更新日: 2022.05.19 暮らし

もしも海外に避難したら。避難先で貯金は引き出せる?

もしも海外に避難したら。避難先で貯金は引き出せる?
思わぬ緊急事態で、海外への避難生活が余儀なくされる場合もあります。
 
数日程度なら現金で用意しておくことも可能ですが、戦争のようにいつ終結するか予想が難しい場合はなかなかそうもいきません。現地で調達する必要性が出てきます。
 
そこで今回は、海外でも避難先で自分の預金を引き出すことは可能なのか、またその方法について紹介していきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

海外の避難先で預金を引き出すことは可能

結論からいえば、海外から自分の預金を引き出すことは可能です。ただし、国内のどの銀行口座でも可能ということではありません。もっとも簡単で引き出しやすい方法は「デビットカード」を利用することです。
 
海外では、手持ちのクレジットカードのキャッシング枠から現金を引き出せます。空港やホテル、街中など対応しているATMであれば暗証番号を使って限度額内で利用することができます。これと同じように、JCBやVISAといった国際ブランドと提携しているデビットカードなら、海外の避難先から預金を引き出すことが可能です。
 
ただし、デビットカードの場合、国際ブランドと提携していてもクレジット機能は付いていません。
 
クレジットカードの本来の機能は「ショッピング利用時の立替サービス」で、キャッシング枠を付けていれば「借入」もできます。デビットカードもクレジットカードと同じ感覚でショッピングにも使えますが、立替ではなく自分の預金から直接引き落とされます。つまり、通常のクレジットカードと同じ使い方が、自分の預金でできるということです。
 
デビットカードでATMから現金を引き出す際、通常はその時のレートで計算された現地通貨が出てきます。現地通貨での預金がなくても心配することはありません。
 

手数料や利用場所など事前確認は必要

海外でも利用できるデビットカードは、VISAやJCBといった国際ブランドと提携している他に「PLUS」マークが付いていることが前提です。
 
「PLUS」マークは海外でも利用できることを意味するもので、通常のクレジットカードにも付いているものがあります。自分のデビットカードが海外でも使えるかどうか判断するには、まず「PLUS」マークがあることを確認しておきましょう。新規でデビットカードを作るときも「PLUS」マークがあるカードにしておくと海外でも使えて便利です。
 
実際に利用できる地域や場所は国際ブランドごとで異なります。また、同じ地域であってもATMが置かれている場所や時期によって利用手数料が異なることもあります。利用場所や手数料については、事前に確認しておくと安心です。金融機関のホームページでもATMの利用可能な場所や利用方法についての説明はされていますが、不明な点があれば直接問い合わせておくといいでしょう。
 
また、普段利用していない口座の場合は、避難前に暗証番号を確認しておくと慌てずに済みます。
 

国際ブランドと提携したデビットカードがあれば引き出しは可能

日本国内にある銀行口座から預金を引き出すとき、もっとも簡単な方法はデビットカードを利用することです。
 
VISAなど国際ブランドのクレジットカードと提携しているデビットカードなら、自分の預金から直接ショッピングや現金の引き出しができます。クレジットカードに対応しているATMを利用できる点は、国際ブランドと提携しているデビットカードの大きなメリットです。
 
「PLUS」マークの有無や利用可能な地域などを事前に確認し、新たに作っておくのもいいでしょう。1枚でも持っていれば、他の口座から預金を移動させて使うこともできます。
 

出典

JCB 海外で現地通貨を引き出す方法
三井住友銀行 SMBCデビットの使い方
ソニー銀行公式ブログ 海外ATMでの引き出し方 現地通貨をおトクに調達する方法
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード