更新日: 2023.05.24 その他暮らし

きれいな「1万円札」が必要なとき。銀行窓口で「新札」を希望すれば出してもらえる?

きれいな「1万円札」が必要なとき。銀行窓口で「新札」を希望すれば出してもらえる?
普段使うお札にこだわりはなくても、結婚式などのお祝い事などには、新札が欲しいものです。「きれいな1万円札が必要。銀行窓口で新札を希望すれば出してもらえる?」と疑問に思うことはあるでしょう。
 
そこで本記事では、銀行窓口できれいな新札を手に入れるための方法について解説します。銀行窓口で新札を希望すれば出してもらえるのか、銀行で新札を入手する方法、銀行で新札を入手する際の注意点などもご紹介します。
 
きれいな1万円札が必要なときのために、手に入れる方法を探っていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

銀行できれいな「1万円札」を出してもらえるかは銀行次第

銀行で新札を手に入れられるかどうかは、銀行の方針や取り扱いによって異なります。銀行ごとに対応方針が異なるため、よく利用する銀行や生活圏にある銀行の取り扱い方針を確認してみましょう。
 
大手銀行でも、新札への交換が両替機でのみ可能な場合もあれば、窓口で交換可能な場合もあります。また、手数料の有無も銀行によって異なるため、両替する前によく確認しましょう。
 

新札の入手方法

新札を入手できる銀行でも、銀行によって入手方法が異なります。利用する予定の銀行で新札の入手方法をよく確認してから手続きを行いましょう。
 
銀行で新札を入手する方法は、大きく2つあります。券種を指定して引き出す方法と、両替する方法です。本項では、それぞれの方法の特徴に加えて、もう1つの入手方法について解説します。
 

銀行で券種指定して引き出す

預けている預金を引き出す際に、新しい1万円札を手に入れるためには、新券を指定する必要があります。
 
ただし、多くの銀行では、券種指定できる枚数に制限があったり、新札の枚数が上限を超えた場合には手数料がかかったりするため、券種指定する枚数は最低限にとどめることが望ましいです。
 
このような事情から新札で1万円札を引き出す際には、各銀行の取り扱いや手数料について事前に確認する必要があります。
 

ATM・窓口で両替をする

銀行によっては、ATMや窓口で両替ができる場合があります。ただし、その方法は銀行によって異なります。
 
一部の銀行では、ATMを利用して紙幣の両替が可能ですが、すべての銀行がこのサービスを提供しているわけではありません。事前に利用する銀行の公式サイトなどを確認し、対応しているかどうか調べてみましょう。
 
また、一部の銀行では窓口での両替も可能です。窓口に行って両替を依頼すれば、きれいな1万円札に交換してもらえる場合もあります。ただし、両替には手数料がかかる場合があるため、事前に手数料の有無や金額を確認しておくことが重要です。
 

大きめの結婚式場・ホテル

結婚式場やホテルの一部では、新札を用意していることもありますが、枚数には限りがあります。したがって、すべてのゲストに新札を提供することは難しいです。事前に準備できる場合は、自分できれいな1万円札を用意しておきましょう。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

銀行できれいな「1万円札」を入手する際の注意点

結婚式場やホテルなどで新札を入手できる場合もありますが、枚数は多く用意されていません。結婚式などのお祝い事への参列で新札が必要な場合には、できれば事前に銀行で両替しておくのが望ましいです。
 
そこで、銀行で新札を入手する際に注意すべき点を解説します。
 

両替には手数料がかかる銀行が多い

新札を入手するために銀行で両替する際には、両替に手数料がかかる場合がありますので注意が必要です。手数料は銀行によって異なるため、事前に確認しておきましょう。
 

交換可能枚数の上限に注意

銀行で新札に両替する際には、交換可能な枚数に上限が設定されていることがあります。銀行ごとに枚数の制限が異なるため、一度に両替できる枚数をあらかじめ確認してから出向きましょう。
 

引き出しに券種指定手数料がかかる銀行がある

一部の銀行では、新札を引き出す際に券種指定手数料が発生することがあります。券種指定手数料は銀行によって異なるため、公式サイトや窓口で事前に確認しましょう。
 

きれいな「1万円札」は銀行で手に入れられる可能性が高い! 枚数によっては手数料が発生

新札は、銀行で手に入れるのが一般的な方法です。銀行によっては券種指定や両替サービスを提供しており、新札を入手できる場合があります。
 
ただし、枚数によっては手数料が発生する可能性があることや、銀行によっては手数料や枚数の制限が異なるため、事前に各銀行の公式サイトや窓口で情報を確認することが重要です。
 
また、結婚式場やホテルでも新札を入手できる場合がありますが、多くの枚数が用意されているわけではありませんので、できれば事前に銀行で両替しておくことをおすすめします。手数料や枚数の制限に気を付けながら、銀行で新札を手に入れ、大切な場面で使用するために準備しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集