更新日: 2022.05.29 暮らし

最大20,000ポイント付与! マイナポイント第二弾の取得方法について徹底解説

最大20,000ポイント付与! マイナポイント第二弾の取得方法について徹底解説
「マイナポイント第二弾」が6月30日から開始されます。総務省マイナポイント事務局によると、健康保険証としてマイナンバーカードの利用申し込みを行った人(既に利用申し込みを行った方も含みます)と公金受取口座の登録を行った人(既に登録を行った方も含みます)がそれぞれ7500ポイントずつ、計15000ポイントを取得できるとしています。
 
これに加え、2021年12月末までにマイナポイント第1弾に申し込んだ方で、まだ2万円のチャージやお買い物を行っていない場合(最大5000円分までポイント付与を受けていない方)は、2022年1月1日以降も引き続き、上限(5000円相当)までポイントの付与を受けることができると発表されています。
 
これからマイナンバーカードを申請しようという場合、期限は2022年9月末までです。また、これらのポイント付与を受けるための申込期限は2023年2月末までですのでご注意ください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

マイナポイント事業第一弾でマイナポイントの予約を行わなかった人は45%もいた!?

株式会社エイチームフィナジーは、2021年12月末に終了したマイナポイント事業について、20歳以上59歳以下の男女800名を対象に意識調査を実施しました。その結果、2021年7月中旬までにマイナポイントの予約を行っていない人が約45%、そもそもマイナポイント事業について知らない人が22%であったことが分かりました。(※2)
 

 
予約しなかった理由は、「そもそもマイナンバーカードを作ることに抵抗があった/面倒くさかった」(61.0%)という理由に次いで、2番目に「予約の手順が複雑で分かりにくかった」(21.6%)ことが挙げられました。
このことから、マイナポイントの予約手順に不満を抱いている方が一定数いることが分かります。
 

 

マイナポイントの予約はたったの10分で完結

さて、マイナポイントの予約手順が複雑だと感じている方に、あらためて解説していきたいと思います。
 
まず、まだマイナンバーカードを取得していない人向けの取得方法についてです。
 
【1】以前郵送された「通知カード」の下についている交付申請書または個人番号通知書を持って、スマートフォン/パソコン/証明用写真機/郵便のいずれかで申請します。
その際、顔写真の撮影が必要になりますのでご注意ください。「通知カード」をなくしてしまった人は「本人確認書類(免許証、パスポートなど)」を持って市区町村窓口で再発行を依頼しましょう。
 
【2】その後おおむね1ヶ月で交付通知書(はがき)が届くので、その間に以下の必要書類を用意してください。
□交付通知書(はがき)
□「通知カード」(令和2年5月以前に交付を受けている方)
□本人確認書類
 
【3】交付通知書に記載された期限までに、必要書類をもって交付場所へマイナンバーカードを取りに行きます。
また「本人確認書類」については、何が使えるのか、市区町村のホームページで確認しておきましょう。
 
次に、肝心のマイナポイントの予約・申込手順について説明します。
 

 
【1】まず、マイナンバーカード/数字4桁のパスワード(パスワードはマイナンバーカードの申請時or受取時にご自身で設定した「数字4桁」です。)/決済サービスID(セキュリティコード)の3点を用意します。
 
【2】続いて専用のアプリ・ソフトを、お手持ちのスマートフォンまたはパソコンでダウンロードします。パソコンの場合は専用のカードリーダーが必要になりますのでご注意ください。
 
【3】スマートフォンの場合はマイナポイントアプリを起動し、パソコンの場合はマイナポイント予約・申し込みサイトの「マイページのログイン」から「利用者マイページ」をタッチ(クリック)し、マイナンバーカードとパスワード(数字4桁)を使ってログインしてください。
 
【4】ログインが済んだら「マイナポイントの予約」をし、そのまま「マイナポイントの申込」画面へ進みます。そこでマイナポイントをもらう決済サービスを選択したり、「申込情報(決済サービスID、セキュリティコード、電話番号の下4桁)」を入力したり、マイナンバーカードを読み込んだりして完了です。
 
【5】この他、セブン銀行のATMで登録する方法もあります。(※3)
 
マイナポイントの申し込み完了後、キャッシュレス決済サービスで2万円のチャージもしくはお買い物をすると、選択したキャッシュレス決済として上限5000円分のマイナポイントが付与されます。(第一弾)
 
ポイントの付与タイミングや、受け取り方、有効期限、付与状況等の確認は、各決済サービスによって異なるため、事前に確認しておくとスムーズかもしれません。
 

マイナポイントでおトクにお買い物を!

予約手順が複雑で分かりづらいと感じてしまいがちなマイナポイントの予約は、意外にも【1】マイナンバーカード、【2】数字4桁のパスワード(パスワードはマイナンバーカードの申請時or受取時にご自身で設定した「数字4桁」です。)、【3】決済サービスID(セキュリティコード)の3点だけそろえていれば、すぐに始められることがお分かりいただけたと思います。
 
第一弾ではマイナンバーカード取得や、マイナポイントの予約に踏み切れなかった方も、今回の第二弾を利用して最大2万円分のマイナポイントをゲットし、おトクにお買い物を楽しみましょう!
 

出典

※1:総務省 マイナポイント事務局 マイナポイント事業に関して
※2:株式会社エイチームフィナジー 「2021年9月末に終了予定のマイナポイント事業について」の調査
※3:総務省 セブン銀行ATMのマイナポイント予約・申込方法
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行