更新日: 2021.06.17 暮らし

20代独身男性社会人の月収・貯金額は? 結婚後、パートナーにも働いてもらいたい?

20代独身男性社会人の月収・貯金額は? 結婚後、パートナーにも働いてもらいたい?
時代の流れや男女共同参画社会の推進も加わり、共働きの夫婦も一般的になった現代。
 
結婚をそろそろ意識しだす人も多い20代の独身男性は、結婚後どのような働き方を相手に求めているのでしょうか。
 
月収や貯金額なども含め、20代の社会人独身男性のお財布事情を見てみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

20代独身男性の気になる収入とは?

株式会社タンタカが、20代社会人・独身男性241人を対象に行った、結婚観とお金についての調査結果(※)をチェックします。
 

【月々の給料(副業含む)はいくらですか?】

1位:20万円~30万円未満 42.7%
2位:15万円~20万円未満 23.2%
3位:30万円~40万円未満 11.6%
4位:10万円~15万円未満 10%
5位:5万円~10万円未満 6.2%
6位:5万円未満 4.1%
7位:40万円~50万円未満 0.8%
7位:60万円~70万円未満 0.8%
9位:50万円~60万円未満 0.4%

 
このランキングを見る限り、20代独身男性の収入としてもっとも多いのは「20万円~30万円未満」の範囲といえます。30万円以上稼いでいる人は、13.6%という結果に。いっぽうで20万円未満の人は43.5%ということになります。
 
総合的に見ると、そこまでガツガツ稼いでいる人は少なく、20万円未満でやりくりしている人が半数近くいるということがわかりますね。
 
雇用形態を問う項目では、正社員(71.4%)、パート・アルバイト (10.4%)、個人事業主(フリーランス含む)(8.3%)、派遣社員(4.1%)、契約社員(4.1%)という順になりました。
 
ちなみに、会社役員という人も1人いました。同じ20代とはいえ、さまざまな働き方があるのですね。
 

20代独身男性の貯金額や借金事情

収入について把握したところで、将来のための貯金額、そして気になる借金についても見てみましょう。
 

【あなたの貯金額はいくらですか?】

1位:10万円以上30万円未満 15.4%
2位:1万円以上10万円未満 14.1%
3位:100万円以上200万円未満 13.7%
4位:50万円以上100万円未満 12%
5位:30万円以上50万円未満 11.6%

 
貯金額については、かなりバラけた結果になりました。
 
10%台に達したのは、上記の5つのみ。20代独身男性の貯金額は、1万円から200万円未満に集中しているといえそうです。
 
ちなみに、5000万円以上あると回答した人は1人のみ。データは公表されていませんが、おそらく先ほどの会社役員と回答した人なのでしょうか?
 
さて、貯金の真逆ともいえるのが借金。将来結婚するのであればそれまでには精算しておきたいところですが、どのような状況なのでしょうか。
 
「消費者金融や銀行カードローンの利用経験はありますか?」に「ある」と回答した人は27.8%。「クレジットカードのリボ払いの利用経験はありますか?」に「ある」と回答した人は29%という結果に。
 
20代独身男性の3割ほどが、借金やリボ払いの経験があることがわかります。金額までは公表されていませんが、返済できる範囲であることを願いたいですね。
 

結婚したら共働きを希望する人が半数超え!

「将来は結婚したいと思いますか? 思いませんか?」という質問に「結婚したい」と回答した割合は、79.3%でした。
 
およそ8割の20代独身男性が結婚を望むなか、共働きを希望する割合を見てみましょう。
 

【将来結婚するとしたら相手女性にも働いてもらいたいですか?】

1位:働いてほしい 63.5%
2位:どちらでもよい 32.8%
3位:働いてほしくない 3.7%

 
明確に共働きを希望する人は、6割以上という結果になりました。コロナ禍で経済的に苦しい状況が続くいま、月収20万円未満の人が半数近くいた調査結果を踏まえると、パートナーにも働いてほしいと考える人が多いのも納得ですね。
 
「将来結婚したら家族を養っていける自信はありますか?」という質問には、74.7%の人が「ない」と回答しています。これもいまの時代を反映しているのでしょうか。
 
近い将来、コロナが収束して経済活動が活発になった後は、収入額や結婚観などにも変化がありそうです。今後の変遷も追っていきたいところですね。
 
[出典]
※株式会社タンタカ「20代社会人・独身男性に聞いた! 現在の貯金額は? 将来は結婚したい? したくない?」(株式会社共同通信ピー・アール・ワイヤー)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部