更新日: 2022.12.09 その他暮らし

電気代が気になる冬。暖房器具を効率的に使う方法とは?

電気代が気になる冬。暖房器具を効率的に使う方法とは?
暖房器具にかける電気代を節約したいと思う方は多いでしょう。電気代の値上がりが家計を逼迫する状況なら、なおさらです。
 
しかし、暖房器具は種類が多いため、どれを選べばよいのか判断に困るかもしれません。
 
そこで今回は、暖房器具をより効率的に使う方法も解説します。ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

暖房器具って何があるの? 使用用途別に紹介

暖房器具は使用用途によって、主に以下のような3種類に分けられます。
 

1.部屋全体を暖める

2.足元を温める

3.体を直接温める

 
部屋全体を暖める暖房器具には、送風を使って部屋全体を暖める「エアコン」、輻射熱を放射して部屋全体を暖める「オイルヒーター」や「パネルヒーター」、短時間で部屋全体を暖めることが可能な「石油ファンヒーター」や「ガスファンヒーター」などがあります。
 
足元を温める暖房器具には、空気が乾燥しないことや、ほかの暖房器具と併用できることなどが特徴の「ホットカーペット」、空気が汚れず換気の必要のない「セラミックファンヒーター」、ほかの暖房器具とも併用できて持ち運びにも便利な「電気毛布」などがあります。
 
ただし、これらの暖房器具は長時間の使用により、低温やけどのリスクがあるので注意してください。
 
体を直接温める暖房器具には、ハロゲンランプを利用した「ハロゲンヒーター」、炭素繊維を利用した「カーボンヒーター」、そして、金属パイプ(シーズ)で覆ったニクロム線を電気で発熱させて体を温める「シーズヒーター」などがあります。
 
ただし、シーズヒーターは、温度が上がるまで5分ほどかかり、下がるときにも時間がかかるので注意が必要です。
 

暖房器具をより効率的に使う方法は?

暖房器具をより効率的に使うには、以下の5つの方法がとても有効です。
 

1.レッグウオーマーやネックウォーマーなどの防寒グッズを身につけて、暖房器具の稼働時間を減らす。

2.エアコンは運転開始時にもっとも電力を消費するため、むやみにオンオフをくり返さない。

3.断熱効果のあるカーテンや断熱シートを利用して、暖まった空気を外へ逃さないようにする。

4.扇風機やサーキュレーターで、部屋の下方にたまった冷たい空気を循環させる。

5.湿度が上がると体感温度が高くなる傾向があるので、加湿器を併用する。

 
このように、少しの工夫でより電気代を節約することが可能です。
 

暖房器具の安全性を高める方法を紹介

暖房器具には、可燃物への引火や機器の転倒などによる火災、不完全燃焼による一酸化炭素中毒、といったリスクが存在します。
 
以下の7つのポイントを実行することで、これらのリスクを減らすことが可能です。
 

1.暖房器具の使い始めは必ず清掃して、引火する可能性のあるホコリやゴミを除去する。

2.長期間の保管によって性質が変化した可能性や、水分が混入した可能性のある不良灯油は、不完全燃焼の原因となるので使用しない。

3.暖房器具の上に、引火したり落ちたりする可能性のある洗濯物を干さない。

4.カーテンや布団、マッチやライターなど、可燃物をそばに置かない。

5.燃焼を伴う暖房器具なら、定期的に換気を行う。

6.給油が必要なら、確実に電源を切ってから行う。

7.就寝時には、布団の不用意な接触を避けるためにも暖房器具の電源を切る。

 
特に子どもや老人、ペットのいる家庭では、よりリスクが高まるので注意しましょう。
 

暖房にかかる電気代を減らして快適な冬を過ごしましょう

生活費を考える上で、電気代のかからない暖房器具を選ぶのはとても大切です。しかし、電気代だけを考えて安全性をないがしろにし、火災事故などを起こしても本末転倒でしょう。
 
今回は、さまざまな暖房器具を紹介するとともに、より効率的に暖房する方法や安全性を高める方法を解説しました。寒い冬を快適に過ごすためにも、ぜひ参考にしてみてください。
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部