更新日: 2022.06.17 暮らし

【7月じゃ遅い!】エアコン点検を「今のうち」にしておくべき3つの理由

【7月じゃ遅い!】エアコン点検を「今のうち」にしておくべき3つの理由
梅雨を過ぎると、すぐに本格的な夏がやってきます。夏本番を迎えると例年、日本列島は津々浦々、たとえ北国でも連日のように猛暑日を記録します。暑さ対策や熱中症対策にも、日本の夏にはエアコンが欠かせません。
 
ところで、エアコンは定期的に点検するのが基本。使いたいときに快適に使うためにも、本格的な夏が来る前に点検を済ませたいところです。そこで今回は、エアコン点検を「今のうち」にしておくべき理由を3つ紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

使いたいときに使えない? エアコンは壊れてからでは遅い!

エアコンはシーズンによって、頻繁に使う時期と全く使わない時期がある家電です。エアコンに限らず、電化製品は「使わないまま放置する」ことが一番の故障の原因になるといわれます。気温が落ち着いている春や秋など、長期間使わない時期があるエアコンは、その間に壊れてしまっていることも少なくありません。そうなれば、いざ使いたいときに使えなくなってしまいます。
 
もちろん、壊れていたら修理や買い替えをすれば済む話ですが、梅雨が明けてすぐの段階では本格的な夏の暑さに体がまだ慣れていません。そんなときに、エアコンなしで猛暑日を迎えることになったら、熱中症を引き起こしてしまう危険性も十分に考えられます。だからこそ、本格的な夏を迎える前の「今のうち」に、エアコン点検をしておいたほうが良いのです。
 

エアコンの点検や修理の依頼は7月に殺到する

空調機器メーカーの大手ダイキンによりますと、エアコンの点検や修理の依頼は7月に殺到するそうです。使わない期間は放置されることが多いエアコンは、実際に稼働してみて初めて故障に気付くケースが少なくありません。夏本番を迎える7月は、眠らせていたエアコンを稼働させる家庭が多いため、その時に故障に気付いて慌てて点検や修理の依頼を出す、というわけです。
 
ところが、7月は同様の依頼が殺到するため、予約を取り付けるだけでも一苦労です。中には、業者との日程調整がつかず、暑い日が続いているのにエアコンなしでの生活を強いられてしまう場合もあります。万が一、エアコンが壊れていた時に備えて、できるだけ早めにエアコンの状態をチェックしておきましょう。
 

買い替えにも支障が!7月8月は家電量販店も混む!


 
エアコンの買い替え時は10年前後が目安だとされます。夏になってエアコンの故障に気付いたら、点検や修理ではなく買い替えも選択肢のひとつです。しかし、夏本番を迎える7月8月は、家電量販店のエアコン売り場も繁忙期を迎えます。その結果、欲しいエアコンが見つかっても、在庫がなく結局買うことができないことも珍しくありません。
 
また、エアコンは購入後に自分で設置するのが困難な家電です。そのため、家電量販店でエアコンを購入した場合、そのまま取り付け工事まで依頼するのが一般的な流れとなります。
 
ただ、7月8月は店側も繁忙期で対応が追い付かず、設置工事の日程に大幅な遅れが生じてしまうことも少なくありません。故障してすぐ買い替えても、日程の問題で自宅への設置が遅れれば、しばらくは厳しい夏を過ごすことになるでしょう。こうした事態も、早いうちから点検しておけば未然に防ぐことができます。
 

早めのエアコン点検で快適な夏を!

夏を快適に過ごすためには、エアコンの存在が何より欠かせません。しかし、業界が繁忙期を迎える7月では、エアコンの故障に気付いても手遅れです。しかも昨今の世界的な半導体不足の影響などからエアコンをはじめさまざまな家電が品薄状態となっています。7月を迎える前に、しっかり点検して故障がないか確認しておきましょう。
 
万が一、故障が見つかっても、まだ夏前の早い段階なら対応してもらえる可能性はあります。早め早めの行動を心がけ、快適な夏を迎えましょう。
 

出典

DAIKIN PROSHOP 夏に壊れたら大変!エアコンはシーズン前に試運転を
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード