更新日: 2023.05.12 その他暮らし

家財整理、元気なうちにやっておきたい。どんなことをやってくれるの? 料金の相場ってある?

家財整理、元気なうちにやっておきたい。どんなことをやってくれるの? 料金の相場ってある?
自分が亡くなった後、家族に負担をかけたくないと考えている方は多いのではないでしょうか? 最近は生前から、身の回りの家財を整理・処分する方が増えてきていますが、自分1人で家財整理をするのは大変なため、業者に依頼するのも1つの手です。
 
そこでこの記事では、家財整理を業者に依頼するとどのようなことをやってくれるのか、また料金相場について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

家財整理とは?

家財整理とは、身の回りの家財道具を整理して不要なものを処分することです。しかし、家財整理は「遺品整理」と何が違うのか、疑問に思う方もいるでしょう。
 
家財整理は、「生前整理」「遺品整理」「空き家整理」などを総称した言葉です。遺品整理とは、親族が亡くなった後、遺族が身の回りの家財道具を処分することを指します。
 
一方で家財整理とは、生前に自分で家財を整理する際にも、遺族が家財を整理する際にも用いられます。家財整理はより広い意味で使われると考えても問題ありませんが、今回は主に生前整理について解説します。
 

家財整理を業者に依頼した場合、何をしてくれるのか

家財整理を業者に依頼する場合の一般的な流れは、以下の6ステップです。

相談

見積もり

仕分け・⽚付け・分別

搬出作業

室内の清掃

支払い

作業当日の流れを詳しくみてみましょう。まずは見積もりを行い、依頼主が料金に納得できれば契約して作業開始です。
 
最初に必要なものと不要なものを仕分けて、買い取りできるものに関しては、その場で鑑定が行われます。買い取りを希望する場合、買い取り額が作業料金から差し引かれます。その後、廃棄分を搬出して室内を簡易的に清掃すれば作業終了です。
 
家財整理を業者に依頼するメリットは、家財の処分だけでなく、買い取りも依頼できる場合がある点です。その場で遺品整理士などプロの鑑定士が鑑定して査定額を出してくれるため、後日買い取り業者に依頼する手間が省けます。また、作業料金から買い取り額が差し引かれるため、想定よりも安く済むケースもあるでしょう。
 
さらに、年齢を重ねると不要な家財の移動や搬出が大きな負担となるため、業者にすべて任せられる点も魅力です。「自分1人では家財が必要か不要かを判断できない」「ゴミが増えすぎて手が付けられない」という方も、業者に依頼することで、そうした悩みは解決します。
 

家財整理の料金相場

家財整理を業者に依頼した場合の料金の相場は、間取りや作業員数によって異なります。ワンルームが3万円程度~、1DK・1LDKが6万円程度~、2DK・2LDKが12万円程度~、3DK・3LDKが17万円程度~となっています。
 
多くの場合は当日、作業開始前に見積もりを行います。見積時に正式な書類を作成してくれるのか、また、作業によって追加料金がかからないかといったことは、必ず確認しておきましょう。見積もり結果に納得できない場合や、担当者の対応に不安を感じた場合は契約しないようにしましょう。
 

家財整理を業者に依頼する場合は、事前に複数の業者を比較しよう

家財整理を業者に依頼すると、家財の処分だけでなく、同時に買い取りも依頼できることもあり、便利です。自分で必要なものと不要なものを仕分けられない方や、重い家財を搬出するのが大変な方にとっても心強いでしょう。
 
家財整理にかかる費用は業者によって異なるため、事前に複数の業者の公式サイトを確認し、料金やサービスを比較することと、複数の業者で相見積もりを取ることをおすすめします。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集