更新日: 2021.07.21 その他暮らし

夏のボーナスの使い道の1位は?「投資信託」が初めてのベスト10入りも

夏のボーナスの使い道の1位は?「投資信託」が初めてのベスト10入りも
みなさんは、夏のボーナスは出ましたか? ボーナスが出た人は、何に使ったのでしょうか。できる限り貯金に回したという人もいるかもしれませんね。
 
共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(東京都渋谷区)は、「Pontaリサーチ」会員3000人 を対象に、「第47回 Ponta消費意識調査」を実施しました(※)。夏のボーナスの使い道について見ていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

夏のボーナスの使い道の1位は8年連続で「貯金・預金」。調査開始以来「投資信託」が初めてベスト10入り

「夏のボーナス」の使い道を聞いたところ、1位は8年連続で「貯金・預金」(37.1%)となりました。 2位は「食品(ふだん食べるもの)」(5.3%)、3位「旅行(宿泊を伴うもの) 」(5.2%)でした。
 
また、10位は「投資信託」となり、2014年に調査を開始して初めて、上位10位に入りました。銀行の普通預金に預けているよりは、投資信託をした方がお金を増やせそうなため、投資をする人が増えたと思われます。
 
なお、「支給されない・分からない」は46.4%となり、コロナ禍で業績の厳しい企業が多いことがうかがえます。
 

夏のボーナスの半分以上を貯金する人が6割

夏のボーナスの支給金額のうち、貯金・預金したい額を聞くと、最も多いのは「75%以上」で33.0%を占めました。次いで「50%~75%未満」が27.8%となりました。支給金額のうち半分以上を貯金・預金したい人はあわせて60.8%となり、2019年以降少しずつ割合が増えています。先行き不透明な現在、もしものときのためにできるだけ貯金しておこうという意識があるのでしょう。
 
夏のボーナスの世帯あたりの支給額(想定額を含む)は「20万円~40万円未満」が24.3%で最も多いことが分かりました。 「20万円未満」はコロナ前の2019年6月調査と比べ5.1ポイント増加し21.3%となりました。コロナ禍で、ボーナスが減額となった企業も多く、やはり厳しい状況がうかがえます。
 

貯金・預金は「老後の生活への備え」「将来の消費への備え」のため

夏のボーナスの使い道に「貯金・預金」と答えた人のうち、用途を「決めている」のは40.8%でした。 具体的には、「老後の生活への備え」が52.9%、住宅購入や子どもの学費など「将来の消費への備え」が46.9%となりました。また、「収入の変化への備え」は35.9%でした。
 
今回のコロナ禍のような不測の事態で、給与の減額やリストラになることが将来絶対にないとはいえません。万一収入減となった際に備えて、貯金をしておこうという人が多いことが分かりました。
 
次に、消費者の節約志向を聞いたところ、「節約したい」派は62.0%となり、前回調査より4.4ポイント減少しました。コロナ生活も一年を過ぎ、節約しなければという緊張感が薄れてきたのかもしれません。
 
最後に、ポイントの活用意識と節約志向について聞きました。「節約したくない」派では、「分からない・決まっていない」が45.0%と最も多い一方で、 「節約したい」派では、「今使いたい」が44.9%と最も高い結果に。 「節約したい」派ではポイント活用意識が高いことがうかがえます。
 
以上のように、夏のボーナスは将来に備えた貯金をするという人が多く、コロナが収束するまでは不測の事態に備えておこうと考えていることが分かりました。ワクチン接種で1日も早く収束に向かうことを願います。
 
[出典]
※株式会社ロイヤリティ マーケティング「第47回 Ponta消費意識調査」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

PR
townlife-banner
ライターさん募集