更新日: 2021.12.27 暮らし

お年玉総額の平均はいくら? 中高生の約6割が合計1~5万円もらっている?

執筆者 : 前田菜緒

お年玉総額の平均はいくら? 中高生の約6割が合計1~5万円もらっている?
コロナも少し落ち着き、今年の年末年始は親戚が集まる家庭も多いのではないでしょうか。お正月に人が集まると「親戚の子に、お年玉をいくらあげよう……」そんな悩みも出てきます。
 
そこで、みんなどのくらいお年玉をもらっているのか、またその使い道は何か、データを見ながら、お年玉の金額や管理についてお伝えします。
 
前田菜緒

執筆者:

執筆者:前田菜緒(まえだ なお)

FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

保険代理店勤務を経て独立。資産運用と保険に強いファイナンシャル・プランナーとして、子育て世代向けに相談やセミナーを行っている。全国どこからでも受講可能なオンラインセミナーを毎月開催。自宅で学べる手軽さと講座内容のわかりやすさが好評。子どもが寝てからでも参加できるよう、セミナーや相談は夜も行っている。

https://www.andasset.net/

前田菜緒

執筆者:

執筆者:前田菜緒(まえだ なお)

FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

保険代理店勤務を経て独立。資産運用と保険に強いファイナンシャル・プランナーとして、子育て世代向けに相談やセミナーを行っている。全国どこからでも受講可能なオンラインセミナーを毎月開催。自宅で学べる手軽さと講座内容のわかりやすさが好評。子どもが寝てからでも参加できるよう、セミナーや相談は夜も行っている。

https://www.andasset.net/

ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大20,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

入会後3ヶ月以内のカード利用で、合計18,000ポイント獲得可能!
充実の付帯保険や各種サービスは、年会費以上の価値あり!
付帯サービスのラウンジサービスやプロテクションサービス、旅行傷害保険など
年会費(税込) 発行期間 ポイント還元率
13,200円 2週間程度 0.166%~1.0%
ETC(税込) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料935円(税込)

\ステータスで選ぶならアメックス/


詳細はこちら

お年玉はほとんどの子がもらっている

金融広報中央委員会のウェブサイト『知るぽると』による「子どもの暮らしとお金に関する調査(第3回)2015年度」によると、ほとんどの子がお年玉をもらっています。もらった相手は祖父母が8~9割と最も多く、次いで親戚、親となっています。
 
お年玉の総額としては、下記の金額が最も多い割合です。


小学生 低学年:1万円くらい       24%
小学生 中学年:1万~1万9999円   30.5%
小学生 高学年:1万~1万9999円   26.5%
中学生・高校生:1万~5万円未満    64.7%

上記は総額の金額ですから、個別にいくらもらったのか、までは分かりません。しかし、これは筆者の個人的な見解ですが、下記が年齢別の適正なお年玉の金額の目安になるのではないでしょうか。


未就学児      ~500円
小学校低学年 1000~3000円
小学校高学年 3000~5000円
中学生    5000~7000円
高校生・大学生    1万円

未就学児の場合、お金の価値が分からなければ、あげる必要はないと思いますが、お金に興味を持っているなら、少額のお年玉をあげることで金銭教育ができます。お金で物が買えること、お金には種類があってそれによって買えるものが違うことを伝えるとよいでしょう。
 

お年玉の使い道

『知るぽると』の調査では、お年玉の使い道で最も多いのは以下の回答です。


小学生:銀行や郵便局などに貯蓄する   約5割
中学生:おこづかいで足りないものを買う 約5割
高校生:おこづかいで足りないものを買う 約6割

銀行や郵便局に貯蓄をする割合は小学生が最も多いのですが、中学生や高校生でも約4割います。貯蓄をするなら、お金を銀行や郵便局に預けると思いますが、その際は、子どもが小学生でも、本人が手続きすることをお勧めします。
 
窓口でお金を預ける、ATMから入金する、どちらの方法でも良いですが、この手続きをすることが預金することであり、貯まることにつながるということを学習できます。
 
自分の貯金額にも興味が出て、貯蓄をすることやお金の価値を同時に理解できるようになります。大人がすべて管理するのではなく、子どもを主体にして大人はお手伝いする程度にとどめておきましょう。
 
なお、中学生で約3割、高校生で約2割がお年玉を家の人に渡すと回答しています。もしかすると、親が生活費にあてている可能性もありますが、お年玉は子どものお金。管理は本人に任せないと本人がお金の管理をできなくなってしまいます。
 
中学生や高校生の場合は、本人に管理を任せるのがよいでしょう。
 

ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大40,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

厳選されたレストランで1名分が無料に!
無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート!
家族カードの年会費が1枚無料!
年会費(税込) 発行期間 ポイント還元率
31,900円 2週間程度 0.4%~1.0%
ETC(税込) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料935円(税込)

\ステータスで選ぶならアメックスゴールド/


詳細はこちら

お年玉の管理を本人にさせる理由

子どもが小学生以上なら、お年玉の管理は基本的に子ども本人にさせることをお勧めします。本人が管理しきれない金額や、子どもが未就学児の場合は別ですが、子どもがお年玉の管理から学ぶことは多いものです。
 
自ら管理をすることで、物の価値が分かり、その物が安いのか高いのか金銭感覚を身に付けられます。貯蓄をする経験も大切ですが、欲しいものを手に入れる経験も大切です。当然ながら欲しいものを買うとお金はなくなりますが、なくなるに値する買い物かどうかは、子どもは経験から学びます。
 
お年玉はお金の管理方法を学べる貴重な機会です。子どもを主体にして親子で管理について話し合うのもよいでしょう。子どもの年齢に合った対応をしつつ、基本的にはお年玉の管理は子どもに任せましょう。
 
出典
金融広報中央委員会 知るぽると「子どもの暮らしとお金に関する調査(第3回)2015年度」
 
執筆者:前田菜緒
FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション

auじぶん銀行