更新日: 2022.12.19 その他暮らし

正月太りしないように今から筋トレを始めたい! 筋トレを安く抑えるには…?

正月太りしないように今から筋トレを始めたい! 筋トレを安く抑えるには…?
12月から年始にかけて、クリスマスパーティーや忘年会など何かと食べる機会が増える時期です。仕事始めの頃には、体重が増えてしまうという人は多いのではないでしょうか。
 
健康的に体重を維持するには、筋トレを行うなど適度に体を動かすのが一番です。
 
今回は、正月太りに備えてできるだけお金をかけずにできる筋トレの方法を紹介していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

YouTubeの筋トレ系チャンネルを参考にする

YouTubeには、さまざまな筋トレ系のチャンネルがあります。1本あたり3〜14分程度の時間に収まっていることが多く、自宅で手軽に筋トレができます。プレミアム会員にならずに視聴する場合は、広告が邪魔に感じるかもしれませんが、短めの動画なら開始前に1〜2本の広告が流れる程度です。開始時だけならトレーニング中にストレスを感じることもないでしょう。
 
お金をかけずに筋トレがしたいなら、自重トレーニングが向いています。自重トレーニングとは、自分の体重で負荷をかけるトレーニングのことで、ダンベルのような器具を使うことはありません。無料配信の動画を参考にして自宅で自重トレーニングを行えば、費用がかかるといっても通信費程度で済みます。特に、これまであまり体を動かしてこなかった初心者なら、まずは手軽な自重トレーニングがいいかもしれません。
 

低価格で利用可能なオンラインレッスンを受ける

「自分だけでトレーニングを続ける自信がない」「スポーツジムやスタジオでレッスンを受けたい」という人は、1ヶ月3000円程度から利用可能なオンラインレッスンを利用するという方法もあります。
 
筋トレの他にダンスやヨガ、ピラティスなど豊富なメニューの中から選ぶことができます。プロのトレーナーが指導を行ってくれるので、実際に通っているような感覚で体を鍛えることが可能です。レッスンは、5時〜26時までの間ならいつでも受けられます。例えば、起床後の目覚まし代わりや休憩時間、就寝前など、隙間時間を有効に使えます。
 
ジムやスタジオに通うとなると、ウエアやシューズなど必要なものをそろえなければなりません。オンラインレッスンは、動きやすい服装であれば気にせずにできるのもメリットです。
 

トレーニンググッズは100均やホームセンターなどで安く購入する

ヨガマットやダンベル、腹筋ローラーなど最低限の器具が欲しいときは、100均やホームセンターなどで安く購入することもできます。
 
さすがに100均で買えるものは限界がありますが、ウオーターダンベルなら100円でも購入は可能です。はじめから重さのあるダンベルとは違い、水を入れるだけなので手軽ですし、不要になったら水を抜いてしまえば処分方法で悩むこともありません。
 
マットや腹筋ローラーなどの手頃な器具なら、オンラインショップやホームセンターなどで1000〜2000円程度で購入できます。
 

筋トレは無料動画や低価格のオンラインレッスンで手軽にできる!

筋トレは、ジムやスタジオに通わなくても、動画やオンラインレッスンなど手軽に始められる方法はあります。器具も、簡単なものであれば少ない費用でそろえることは十分可能です。体を動かしやすい服装であれば、わざわざウエアをそろえる必要もありません。
 
自分の体力やライフスタイルに合わせながら、空き時間を上手に利用してみましょう。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部