更新日: 2022.05.27 暮らし

着物やはかまは買う? レンタルする? レンタルする場合はいくら出す?

着物やはかまは買う? レンタルする? レンタルする場合はいくら出す?
日本の伝統衣装である着物。なかなか着る機会が少なくなっていますが、成人式や卒業式、結婚式のほか、子どもの七五三などで着物を着ることがあります。
 
総務省統計局家計調査によると、2021年の「和服」の平均支出金額は2066円。また、着物のレンタルを含む「被服貸借料」は1332円でした(※1)。
 
2011年の平均支出金額をみると、「和服」が3669円、「被服貸借料」が1152円となっており、和服の支出金額は10年前の56.3%と、半分近く減っています(※2)。一方、「被服貸借料」は115.6%となっており、10年前から増えています。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

子どものお宮参りや七五三で着物やはかまはレンタルが最も多い

株式会社日本マーケティングリサーチ機構(本社:東京都新宿区)は、日本全国の10~70代の男女を対象に「着物レンタル」に関するインターネット調査を行い、有効回答586件を得ました(※3)。
 
お宮参りや七五三等で着物を着るかどうか、買うかレンタルするか等を聞いています。子どものお宮参りや七五三に行った、もしくは行く予定はあるか尋ねたところ、22.18%があるとの回答でした。
 
先の質問で「はい」と答えた人に、着物やはかまはどう手配するか聞いたところ、「レンタル」が 17.58%、「購入 」が7.17%、「誰かのお古 」が5.46%という結果で、レンタルする人が多いことが分かりました。
 
また、「そもそも着ない」は69.80%で、約7割の人は着物やはかまを着ないと回答しました。
 

着物レンタルする場合の予算は2万円以下を希望

「そもそも着ない」と答えた人に、着ない理由を尋ねたところ、「知識がない」が 39.76%、「めんどくさい」が 28.84%、「予算が合わない」 が24.74%という結果でした。和服はたくさんの小物が必要で、着付けを習っていないと着られないため、面倒だと思う人が多いようです。
 
また、着物は購入する場合で数万~数十万円、レンタルでもある程度の費用がかかるため、予算オーバーで断念する人もいると思われます。
 
「レンタル」と答えた人に、レンタルの予算を聞いたところ、「~2万」が73.72%で最も多い結果となり、レンタルするにしても、あまりお金をかけたくない様子がうかがえます。次いで、「2万以上5万未満」が 18.09%、「5万以上8万未満 」が5.63%、「8万以上」が 2.56%となりました。
 

着物の手配は1年以上前から

着物やはかまを「購入」「レンタル」「誰かのお古」と答えた人に、イベントのどれくらい前に着物やはかまを用意するか尋ねたところ、「1年以上前」が53.24%との回答で、1年以上前からすでに準備をしていることが分かりました。
 
また、「1ヶ月前」が19.11%で、約2割の人は直前に準備しているようです。以下は「半年前」が 15.87%、「3ヶ月前」が 11.77%となりました。
 

着物を着たい人は、レンタルで2万くらいと考えている人が多い

現在、着物を着る機会は少なくなっていますので、特別な日には着物を着たいものです。もしも購入するには高価だったり、保管する場所がなかったりするならば、レンタルするのもよいでしょう。
 

出典

※1:総務省統計局 家計調査 2021年<品目分類>1世帯当たり年間の支出金額,購入数量及び平均価格 表番号4-1
※2:総務省統計局家計調査 2011年<品目分類>1世帯当たり年間の支出金額,購入数量及び平均価格 表番号4-1
※3:株式会社日本マーケティングリサーチ機構 着物レンタルに関する一般調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行