更新日: 2023.05.12 その他暮らし

【コロナで問題が明るみに】ロスフラワーをお得に買って花を救おう

【コロナで問題が明るみに】ロスフラワーをお得に買って花を救おう
ロスフラワーという言葉を、聞いたことがありますか?使われることなく、破棄される花のことです。
 
大きなイベントには欠かせないというだけでなく、私たちの生活に彩りを添えてくれる花。テーブルや棚の上に花があると、温かい気持ちになります。
 
しかし、生花店で売られている鮮やかな花の裏では、行き場をなくして廃棄される「ロスフラワー」が増加するという現状もあります。本記事では、ロスフラワーの現状や、花の購入先についてご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【経済損失1500億円?】ロスフラワーの現状

ロスフラワーとは、使われることなく廃棄される花のことです。まだきれいに咲いているのに捨てられてしまう花が多く、問題になっています。
 
予約していた大きなイベント・結婚式・食事会などがキャンセルされると、大量の花が使われることなく破棄されてしまいます。
 
また、花に問題がなくても、茎が曲がっている、規格外で商品にならないなどの理由で捨てられることも少なくありません。経済損失は、なんと1500億円にも上るといわれています。
 

ロスフラワーを救う試み

まだきれいな状態の花を破棄しなければならない現実に、心を痛めている方も多いでしょう。そこで、ロスフラワーを救うべく、いろいろな試みが行われています。
 
例えば「フラワーライフ振興協議会」や朝日新聞のコラムでは、ロスフラワーについて取り上げ、現実をみんなに知ってもらう努力が払われています。
 
積極的に、ロスフラワーを扱うショップも。ロスフラワーを使った空間づくりを提案したり、新鮮できれいな花を販売したりしています。
 

【ネットで注文】ロスフラワーを購入できるショップ3選!

「ロスフラワーを減らす試みに積極的に協力したい!」と思う方もいらっしゃるでしょう。ロスフラワーは、ネットでも購入可能です。
 
ショップでは、個人の家で飾りやすい小さなブーケ・大量に購入できるもの・定期便など、それぞれ工夫を凝らして販売しています。本項目では、ネット上でロスフラワーをオーダーできるショップ3選をご紹介します。
 

FORESTY

FORESTYは、花の生産者・植林家と提携し、花を救い、緑を増やす取り組みを行っています。
 
その取り組みとは、「定期便で花束を数回注文すれば、植林される」というものです。地球の環境にまで協力できると思うと、ワクワクするのではないでしょうか。
 
FORESTYでは、贈り物用と定期便のオーダーができます。5種類のプランがありますので、部屋の広さ・飾る場所などに合わせてぴったりな花束を選べることがメリットです。
 
センスのある花束ですので、「今回はどのようなデザインだろう?」と、毎回楽しみにしている利用者も大勢いるようです。
 

プラン ソイルプラン シードプラン ルートプラン ステムプラン ブルームプラン
花の本数 3本以上 4本以上 7本以上 9本以上 13本以上
値段 700円 900円 1400円 2000円 3000円
送料 360円 360円 550円 550円 550円
発送方法 ポスト ポスト 宅配 宅配 宅配

 
※筆者作成、すべて税込み
 

フラワーサイクルマルシェ

RIN が運営するフラワーサイクルマルシェでは、ユリとバラの販売をメインに行っています。また、生花の発送だけではなく、ロスフラワーを使った空間づくりの提案や、ドライフラワーの販売にも積極的に取り組んでいます。
 
フラワーサイクルマルシェは、ホームページの商品一覧の中から、好きなプランを選ぶシステムになっています。商品はさまざまで、定期便や季節限定の花束・ドライフラワーなどがあります。
 
大人気なので、すぐに完売になってしまうことも。頻繁にチェックして、気になるものがあったときには、すぐに購入したほうがよいでしょう。
 
【商品の一例】
 

プラン バラ15本セット 【定期:おまかせ】アソートセット
花のボリューム 15本 2~3種類の花が届く
値段 3980円 3800円
送料(プランにより異なる) 無料 発送地域により異なる
その他 +1000円でラッピング

 
※筆者作成、すべて税込み
 

bloomee

bloomeeは、定期便で花が届くシステムになっています。コップに気軽に生けられるような3本のタイプ・小さい花束・華やかなボリュームの花束から、プランを選べます。
 
お試しの体験プランもありますので、「今まで家に花を飾ったことがない」という方でも、気軽に試せます。
 
一度購入してみて、気に入れば、定期便にするというのでもよいでしょう。毎回、違う花束が発送されるため、「ギフトを受け取るときのようにワクワクする」と評判です。
 

プラン 体験プラン レギュラープラン リッチプラン
花の数 3本 4本以上 8本以上
定期便の値段 550円/回(送料275円) 880円/回(送料385円) 1980円/回(送料550円)
単品購入 640円(送料275円) 1200円(送料385円) 2700円(送料550円)

 
※筆者作成、すべて税込み
 

お花を生活へ取り入れるならロスフラワーの活用を

花は、私たちの生活に彩りや癒やしを与えてくれる大切な存在です。「すてきな花を見ていると、イライラした気持ちが落ち着いた」「テーブルに花が飾られていて、ほっこりした」といった経験をされた方も多いでしょう。
 
ロスフラワーを積極的に購入することで、捨てられる花を減らせますし、私たちも幸せになれます。「たった3本の花」でも、大勢の人が積極的に注文すれば、数万本にもなります。
 
「花を生活に取り入れてみたい」と感じていらっしゃる方は、利用してみてはいかがでしょうか?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集