更新日: 2021.05.27 暮らし

コロナ禍の夫婦間の家事分担は?!

コロナ禍の夫婦間の家事分担は?!
コロナ前と比べると、家にいる時間が長くなった方、多いですよね。そしてこの暮らしになってからストレスが増えた、減った、皆さんはどちらですか。ストレスの原因は家事? パートナーのいる方、今日は統計を見て、うちだけじゃないんだと留飲を下げましょう。
 
コロナ禍で、夫婦間の家事分担はどうなっているのか。カジナビによる「コロナ禍中の家事負担」に関する意識調査アンケートの結果についてのレポートを紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

在宅が増えても家事負担の割合は変化なし?!

新型コロナウイルスの影響でパートナーが家にいる時間に変化はありましたか?
 

〇在宅時間

増えた 46%
減った 2%
変化なし 52%

  

〇家事協力の度合いは?

増えた 22%
減った 4%
変化なし 74%

 
在宅時間に変化のない方が半数以上でした。そして、在宅時間が増えた方も半数近くいたのに、家事の負担は変わらない割合が7割強と多い結果になりました。回答者は9割が女性で、30代~40代の方が7割を占めていましたので、妻の不満と捉えてよいでしょう。
 

主婦(夫)の家事負担割合は?

家の全ての家事を100%として、自分の家事負担がどのくらいの割合を占めているのか、10%の単位で回答してもらうと、

自分の負担0%:「負担0%」=0.4%
自分の負担10〜30%:「負担軽」=3%
自分の負担40〜60%:「負担中」=11%
自分の負担70〜90%:「負担重」=76%
自分の負担100%:「負担100%」=9%

 
なんと、全ての家事をやっている人(家事負担100%)がおよそ10人に1人の割合※で、家事のほとんどをやっている人(家事負担重)が8割近くいるとの結果でした。
※正確には、519人中47人という結果でした。
 

パートナーがやってくれる家事とは?

家事をパートナーがやってくれると回答した470人に、その家事の内容を聞いてみました。TOP5は以下のとおりです。
 

1位 ゴミ出し
2位 食器洗い
3位 掃除
4位 料理
5位 洗濯

 
ゴミ出しは、470人中276人が該当するという、ぶっちぎりの1位でした。ただ、やってくれた家事について不満の声もあったので、ぜひ読者の皆さま、家の中が雰囲気よく、快適に過ごせるように参考にしてください。
 
1位 ゴミ出しへの不満の声

●ゴミ出し担当だが、まとめた状態で玄関に置いておかないと出してくれない。ゴミをまとめるところからやってほしい。

 
2位 食器洗いへの不満の声

●洗い物をしてくれるのはいいけど、油汚れやコップの底の汚れが全然落ちてない。自分で洗い直して二度手間。
●洗い物をしてくれた後のシンク周りがびちゃびちゃ。水も洗剤も使いすぎ! 水道出しっぱなしで洗うのも気になる。
●水切りカゴにある乾いた食器を棚に戻さず、その上に新たに洗った食器を重ねる。せっかく乾いた食器が濡れるし、カゴに高く積み上がって危ない。カゴを空にしてから洗い物しろ!

 
3位 掃除への不満の声

●風呂掃除を頼んだら、ただ浴槽をお湯で流しただけで、沸かしたお湯にたくさんゴミが浮いていた。
●毎日午前中に掃除をしているが、夫が夜帰ってきて「掃除したの?」と掃除機をかけだした。不愉快。

 
4位 料理への不満の声

●料理してくれるのはいいが、終わった後のコンロ周りが汚過ぎる。床にまで油汚れが! 掃除するのは私。
●普段しない料理をして、道具や調味料を置く場所がめちゃくちゃになった。どこに何があるか分からないし迷惑。
●たまにしか料理しないくせに、変わった調味料を買い込んで凝った料理を作ろうとする。そして2度と使わない。もったいないし、処分するのもストレス。
●たまに料理をしてくれますが、本当に作るだけで材料を切ったり後片付けしたりは全部私。そのくせ子供たちには「今日はパパが料理するぞ」としつこくアピール。

 
5位 洗濯への不満の声

●洗濯物のシワを伸ばさずに干す。ハンガーへの掛け方も雑で乾かない!

 

まとめ

在宅時間の増えた皆さん! やってもらって当たり前ではなく、できることからやってみましょう。その心配りが大切です。できれば、家事をするときは準備、後始末までするようにしましょう。パートナーから感謝されたり、より仲が良くなれば、在宅時間はもっともっと快適になりますよ。
 
出典
カジナビ コロナで夫婦の家事分担はどうなった?在宅増えても家事はやらない傾向に…
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部