険が自分のライフスタイルに合うかどうか、デメリットをしっかり知って検討することが大切です。
 

【一定期間継続しないと損をする】

終身保険には解約したときの解約返戻金がありますが、早い時期に解約してしまうと、払い込んだ保険料よりも低い解約返戻金しか戻ってこない場合があります。終身保険で払った保険料を上回る解約返戻金をもらうためには、一定期間契約を継続しなければいけません。
 

【払込期間が長い】

終身保険の保障は一生続きますが、保険料の支払期間は他の商品よりも長くなります。また貯蓄性がある分、他の保険よりも保険料は割高になっています。家計を圧迫しない程度の保険料で加入できる商品を選びましょう。
 

終身保険に入った方がいい人

ここからは、終身保険が向いている人について紹介します。

【家族や子どもがいる】

配偶者や子どもがいる人は、万が一のときに家族に保険金が残せる終身保険が向いています。相続税対策ができる点も、家族のいる人にはメリットといえるでしょう。
 

【貯蓄が苦手】

 
自分でコツコツ貯金ができない人や手元にお金があるとつい使ってしまう人は、貯蓄性の高い終身保険に加入するとよいでしょう。解約返戻金というかたちで、将来まとまったお金が得られます。
 

【葬儀代や亡くなった後の資金作り】

終身保険は、被保険者が亡くなったときに保険金を受け取れる商品です。そのため、自分の葬式費用やお墓、遺品整理などの資金にあてられます。保険金の受取人に事前に使い道について伝えたり、遺言を作っておいたりするとよいでしょう。
 

終身保険の特徴を知って賢く加入しよう

終身保険は、死亡時に保険金が受け取れるので、家族のためにお金を残したり、死後の自分の葬儀代や片付け費用などとして備えたりすることができます。途中で解約しても解約返戻金があるので、老後や将来のためにお金を貯める目的で加入するのもよいでしょう。しかし、保険料が定期保険に比べて高く、払い込む期間も長いので長期的な収入とのバランスを考えることが必要です。
 
保険の特徴や家族構成や状況を考えて、自分のライフプランに合った保険を慎重に選ぶようにしましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部


 

【PR】日用品10点セットプレゼント

【PR】保険クリニック

おすすめポイント

初めてご相談いただいた方へ日用品10点セットをプレゼント!
保険相談であなたにぴったりな保険がみつかる
業界トップクラス!取り扱い保険会社約50社
※詳細はキャンペーンページをご確認ください

ライターさん募集