最終更新日: 2020.05.18 公開日: 2020.05.19
暮らし

新型コロナの影響でママのストレスが増加?7割が消費状況に変化、子どもが日中家にいて窮屈と感じる人も

世界で猛威をふるっている新型コロナウイルス。緊迫した状況が続く中、家庭を支える主婦やママたちの生活にどのような影響を与えているのでしょうか。家での過ごし方や消費状況など、さまざまなことに変化が現れています。
 
今回は、株式会社マミーゴーが発表した「コロナウイルスに関する主婦・ママアンケート結果」(※)を紐解いていきます。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

半数以上のママが、日中子どもがいることにストレスを感じている

園や学校が休みになり、子どもが一日中家にいる状況について、ママたちはどう感じているのでしょうか。
 
【急遽お子さんが家で過ごすことになり、日中お子さんがいることで窮屈に感じることはありますか?】
・はい :53.4%
・いいえ:46.6%
 
半数以上のママが、子どもが日中家にいることで窮屈に感じているようです。具体的にどのようなエピソードがあるのでしょうか。
 
【具体的にどのように変わったかをご記入ください(一部抜粋)】
・自由に外出できないため、子どももストレスがたまり、家で暴れたりするので家事が捗らない
・親子ともにストレスになり、悪循環を繰り返している
・一日中、朝昼晩のご飯の心配をしなければいけない
・一人の時間がなく疲れる
・子どもたちもストレスを感じており、喧嘩が増え、怒ることも増えた
・とにかく家事が進まない、一方で食事は作らなければならないのでストレスフル
・毎日の生活が単調でいつ終わるかわからない中、ずっと子供と付きっきりになることにしんどさを感じる
 
これを読みながら「わかる!」とうなずかれている方も多いのではないでしょうか。特に小さいお子さんがいる家庭だと、3食作って食べさせるというだけでも1日が終わってしまいそうです。
 
平時であれば通勤であったり買い物であったり、自ずと一人の時間が取れていたもの。しかし今となっては一人の時間が取れないどころか、常にひとつ屋根の下に家族がいるという状況で、ストレスはたまる一方のようです。

ストレス発散には買い物! というわけにもいかないこの現状

毎日大きなストレスを感じているママたち。普段だったら買い物でストレス発散、といきたいところですが、その消費行動はどのようになっているのでしょうか。
 
【消費状況は変わりましたか?】
・はい :71.2%
・いいえ:28.8%
 
【上記回答の理由をご記入ください(一部抜粋)】
・買い溜め騒動があり、支出が多くなった
・学校が休校のため家庭学習教材や本などの購入が増えた
・宅配(生協など)・食材キットを頼む量が増えた
・ストレスからか私物(ポケットマネーの範囲でファッションアイテムなど)はちまちま買ってしまう
・自宅で子どもが飽きないよう、おもちゃや食費などの出費が増えた
・エンゲル係数が高くなっている
・夫の飲み会がなくなり交際費がかなり減った
・出かけなくなり無駄遣いは減った
・電車に乗らない分、移動費がかからなくなった
・テイクアウトを利用することは多くなったが、それ以外の娯楽系の消費は減った
 
回答を見ると、支出が増えた項目もあれば減った項目もあることがわかります。
 
やはりみなさん、食品にかけるお金は増えているようです。家に子どもがいるため、学習用の教材や本、おもちゃなどを買い増す人も。さらに、ストレス発散のため私物をちょこちょこ買ってしまうという人もいるようです。

給料に影響も? 新型コロナウイルスの影響で、世の中のママはこんなに困っている!

最後に、新型コロナウイルスの影響で、ママたちはどのようなことに困っているのか見てみましょう。
 
【新型コロナウイルスの影響で困ったことはありますか?】
・職場の財政状況が悪くなり、給料に影響する
・夫の仕事の業界が影響を受けて大打撃で給与の減少
・運動不足
・子どもが生後7ヶ月ということもあり、感染が心配で人と会わないようにしているので、人見知りが激しくなったり、人格形成に影響が出てしまわないか心配
・家を建てる予定ですが、欠品などもある
・関係者に1人でもコロナが出たら保育園が休園になるので、自分達が感染しないようにいつもビクビクしている
・ほぼ引きこもり状態なので精神的にしんどくなってきています。
・子どもの発熱や咳で嫌な顔をされる、小児科に行きにくい
 
先行きの見えない中、収入に関して不安を抱く人もいれば、子どもの成長について不安を抱く人も。そもそも生活に欠かせない収入が減るということは、不安以外のなにものでもありませんよね。
 
未曾有の事態に陥っている今、さまざまなことが不安に思えるのも当然といえます。ましてやお子さんがいる家庭は、養わなければいけない・育てなければいけないという責任もあるため、なおさらといえるでしょう。
 
新型コロナウイルスとの戦いはまだ続きそうですが、外出を控える中どのように親子のストレスを発散していくか、収入をどう確保していくかなど、個々人の工夫が求められるとともに、国の補償などにも期待したいところです。
 
出典 ※株式会社マミーゴー「コロナウイルスに関する主婦・ママアンケート結果」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

4人家族で食費8万円は決して高くない。1人当たりの食費の目安は
外出が制限されているときの過ごし方、どうする?
コロナで家事疲れ?家族の食費をコントロールしながら自粛期間を乗り切る方法
 



▲PAGETOP