更新日: 2023.05.12 その他暮らし

「AIが仕事を奪う未来」が現実に? 代替されにくい職業とは?

「AIが仕事を奪う未来」が現実に? 代替されにくい職業とは?
「AIに関する報道が増えている」「世間のAIへの関心が高くなっている」と感じたことはないでしょうか。実際、2023年4月時点において、対話型AI(テキスト生成AI)などが注目を集めています。
 
では、AIが仕事を奪う未来は現実に訪れるのでしょうか? 本記事では、AIによって代替されづらい職業を考察していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

AIによって代替される可能性がある仕事とは?

経済産業省が公表している資料、未来人材ビジョン(令和4年5月)によると、AIとの共生について次のように記されています。
 
「将来の不確実性を背景に、リスキルや、AI・ロボットとの共生の在り方に対する関心が高まっている。」
 
また、同資料内に掲載されている「職種ごとの自動化可能確率と雇用者数の分布」によると、自動化可能確率が高い職業として、会計事務従事者や総合事務員などが挙げられています。
 
一方、代替されづらい仕事(業界)としては、看護師(准看護師を含む)、介護職員(医療・福祉施設等)などの名称が掲載されています。
 
ただし、「『日本の労働人口の49%が将来自動化される』との予測もあるが、AIやロボットによる雇用の自動化可能性に関する統一見解はない。」という表記もあるため、自動化=AIとはかぎらない点に注意が必要です。
 
ほかにも同資料では、「AIやロボットで代替しやすい職種では雇用が減少するが、代替しづらい職種や、新たな技術開発を担う職種では雇用が増加する。」という記述があり、「主な『職種』ごとの、必要となる労働者数の相対的変化(高成長シナリオ)」として、以下4つの職種が成長すると予測しています。


・生産工程従事者
・専門的・技術的職業従事者
・サービス職業従事者
・輸送・機械運転従事者

上記に先ほどの看護師・介護職員(医療・福祉従事者)を加えると5つです。
 
なお、令和4年賃金構造基本統計調査(産業別)によると、「医療、福祉」の平均月収は29万6700円、「製造業」は30万1500円、「学術研究、専門・技術サービス業」は38万5500円、「運輸業、郵便業」は28万5400円となっています。
 
業種によって賃金にバラツキはあるものの、基本的には専門的なスキルや、人の力が必要な仕事はAIに代替されづらいといえるでしょう。
 

将来的に重要度が高くなりそうな資格やスキル

ここまで紹介した資料の内容を踏まえると、医師や看護師、介護士のような医療・福祉系の資格は、今以上に重要度が高くなる可能性があります。機械運転に関する資格も需要が増えると予測できます。
 
また、専門的・技術的なスキルが求められやすいともいえます。例えば会計事務従事者や総合事務員は「自動化可能確率が高い仕事」ですが、公認会計士や税理士のような資格を取得することにより、AIに代替されづらくなるでしょう。
 
ただし、会計・法律系の国家資格がある場合も、AIが書類作成する未来を予測したうえで、「どのようにAIと共存し、AIを活用していくか」という視点が大切といえます。
 

まとめ

本記事ではAIによって代替される可能性がある仕事、代替されづらい仕事について解説しました。明確な未来予測は難しいものの、人の力が必須な仕事に関しては、AIに奪われにくいのではないでしょうか。
 
ただしAIは日進月歩で進化しているため、今後も注目を続けてみてください。
 

出典

経済産業省 未来人材ビジョン
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況(産業別)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集